メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【YouTube活用】動画の再生回数よりも、重要な数字とは?

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「YouTubeに取り組んでいるけど、再生回数が伸びません…」

セミナー参加者から、よくいただく質問です。

結論から言って、YouTubeでは、再生回数はさほど気にする必要はありません。

どういうことか。

今回はそのポイントを、あるエピソードを交えてお話します。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

カナダへの留学の決意

  • 「How are you doing?」
  • 「I”m pretty good,Thanks!」

私は大学時代に、カナダのバンクーバーに留学をしていました。

高校時代から、英語と世界史の成績だけはそこそこ良かったで、外国に興味がありました。

そこで、大学2年の夏、満を持して外国に飛び立つことを決心しました。

カナダへ出発!でもその前に…

しかし、受験勉強ができただけで、英会話は全く…でした。

心配性の私は、留学前に、英語の対話力を磨くために、英会話スクールに通い始めました。

半年間通い、無事に英語の基礎力を身に着けました。

そして、カナダに飛び立ち、さらに英語力を伸ばしました。

本日は、その半年間通った、英会話スクールで起きた物語についてお話します。

英会話スクールで受講したクラス

私が、受講したクラスは2つでした。

  1. 週2で、1時間授業の通常クラス
  2. 2週に1回で、5時間授業のクラス

私は、この2つのクラスを受講しはじめました。

クラスメートとも、どんどん仲良くなり、英語学習の進捗も順調でした。

しかし、私は学習の進行と同時に、もう一つの事も進行していました。

恋の予感

それは、、、恋です。

実は、前述の2つのクラスで、同時に2人の女性に好意を寄せていました。

「付き合いたい」というよりも、「仲良くなりたい」と思っていたんです。

とはいえ、目的は、英会話スキルの上達。

「恋愛にうつつを抜かしている場合ではない!」と自分を律していました。

内心「いい風よ吹け!」と思いながら(笑)。

思いを寄せていた二人の女性

人生というのは、面白いものです。

好意を寄せていた女性と、なんと、付き合うことができました。

受講していたクラスは、2つあり、

  1. 週2で1時間授業のクラス
  2. 2週に1回で5時間授業のクラス

それぞれのクラスに1人ずつ、気になる女の子がいました。

TちゃんとRちゃん

  1. 週2で1時間授業のクラス:Tちゃん
  2. 2週に1回で5時間授業のクラス:Rちゃん

そして、私が付き合えた女性は、Rちゃんでした。

どちらの子も、そこまで脈があると感じていなかったので、驚きでしたが…。

この経験から、1つの事がわかりました。

人に好意を持つ重要な要素

人に好意を持つのは、「接触回数」だけではない、ということです。

接触回数が大切であれば、私はTちゃんとお付き合いしていたことになりますからね。

私が肌で感じたことは、

「頻度が多くても、あんまり仲良くならないんだよな」

ということです。

頻度<時間

反対に、例え頻度が少なかったとしても、

  • 1回あたりの時間が多ければ、
  • 短時間で仲良くなれる

ことに気づきました。

これって、ウェブマーケティングでも同じことが言えるんです。

接触頻度が大切?

商売ではよく、「接触頻度が大切だ」と聞きます。

接触頻度を高めていけば、相手がこちらに、親近感や興味を抱いてくれるからです。

確かに、接触頻度はとても大切なことです。

接触無しに、こちらのことを知ってもらうのは、至難の業です。

私の、英会話スクールでのエピソードも同じです。

  1. Tちゃん
  2. Rちゃん

両者とも、接触は行っていました。

「回数」と「時間」

しかし、回数と時間が違います。

接触というと、ついつい接触頻度、つまり回数ばかりに目が行きがちです。

「1回あたりの時間」という視点にあまり目が行きません。

頻度は少なくても、1回あたりの時間の充足感があれば、相手の記憶に残ります。

YouTubeで重要視されること

例えば、YouTubeはどうでしょうか。

少し前までは、再生回数が、重要指標とされてきました。

「再生回数が多い=良い動画」と判断されるのです。

しかし、「再生回数」が多ければいいかというと、そんなこともありません。

再生回数<再生時間

YouTubeが重きを置いているのは、「再生回数」だけではありません。

「再生時間」も、重要なポイントなのです。

  • 1000回見られたとしても、
  • 1回あたりの再生時間が5秒

これでは、決して高品質な動画とは言えません。

むしろ、悪い動画と判断されてしまいます。当たり前ですよね。

ブログでも同じ

ブログも同じですね。

ページに訪れてくれても、すぐに離脱されてしまう。

これでは、「役立つコンテンツではなかった」ということです。

要するに、「回数よりも時間が大切だ」ということです。

あわせて読みたい
大量アクセスなんて不要!ブログから集客するには「リピーター」が重要 「ブログをやっているけど、思うように集客できない…」 おそらく、ほとんどのスモールビジネスが、直面する悩みでしょう。 「毎日記事を更新してるけど、売上につながら...

YouTube活用については、書籍も出版されています。

参考にしてみても、良いかもしれませんね。

長尺動画が必要なの?

時間が大切!となると、勘の良い方は、

「じゃ、長時間の動画じゃないと意味がないの?」

こんな風に、考えるかも知れません。

そんなことはありません。

維持率がポイント

1分の動画であろうと、1時間の動画であろうと…

「維持率」が大切なんです。

  • 1つの動画を、
  • 途中で離脱せず、
  • 最後まで見てくれたか

がポイントです。

最後まで見てもらえる工夫

最後まで見てもらうには、

  1. 動画の冒頭で無駄話をせず、本題に入る
  2. 動画を見るベネフィットをはじめに伝える
  3. 全体でどんな話をするか目次を伝える
  4. 誰でも言える意見ではなく、独自の視点から説明する

といった工夫が必要です。

(動画だけでなく、文字情報でも一緒です)

どうやったら、最後まで見てもらえるか

単なる情報では、最後までは見てくれません。

「どうやったら最後まで視聴者の興味をひけるか」

を徹底的に考えましょう。

再生回数を意識しすぎていませんか。

ぜひ、再生時間や接触時間を意識してみてください。

編集後記

再生回数も大切ですが、それ以上に、

「きちんと見てもらえているか」

は大切です。

再生ボタンを押して、すぐに離脱。

これでは、動画の評価は良くなりません。

できるだけ、長く見てもらえる動画を心がけましょう。

あわせて読みたい
【YouTubeの活用法】最も効果的な方法は「現場」を見ること YouTubeって、便利ですよね。 娯楽としても楽しいですし、商売にも活用することができます。 しかし一方で… 「いまいち、自分の商売にYouTubeを活用できていない」 そん...
あわせて読みたい
【習慣化と継続のコツ】村上春樹さんの「職業としての小説家」に学ぼう 物事の習慣化や継続って、大変ですよね。 ブログ メルマガ YouTube SNS …etc 「習慣化したい、継続してやりたい、やらなきゃいけない」 と思っていても、人間ですから、...

動画

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる