まとめ記事の書き方・作り方 | ブログ記事のネタ切れに困ったら

  1. 「ブログを書き続けることができない・・・」
  2. 「ネタを増やしたいけど、どうすればいいんだろう?」
  3. 「読者のニーズに答えることのできるものを更新したい・・・」

今回は、このような悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けてお送りする。

ブログの更新が「ネタ切れ」で止まってしまう人に共通するのは、「記事はこうあるべき」という固定観念でガチガチになっているということだ。もっと、柔軟に考えて良い。つまるところ、ブログ記事というのは、読者の役に立てば良い。その目的さえ果たすことができれば、どんな記事を更新してもいいのだ。

あなたの記事を、待っている人がいる。その人たちのために、あなたは「ネタ切れ」なんかで、記事の更新を止めている場合ではないのだ。今回は、そんな「ブログのネタを増やす方法」についてお伝えする。ではさっそく、内容に入っていこう。

「お口くちゅくちゅ」といえば、、、

「お口くちゅくちゅ」といえば何を想像するだろう?

「お!この出だしからすると、今回はキャッチコピーの話だな〜」と思ったあなた。残念!『「お口くちゅくちゅ」といえば、すぐにモンダミンを思い浮かべるでしょう。だからあなたも「お口くちゅくちゅ」にあたるキャッチコピーを考えましょう。』という話じゃない。今回のお話しはズバリ、「まとめ記事」の話だ。

唐突だが、最近私はマウスウォッシュを買った。ちまたでよく知られている、モンダミンやリステリンじゃない。コンクールという、マウスウォッシュだ。コンクールは、歯医者さんがおすすめしているマウスウォッシュらしい。なぜ今回、このマウスウォッシュを買ったのか?その答えこそが、何を隠そう「まとめ記事」なのだ。

Amazonで買ってよかったものまとめ

今回私は、「Amazonで買ってよかったものまとめ」という記事を読んで、コンクールを買った。

記事では、「Amazonで買ってよかったもの」がまとめられていて、その中の一つにコンクールがあったのだ。今回に限らず、まとめ記事というものは人気がある。いろいろなブログやメディアサイトで、まとめ記事が頻繁に更新されている。

「NAVERまとめ」にいたっては、まとめ記事だけで一つのメディアになっている。つまり、「まとめ記事はとてもニーズがある」ということだ。

商売の基本は、お客さんの欲しいものを提供すること。もちろん、ウェブ集客でも基本は変わらない。まとめ記事は、間違いなくお客さんが欲しいものだ。NAVERまとめが、まとめ記事だけで成立していることからも明らかである。

まとめ記事は、特別なジャンルでしか取り組むことのできないものではない。むしろ、テーマを選ばず実践することができる。「ブログが続かないんです…」という声をよく聞くが、いつも同じようなネタで、同じようなことを書いていたら、ネタ切れになってしまうのも当たり前だ。

もっと柔軟に考えていいのだ。その選択肢の一つが、まとめ記事である。あなたも自分のジャンルで何か、まとめ記事を書くことができないか。考えてみることをおすすめする。

【追記】もちろん、記事の盗用や著作権違反、出典が不明瞭なものがNGなのはいうまでもない。

編集後記

まずは簡単な、まとめ記事でいい。あとで、いくらでも追記することができる。

(1)まずは、まとめてみる。(2)あとで、追記する。

ハードルは低く、ベイビーステップでひとつひとつ取り組んでいこう。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで