一括ダウンロード!YouTube動画をバックアップする3つの手順

YouTube動画のバックアップって、大変ですよね。

はじめから外付けハードディスクやクラウドストレージサービスにバックアップを取っていれば大丈夫だと思います。

でも、何十本、何百本とアップロードした後にバックアップの重要性に気付いた場合、1本1本ダウンロードなんてしていられません。

通常は、1つずつダウンロードする必要があります。良くて再生リスト毎のダウンロードでしょう。

ですが、実は一括でYouTube動画をダウンロードできる方法があります。

手順1:Googleの公式データダウンロード機能

YouTubeの管理画面やツールを使って、1本1本動画をダウンロードしなくても、一括で処理できるんです。

それが、『Googleの公式データダウンロード機能』です。

YouTubeだけじゃなく、ドライブやフォトなど自分のGoogleデータをダウンロードすることができます。

YouTube動画をバックアップする場合の手順は以下になります。

  1. (1)ページに移動した後「選択を解除」ボタンをクリック
  2. (2)YouTubeデータだけを選択
  3. (3)「次へ」をクリック
  4. (4)「アーカイブを作成」をクリック

以上です。

もしかすると、ボタンの表示名などが変わることがあるかもしれませんが、おおむね上記の手順で進められると思います。

あとは、一定の時間が経てば、データをダウンロードすることができるようになります。

(うまくできない場合は、Googleに問い合わせてみてください)

手順2:外付けハードディスクにバックアップ

ダウンロードしたデータは、『外付けハードディスク』にバックアップしましょう。

Amazonで「外付けハードディスク」と検索して、上位に表示されるものの中からピックアップすればいいでしょう。

動画の場合は、ファイルサイズが大きいので、最低でも2TB以上の容量のあるハードディスクがおすすめです。

手順3:クラウドストレージにバックアップ

また、外付けハードディスク以外にクラウドストレージにもバックアップしておくことをおすすめします。

理由は簡単です。外付けハードディスクは壊れる可能性があるからです。

クラウドストレージにバックアップしておけば、万が一、外付けハードディスクが壊れても同期することでデータを復旧することができます。

色々なサービスがありますが、『Dropbox』がおすすめです。

また、外付けハードディスクとクラウドストレージサービスは連携させるとより良いでしょう。

詳しいやり方は、『「DropBox」+「外付けHDD」でローカルゼロを実現する方法』を参考にしてみてください。

編集後記

今回は「YouTube動画をバックアップする3つの手順」についてご紹介しました。

これで一つ一つバックアップを取る時間を節約することができますね。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで