メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【注意を引きつけるヘッドライン】見込み客を釘付けにする2つの要素

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

ランディングページ。

ネット集客を行っていれば、大切な道具ですよね。

そしてそのランディングページで重要になるのが、文章です。

商品を買ってもらったり、サービスに申し込んでもらう。

何かしらの行動を促す文章が、必要になります。

その文章は、コピーライティングとも呼ばれています。

目次

ヘッドライン(見出し)が重要

コピーライティングにおいて最重要なのが、ヘッドラインになります。

ヘッドラインとは、見出しのこと。

ページの一番上に書かれている文言です。

ヘッドライン次第で、残りの文章が読まれるか決まる。

そう考えても、大袈裟ではありません。

売れるかは、ヘッドライン次第

そうなると…

ヘッドラインには、命を賭けたほうが良さそうですね。

ヘッドラインを、どのように作ればいいのでしょうか。

ヘッドラインでやることは、実はシンプルです。

ヘッドラインの唯一の目的

「興味を持ってもらい、続きを読んでもらう」

これだけ。

具体的な方法については、

私の中学生時代のエピソードをもとに、お話ししますね。

100人中96位のバカ中学生

「100人中96位」

これは、私が中学時代に取った成績です。

もともと勉強は得意ではなく、学校では常に最下位を争っていました。

  • 小学校6年間公文式に通い、
  • 6年間継続賞を受賞した

のにも関わらず、です。

寛容な両親

かといって、不良で、ヤンキーだったわけではありません。

真面目で素直な、おばあちゃん子のおバカさんだったのです。

試験で最下位を争うことは茶飯事。

両親も、「まぁ、しょうがないな…」と、諦めてくれていました。

「卒業→工場」のゴールデンルート

学校で、良い成績でない場合。

  1. 高校卒業後、
  2. 地元の工場で働き始める

私の田舎である茨城では、このようなゴールデンルートがお決まりでした。

そして私も、そのゴールデンルートを通る気満々だったのです。

しかし、最下位競争を繰り広げる私の前に、ある一人の友人が現れました。

ある友人との出会い

その名は、、、

百目鬼(どうめき)くんです。

名前にインパクトがありますよね。

この百目鬼くんとの出会いが、後に私を変えていきます。

とは言え、はじめから仲が良かったわけではありません。

ただの、クラスメイトという感じです。

衝撃の模擬試験

しかし、大きな出来事が起きます。

それは、学年で行われる実力テスト(模擬試験)です。

実力テストでは、定期テストとは違い、より受験本番に近い問題が出題されます。

百目鬼くんは授業中、ずっと寝ている。

極めて、授業態度が悪い生徒でした。

そして、授業中に先生に指されても、「わかりません」と一点張り。

「え、あいつが学年1位?」

ところが、結果が返ってくると、びっくりです。

百目鬼くんが、「学年1位」なのです。

私は、この信じがたいギャップに愕然としました。

  • 「え?こいつが学年1位?」
  • 「うそだ・・何かの間違いだ。」

にわかには信じられませんでした。

親友となる

それ以来の私は、百目鬼くんに興味津々。

学校で見かける度、話しかけていました。

いつの間にか、私と百目鬼くんは親友となりました。

学校だけでなく、休日もお互いの家に遊びに行く仲になったんです。

学年1位の秘密

百目鬼くんと仲良くなることで、「学年1位」の秘密も明らかになりました。

「こいつ、めっちゃ勉強してるやん…」

そうなんです。やはり学年トップの裏には、尋常ではない努力があったんです。

百目鬼くんの家には、数々の参考書・問題集がありました。

そして、週に2回、塾に通っていることも判明しました。

同じ問題集、同じ塾

百目鬼くんの秘密を知った私は、すぐさま真似をしました。

  1. 百目鬼くんの使っている問題集を買い、
  2. 百目鬼くんの通っている塾に入る

百目鬼くんのやっていることを、片っ端から模倣したんです

魅力的なヘッドラインのヒント

私は、瞬く間に、百目鬼くんのファンになっていました。

