メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。スモールビジネスオーナーに向けて、ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【YouTube動画の一括バックアップ方法】Google公式ツールで可能

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

YouTube動画のバックアップって、大変ですよね。

はじめから、

  1. 外付けHDD
  2. 外付けSSD
  3. クラウドストレージ

等に、バックアップを取っていれば大丈夫でしょう。

目次

アップロードした後に気付いた場合

でも、何十本、何百本とアップロードした後に、バックアップの重要性に気付いた場合。

1本1本、ダウンロードなんて、していられません。

通常は、1つずつダウンロードする必要があります。

良くて、再生リスト毎のダウンロードでしょう。

ですが、実は一括で、YouTube動画をダウンロードできる方法があります。

手順1:Googleの公式データダウンロード機能

管理画面やツールを使って、1本1本動画をダウンロードしなくても、一括で処理できるのです。

それが、「Googleの公式データダウンロード機能」です。

YouTubeだけでなく、ドライブやフォトなどのデータもダウンロードすることができます。

あわせて読みたい
Google データをダウンロードする方法 - Google アカウント ヘルプ 重要: Google データをダウンロードしても、Google のサーバーからデータが削除されるわけではありません。Google アカウントの削除方法またはアクティビティの削除方...

YouTube動画をバックアップする手順

YouTube動画をバックアップする場合の手順は、以下になります。

  1. ページに移動した後「選択を解除」ボタンをクリック
  2. YouTubeデータだけを選択
  3. 「次へ」をクリック
  4. 「アーカイブを作成」をクリック

以上です。

少しの変更はあるかもしれないけど…

もしかすると、ボタンの表示名などが変わることがあるかもしれません。

ですが、おおむね上記の手順で、進められると思います。

あとは、一定の時間が経てば、データをダウンロードすることができるようになります。

(うまくできない場合は、Googleに問い合わせてみてください。)

手順2:外付けHDDやSSDにバックアップ

ダウンロードしたデータは、

にバックアップしましょう。

動画はファイルサイズが大きい

Amazon等で、上位に表示されるものの中から、ピックアップすれば良いでしょう。

動画は、ファイルサイズが大きいので、最低でも1TB以上の容量のあるものがおすすめです。

手順3:クラウドストレージにバックアップ

また、クラウドストレージにも、バックアップしておくことをおすすめします。

理由は、簡単です。

外付けHDDやSSDは、壊れる可能性があるからです。

Dropbox、Googleドライブ、OneDrive…

クラウドストレージにも、バックアップしておく。

そうすることで、万が一の際にも、同期することでデータを復旧することができます。

クラウドストレージは、色々なサービスがあります。

Dropbox
Dropbox.com Dropbox helps you simplify your workflow. So you can spend more time in your flow.
あわせて読みたい
個人向けのクラウド ストレージおよびファイル共有プラットフォーム - Google Google ドライブのファイル共有プラットフォームについてご紹介します。個人向けの安全なクラウド ストレージとして利用し、コンテンツを他のユーザーと共有できます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/onedrive/online-cloud-storage
Box
セキュアなファイル共有、ストレージ、コラボレーション | Box Boxは、シンプルなファイル共有からカスタムアプリケーションの構築まで、企業・組織の内外におけるコンテンツ管理に変革をもたらします。
あわせて読みたい
Apple(日本)
iCloud+ シームレスなつながりを体験できる人気のiCloudに、一段と大きなストレージ、一段と強力なプライバシー機能、友だちや家族とつながるための一段と多くの方法を組み合わせた...

その他の動画共有サービス

なお、スモールビジネスが活用できる動画共有サービスは、YouTubeの他にもあります。

確かに、YouTubeは、ユーザーとしても、事業者としても便利ですね。

動画視聴を楽しむこともできるし、アップロードして共有することもできる。

でも、動画共有サービスは、YouTubeだけでは、ありません。

  1. YouTube
  2. Vimeo
  3. Wistia

YouTubeを含めた「3つの動画共有サービス」を、ご紹介します。

YouTubeとは

YouTube」は、言わずもがなの動画共有サービスですね。

原則的に無料で、視聴も、共有も、することができます。

必要十分な、動画共有サービスと言えるでしょう。

YouTubeビジネスに関する書籍も、出版されています。

Vimeoとは

Vimeo」は、スモールビジネスにおすすめの動画共有サービスです。

便利な機能の一つとして、「埋め込み可能なサイトの指定」があります。

この機能は、オンライン講座を販売する際などに重宝します。

有料ですが、スモールビジネスにおすすめの動画共有サービスです。

オンライン講座に関する書籍も、出版されています。

Wistiaとは

Wistia」は、マーケター御用達ツールです。

Vimeoよりもっと、動画マーケティングに最適化されています。

ただし、いかんせん利用料が安くない。

とはいえ、現状のプランでは、無料プランもあります。

まずは無料で試してみて、気に入ったら使い続けてもいいかもしれませんね。

動画マーケティングに関する書籍も、出版されています。

Vlogとは

また、動画に関連して、「Vlog」という言葉を聞くことがあるかと思います。

Vlogとは、「Video+Blog」のことで、要するに動画ブログ、ブログ動画のことです。

  • YouTube動画を、Blogとして更新したり
  • Blogを、YouTube動画にして更新したり

することです。

YouTubeで「Vlog」と検索してみると、イメージが湧くでしょう。

Blog・YouTuberとの違い

VlogとBlogの違いは、「動画」か「文字」かです。

YouTuberとの違いは、厳密には定義されているわけではありません。

というか、ほぼ同じと考えて良いですね。

とはいえ、Vlog(Video+Blog)という考え方は、スモールビジネスにおすすめです。

ブログ記事を動画化する

「YouTuberになる」というと、何となくハードルが高い感じがしますね。

何だか、「面白おかしいコンテンツ」を作らないと、ダメな感じがします。

でも、Vlog(Video+Blog)を更新するというと、どうでしょうか。

たとえば、「ブログ記事を動画化する」のであれば、どうでしょうか。

ハードルを低くする

そこまでのハードルは、無さそうではないでしょうか。

スモールビジネスオーナーが、動画を作る。

その際には、

  • 「YouTuberになる」というよりも
  • 「Vlog(Video+Blog)を更新する」
  • (あるいは、ビジネスYouTuber)

と考えることを、おすすめします。

YouTubeについては、書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

今回は「YouTube動画の一括バックアップ方法」についてご紹介しました。

(また、3つの動画共有サービスやVlogについても、ご紹介しました。)

これで、一つ一つバックアップを取る時間を節約することができますね。

参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【YouTube vs. Vimeo vs. Wistia】違いや使い分け方法を比較して解説 【YouTube vs. Vimeo vs. Wistia】違いや使い分け方法を比較して解説
あわせて読みたい
【ブログやYouTubeを継続するコツ】テニスの錦織圭選手に学ぼう 「さあ、錦織圭のマッチポイントです!」 実況アナウンサーが解説した次の瞬間、見事に錦織選手は勝利を決めました。 同年代ということもあり、錦織選手の試合をよく見...
あわせて読みたい
【Vlogとは】BlogやYouTuberとの違い&スモールビジネスにおすすめの理由 Vlogって、聞いたこと、ありますか? Vlogは、スモールビジネスにおすすめです。 今回は、「Vlog」をご紹介します。 【Vlogとは】 Vlogとは、「Video+Blog」のことで、...

動画

Google公式ツールで、YouTube動画を一括バックアップする方法

音声

目次