fbpx

嫌なお客さんと付き合わないために、わがままにペルソナを設定しよう

西野カナの、「トリセツ」

商品に付いてくる、「取扱説明書」のようなフレーズが登場する。

この曲は、女性の、男性に対する気持ちを歌った曲だ。

「私」の取扱説明書

いわば、「私」の取扱説明書というわけである。

私は男性なので、女性の気持ちは、あまりわからない。

だが、友人や知り合いの女性によると、トリセツの歌詞は「まさしく」らしい。

やはり人の心に響くためには、お客さんのことをよく知ることが大切になってくる。

「お客さん」の取扱説明書

  1. ホームページ
  2. DM、チラシ
  3. ニュースレター

いろいろなメディア(媒体)で、お客さんにメッセージを伝えることができる。

その際、お客さんのことを理解したメッセージを、発信できているだろうか。

お客さんを、よく知る

お客さんのことをよく知る。

これが、商売において大切なことであることは、間違いない。

その手段として、一人の理想のお客さん(いわゆる、ペルソナ)を設定する。

このペルソナが、曲者だ。

見当違いな、ペルソナ

考えることに、慣れていない場合。

見当違いな、ペルソナを設定してしまったりする。

  1. お金にがめつい人が嫌いなのに、「ケチな人」を設定する
  2. 自分と似た人が好きなのに、「正反対のタイプの人」を設定する
  3. 細かいことを指摘する人が嫌いなのに、「几帳面な人」を設定する

これらは、よく犯しがちな間違いだ。

仕事が、つまらない理由

自分が、付き合いたくないお客さん。

それでも、ペルソナに設定してしまうと、そういう人が集まってきてしまう。

すると、どうなるか?火を見るよりも、明らかだろう。仕事が、つまらなくなる。

西野カナのトリセツを見習って、わがままに、ペルソナを設定していこう。

というか、そうじゃないと、ペルソナを作る意味がない。

ペルソナは、わがままに設定する

自分の好きな人に、好きなことを提供して、楽しく仕事をすることが、大切だ。

安易に、「時間単価」や「業務効率」に逃げないようにしよう。

楽しく仕事をするために、わがままにペルソナを設定していこう。

お金が、稼げる。

だからって、嫌なお客と付き合うんじゃ、スモールビジネスをしている意味がない。

編集後記

「自分らしく働きたい」と思ってはじめた起業、フリーランス、脱サラ。

自分の働きやすさは、誰に何と言われようと、最優先で死守したいもの。

自分が働きやすい人と、付き合っていこう。

そのためには、まずはペルソナを、わがままに設定するところから。

今一度、ペルソナを見直してみよう。

(参考:YouTubeで低評価や批判コメントが付いた時の対応方法と考え方