入学当時の私は、百目鬼くんに全く興味はありませんでした。

ただの、フツーのクラスメイトです。

ところが、あることをきっかに、特別な存在になってしまった。

ここに、ヘッドラインを作る際のヒントが隠れています。

「そんなバカな」がポイント

  1. 授業中に、爆睡している百目鬼くん
  2. しかし、テストの結果を見てみると学年トップ

この事実だけで、百目鬼くんに相当興味が湧きませんか。

模擬試験以来、百目鬼くんはクラスの注目の的にっていました。

「あの百目鬼が?うそだ、そんなバカな」

と口を揃え、一気に興味が増大したのです。

ベネフィットだけだと…

この「興味」を持たせることが、まさにヘッドラインの役割です。

  1. コモデティ化したサービスの中から、
  2. お客様に確実に選んでもらえるようにする

そのためには、単にベネフィットを訴求するだけでは弱いのです。

ベネフィットよりも、まずは…

強みやベネフィットを訴求する前に、まずは興味を持ってもらうことが必要です。

こちらの話を、聞いてもらえるようにしなければなりません。

そのために必要なことは、百目鬼くんが教えてくれています。

ポイントは、「うそだ、そんなバカな」です。

「そんなバカな」を生み出す2つの要素

「うそだ、そんなバカな」を生み出すには、

  1. 当たり前
  2. 予想外

の2つが必要です。

授業態度が悪い=テストの点数が低い

という”当たり前”が、自然と人間の頭に染み込んでいます。

当たり前を定義する

そこで、学年トップという”予想外”が飛び込んできた時。

はじめて、興味が湧きます。

予想外を演出するには、その前の当たり前を定義する必要があります。

当たり前の定義なしに、結果だけ見せても何の感動もありませんからね。

予定調和を崩す

  1. 見るからに優等生が、
  2. 学年1位をとる

これでは、「さすがだね、凄いね」で終わりです。

「当たり前」と「予想外」が、うまく合わさった時。

あなたに興味を持つ人たちが増えていきます。

「当たり前」と「予想外」を考えよう

見込み客が、

  • 「こうに違いない」と思い込んでいること
  • 「実はね・・」という予想外の答え

この2つの要素を考えてみましょう。

お客さんにとっての、「当たり前」と「予想外」はなんでしょうか。

ヘッドラインに適用する

「当たり前」と「予想外」が整理できたら、ヘッドラインを考えてみましょう。

ヘッドラインは、ランディングページで最も重要な部分です。

ヘッドラインで興味を持ってもらえなければ、それ以降は読んでもらえません。

「うそだ、そんなバカな」なヘッドラインを作り、反応率を上げていきましょう。

コピーライティングの書籍を参考にしても、良いかもしれませんね。

編集後記

こういった考え方は、コンテンツを作る上でも大切な考え方です。

お客さまの興味を保ちながら、コンテンツ提供をしていきたいですね。

「意外性」って、コピーの世界ではとっても重要です。

当たり前や常識に、青天の霹靂を起こしていきましょう。

あわせて読みたい
【PASONAの法則とは】内包したランディングページ制作テンプレート 「PASONAの法則」を、知っているでしょうか? 効果的な、セールスコピーライティングの型です。 コピーライティングには、「PASONAの法則」をはじめ、 AIDAの法則 AIDMA...
あわせて読みたい
【ランディングページを自作する方法】無料で使える2つのツールを紹介 ランディングページ、持っていますか。 ウェブマーケティングを行う上では、欠かせないツールですよね。 ランディングページを外注すると、 最低30万円〜100万円程度の...
あわせて読みたい
【ウェブ集客DIY(自作)のススメ】自分の商売の手綱は自分で握ろう 【ウェブ集客DIY(自作)のススメ】自分の商売の手綱は自分で握ろう
あわせて読みたい
【ABテストの考え方】ランディングページで真っ先に検証するべき項目 ウェブ集客で成果を出すには、ABテストが重要。 これは、よく聞く話ですね。 勉強されている方ほど、耳タコでしょう。 でも問題は、「どの部分をテストするか」と言うこ...

動画

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次