メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

YouTube動画の一括バックアップは、Google公式ツールでしよう

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

YouTube動画のバックアップって、大変ですよね。

はじめから、

  1. 外付けHDD
  2. SSD
  3. クラウドストレージ

に、バックアップを取っていれば大丈夫だと思います。

でも、何十本、何百本とアップロードした後に、バックアップの重要性に気付いた場合。

1本1本、ダウンロードなんてしていられません。

通常は、1つずつダウンロードする必要があります。良くて再生リスト毎のダウンロードでしょう。

ですが、実は一括で、YouTube動画をダウンロードできる方法があります。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

手順1:Googleの公式データダウンロード機能

YouTubeの管理画面やツールを使って、1本1本動画をダウンロードしなくても、一括で処理できるんです。

それが、『Googleの公式データダウンロード機能』です。

YouTubeだけじゃなく、ドライブやフォトなど自分のGoogleデータをダウンロードすることができます。

YouTube動画をバックアップする場合の手順は、以下になります。

  1. (1)ページに移動した後「選択を解除」ボタンをクリック
  2. (2)YouTubeデータだけを選択
  3. (3)「次へ」をクリック
  4. (4)「アーカイブを作成」をクリック

以上です。 もしかすると、ボタンの表示名などが変わることがあるかもしれませ。

ですが、おおむね上記の手順で進められると思います。

あとは、一定の時間が経てば、データをダウンロードすることができるようになります。

(うまくできない場合は、Googleに問い合わせてみてください)

手順2:外付けHDDやSSDにバックアップ

ダウンロードしたデータは、『外付けHDD』や『外付けSSD』にバックアップしましょう。

Amazonで、上位に表示されるものの中からピックアップすればいいでしょう。

動画の場合は、ファイルサイズが大きいので、最低でも2TB以上の容量のあるものがおすすめです。

手順3:クラウドストレージにバックアップ

また、外付けHDDやSSD以外に、クラウドストレージにもバックアップしておくことをおすすめします。

理由は簡単です。外付けHDDやSSDは、壊れる可能性があるからです。

クラウドストレージにバックアップしておけば、万が一、外付けHDDやSSDが壊れても、同期することでデータを復旧することができます。

色々なサービスがありますが、『Dropbox』がおすすめです。

編集後記

今回は「公式ツールを使って、YouTube動画を一括バックアップする方法」についてご紹介しました。

これで、一つ一つバックアップを取る時間を節約することができますね。

参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる