fbpx

ウソをつくと、「合わないお客さん」と、付き合わなきゃいけなくなる

「おしゃべりクソ野郎」

これは有吉弘行が、品川庄司の品川につけたアダ名だ。

毒舌芸人として、TVで引っ張りだこになるキッカケとなったものである。

ただの一発屋?

一見すると、悪口を言っているだけのようだ。

だが、それだけで息の長い活躍をできるハズもない。

有吉弘行は、ただの一発屋ではなく、今や押しも押されぬタレントとなっている。

なぜ、人気なのか?

その有吉と呼応するかのように、歯に衣着せぬ物言いで人気になったタレントがいる。

マツコ・デラックスや坂上忍などのことである。

彼らはなぜ、人気なのか?

ウソを、つかないから

その答えを、タレントの若槻千夏が、教えてくれている。

とある番組に出演した若槻は、こう語っていた。

「ウソを、つかないからだ」と。

なるほど、と感じると同時に、商売でも同じだと思った。

よく見る光景

  1. 食レポで、「ジューシーで美味しいですね!」
  2. 大御所との共演で、「昔から憧れでした!」
  3. インタビューで、「素晴らしい作品ですね!」

よく見る光景、耳にする言葉である。

これらに触れたとき、あなたは、どのように感じるだろうか?

ホントか〜?

おそらく、何とも感じないか、「ホントか~?」と思うんじゃないだろうか。

それは、いつでも、誰でも、同じようなことを、言っているからだろう。

あるいは、誰でも、少しも、頭を使わずに、言えるからだろう。

つまり、予定調和だからだ。

ウソくせ〜

目の肥えた視聴者は、予定調和を目にしたとき、こう感じる。

「ウソくせ〜」と。

現代は、ウソに、敏感なのだ。

自戒を込めて

それは、商売においても同じこと。

  1. コピーライティングで、誇大な表現を使っていないか?
  2. お客さんに、過剰な約束をしていないか?
  3. 商品やサービスの、良い所だけ見せていないか?

もしこのようなことをしているならば、改めていこう。(自戒を込めて)

ウソをつく、弊害

ウソは、必ずバレる。

バレれば当然、信用が落ちる。

そして、何よりの弊害。

それは、ウソをつくと「自分と合わないお客さん」と付き合わなきゃいけなくなること。

自分と合わないお客さん

仮面をつけた状態で、獲得したお客さんだから、当たり前だ。

  1. 仮面をつけた自分で、いきたいのか
  2. 素のままの自分で、いきたいのか

「ストレスフリーに、お客さんと付き合いたい。」

もしそう願うなら、ウソはつかずに、素のままでいくことをおすすめする。

編集後記

「金を払ってるんだから、こっちがエライ」

という態度のお客とは、付き合わないに限る。

金を払う側も、受け取る側も、対等である。(当たり前)

お客を選ばないから、こういうお客と付き合わなければならなくなる。

「人間、誰でも間違える」

それさえわかっていれば、ちっぽけなことで鬼の首を取ったような指摘などできない。

「ストレスフリーに、お客さんと付き合いたい。」

もしそう願うなら、ウソはつかずに、素のままでいくことをおすすめする。

「自分らしく働きたい」と思ってはじめた起業、フリーランス、脱サラ。

自分の働きやすさは、誰に何と言われようと、最優先で死守しよう。

(参考:値下げ無しで、顧客を獲得するためには、支配ではなく自由でいること