fbpx

YouTubeで集客する方法 | ポイントは再生時間にあり?

「YouTubeに取り組んでいるけど、再生回数が伸びません…」

お客さんからよく頂く質問です。

結論から言って、YouTubeでは、再生回数はさほど気にする必要はありません。

どういうことか。

今回はそのポイントを、あるエピソードを交えてお話します。

カナダへの留学の決意

私の大学生時代の話です。

「How are you doing?」
「I”m pretty good,Thanks!」

こう見えまして、私小島は大学時代に、カナダのバンクーバーに留学をしていました。

高校時代から英語と世界史の成績だけはそこそこ良かったで、外国に興味がありました。

そこで、大学2年の夏、満を持して外国に飛び立つことを決心しました。

カナダへ出発!でもその前に…

しかし、受験勉強ができただけで、英会話は全く…でした。

心配性の私は、留学前に、英語の対話力を磨くために、英会話スクールに通い始めました。

半年間通い、無事に英語の基礎力を身に着けました。

そして、カナダに飛び立ち、さらに英語力を伸ばしました。

本日は、その半年間通った、英会話スクールで起きた物語についてお話します。

英会話スクールで受講したクラス

私が、受講したクラスは2つでした。

  • 週2で、1時間授業の通常クラス
  • 2週に1回で、5時間授業のクラス

私は、この2つのクラスを受講しはじめました。

私は、人見知りをしないため、クラスメートとどんどん仲良くなり、英語学習の進捗も順調でした。

しかし、私は学習の進行と同時に、もう一つの事も進行していました。

恋の予感

それは、恋です。

実は、前述の2つのクラスで、同時に2人の女性に好意を寄せていました。

「付き合いたい」というよりも、「仲良くなりたい」と思っていたんです。

とはいえ、目的は英会話スキルの上達。

「恋愛にうつつを抜かしている場合ではない!」と自分を律していました。

内心「いい風よ吹け!」と思いながら(笑)。

思いを寄せていた二人の女性

人生というのは、面白いものです。

好意を寄せていた女性と、なんと、付き合うことができました。(せっかくなので、プロポーズも英語でしてみました)

週2で1時間授業の通常クラスで、気になっていた方は、Tちゃん

2週に1回で5時間授業のクラスで、気になっていた方は、Rちゃん。

私が付き合えた女性は、Rちゃんでした。

どちらの子も、そこまで脈があると感じていなかったので、驚きでしたが。

その後の2人の行末についてはご想像にお任せするとして、この経験から1つの事がわかりました。

人に好意を持つ重要な要素

人に好意を持つのは、「接触回数」だけではないということです。

接触回数が大切であれば、私はTちゃんとお付き合いしていたことになりますからね。

私が肌で感じたことは、「頻度が多くてもあんまり仲良くならないんだよな」ということです。

頻度が少なかったとしても、1回あたりの時間が多ければ、短時間で仲良くなれます。

これって、商売おける、ウェブマーケティングでも同じことが言えるんです。

接触頻度が大切?

商売ではよく、「接触頻度が大切だ」と聞きます。

接触頻度を高めていけば、相手がこちらに親近感や興味を抱いてくれるからです。

確かに、接触頻度はとても大切なことです。

接触無しに、こちらのことを知ってもらうのは、至難の業です。

私の、英会話スクールでのエピソードも同じです。

Tちゃん、Rちゃん両者とも、接触は行っていました。

「回数」と「時間」

しかし、回数と時間が違います。

接触というと、ついつい接触頻度、つまり回数ばかりに目が行きがちです。

「1回あたりの時間」という視点にあまり目が行きません。

例え、1ヶ月に2度3度しか、接触できないとしても、その1回あたりの時間の充足感があれば、相手の記憶に残ります。

これは、ウェブマーケティングでも同じなんです。

YouTubeで重要視されること

例えば、YouTubeはどうでしょうか。

少し前までは、YouTubeは再生回数が、重要指標とされてきました。

再生回数が多ければ、良い動画と判断されるのです。

しかし、「再生回数」が多ければいいかというと、そんなこともありません。

再生回数<再生時間

YouTubeが重きを置いているのは、「再生回数」だけではありません。

「再生時間」も重要なポイントなのです。

例え、1000回見られたとしても、1回あたりの再生時間が5秒では、決して高品質な動画とは言えません。

むしろ、悪い動画と判断されてしまいます。当たり前ですよね。

ブログでも同じ

ブログも同じですね。

ページに訪れてくれても、すぐに離脱されてしまう。

これでは、役立つコンテンツではなかったということです。

※このあたりの考え方は以下の記事を参照して下さい。

(参考:ブログ集客のコツ | アクセスアップの対策はリピーターを増やすこと

要するに、「回数よりも時間が大切だ」ということです。

維持率がポイント

時間と言っても、長時間の動画じゃないと意味がない、ということではありません。

1分の動画であろうと、1時間の動画であろうと、維持率が大切なんです。

「1つの動画を、途中で離脱せず、最後まで見てくれたか」がポイントです。

最後まで見てもらえる工夫

最後まで見てもらうには、

  • 動画の冒頭で無駄話をせず、本題に入る
  • 動画を見るベネフィットをはじめに伝える
  • 全体でどんな話をするか目次を伝える
  • 誰でも言える意見ではなく、独自の視点から説明する

といった工夫が必要です。

(動画だけでなく、文字情報でも一緒です)

単なる情報では、最後までは見てくれません。

「どうやったら最後まで視聴者の興味をひけるか」を徹底的に考えましょう。

再生回数を意識しすぎていませんか。

ぜひ、再生時間、接触時間を意識してみてください。

編集後記

再生回数も大切ですが、それ以上にきちんと見てもらえているかは大切です。

再生ボタンを押して、すぐに離脱。

これでは、動画の評価は良くなりません。

できるだけ、長く見てもらえる動画を心がけましょう。

音声