fbpx

ソーシャルメディアで集客する方法 | 差別化できる投稿のコツ

「ソーシャルメディアで何を投稿したらいいの?」

これは、お客さんからよく貰う質問の1つです。

私たちも、この部分については、苦労してきました。

ソーシャルメディアは有効なツールですが、使い方次第では無用の長物になりかねません。

「頑張って投稿している割には、効果がない…」という声は、幾度となく聞いてきました。

ところが、実践と改善を繰り返す中で、ソーシャルメディア活用の1つの突破口が見えてきました。

それは、「親しみやすさを見せていく」ということでした。

今回は、落語の例えをもとに、その方法についてお伝えします。

孝行糖

「チャンチキチン」「スケテンテン」

と飴玉を売り歩く若者がいます。

これは落語『孝行糖』に登場する、与太郎という若者です。

与太郎というキャラクター

この与太郎という人間。

現代でいえば、いわゆる、「おバカキャラ」といったところでしょう。

  • 厳しい管理社会についていけない
  • 嘘はつけず、本音で生きる
  • 常識がなく、人とズレている

という若者でした。

こんな性格もあり、社会に馴染めず、働き口に困っていました。

親孝行が仕事?

与太郎は、何も働くことができない。

そんな訳で、「親孝行」を仕事としていました。

今であれば、考え難い話ですよね。

しかし、その親孝行の姿が村で認められ、ご褒美としてお金をもらえるようになったのです。

すると、当時与太郎が暮らしていた長屋の主が、

「そのお金を元手に、新しい商売をさせよう」

と、与太郎を自立させようとしました。

常識がない若者

しかし与太郎という人間は、常識的な言動ができない若者でした。

要するに、扱いづらい、ちょっと変わった人です。

こういう人、は現代社会ではどうしても煙たがられます。

しかし、江戸時代は違いました。

江戸の村人たちの手厚いサポート

村の人たちは、「与太郎でもできる仕事はないか」と知恵を絞りました。

そこで、与太郎に勧めたのが、「飴売り」の仕事でした。

親孝行の褒美として稼いだお金を元手に、飴の売り歩きの商売をはじめました。

飴売りの仕事を始める

「チャンチキチン」「スケテンテン」

という歌を口ずさみながら、与太郎は飴を売り歩いたのです。

すると、どうでしょう。

飴がバカ売れ?

与太郎の売る飴は、見る見るうちに売れていきました。

与太郎はすぐさま、飴売りとして知れ渡るようになりました。

与太郎は、商売について学んだのでしょうか。

いえ、与太郎は前述の通り、働いた経験はありませんでした。

商売がうまくいった理由

ではなぜ、与太郎は村中で評判になる、飴売りになることができたのでしょうか。

それは、「親しみやすさ」です。

与太郎に、傑出した商才があったわけではありません。

しかし、彼には天性の明るさがあったのです。

天性の明るさ

笑顔で歌いながら、決して売り込むわけではなく、人間味と歌という芸を表現していたのです。

与太郎は、自分の悪いところには目を向けません。

自分の境遇や能力を、人と比べて劣等感を抱いたり、憂鬱になって閉じこもったりしませんでした。

前向きに働いているのです。

それを、周りの人たちは支えるわけです。

この人だから、買う

飴の種類や味は、もはや関係ありません。

与太郎が売っているから、買うのです。

これって、現代の商売でも通ずるところがありませんか?

モノではなく、人

「あなたから買いたい!」と言ってもらえたら、嬉しいですよね。

この状態になれば、もう商品の良し悪しは、さほど重要ではなくなります。

与太郎という人間は、決して、気が利いて、頭が切れるわけではありません。

しかし、

  • 素直で善良
  • 自分のありのままを表現する
  • どこか愛嬌があり、憎めない

という人間性がありました。

ホッとする安心感

  • 完璧ではなく、少し不器用
  • キレッキレではなく、お茶目
  • あくせくせず、ゆっくりと

こういった部分が、本来人間の心の琴線に触れる部分ではないのでしょうか。

こういった人間味を感じると、親しみやすさを感じるわけです。

ホッとするんです。

これは商売でも同じことが言えます。

買ってもらえる理由

例えば、コンサルティングやカウンセリング。

これらは、目ではっきりと見ることはできません。

お客さんは、素人です。

素人が、専門知識やスキルの良し悪しを正しく判断することは、まず無理です。

したがって、選ぶ基準となるのは、

  • 「この人なんかいいな」
  • 「親しみを感じるな」
  • 「なんか、好きだな」

という、極めて感情的な部分になります。

質が良いのは、もはや当たり前

商売をしていると、「質」にこだわりがちです。

「質が良いから(こだわっているから)売れた」と思いたい心情もわかります。

ただ1つ確かなことは、今の時代、「質」は均一化されているということです。

「品質」や「機能」は、みんなそこそこ良い

「どれでも一緒でしょ」が、お客さん側からの見え方です。

こうなると、どうやら「質」だけで商売を行うのは、難しそうじゃないですか?

だから、「親しみやすさ」を付加するんです。

「親しみやすさ」を表現する方法

親しみやすさを感じてもらうために、直接会う必要はありません。

ソーシャルメディアを使えば、それが実現できます。

ソーシャルメディアに投稿する内容が、「自社の商品」や「専門的な情報」だけになっていませんか?

例えばこんなことをしてみましょう

例えば、日常の投稿に、

  • 家族の写真
  • ペットの写真
  • 旅行時の写真
  • 密かにはまっていること
  • 特技・趣味
  • 失敗談

などを、少しずつ公開してみましょう。

要するに、あなたの「裏側」です。

「人」を見せる

商売とは無関係だけど、自分らしい側面を積極的に見せる。

そうなると、あなたという「人」に興味を持ってもらえます。

「品質」や「機能」の判断基準に、「人」という新たな要素が加わります。

お客さんが選びやすくなるのは、言うまでもありません。

編集後記

落語『孝行糖』ででてきた与太郎がいまTwitterやインスタグラムを持っていたら、フォロワー数は途轍もないことになっていたでしょうね(笑)。

親しみやすさ、共感といったものが、今後のスタンダードとなりそうです。

ソーシャルメディアで親しみを感じてもらえれば、商品・サービスに興味を持ってもらいやすくなります。

(参考:SNSのビジネス活用 | FacebookやTwitterではこの情報を配信すべし

方法はなんでも構いません。

自分と相性の良いメディアを使い、あなたの等身大を発信していきましょう。

音声