fbpx

ネット集客の眼目は、「売上=成果」ではなく、成果「物」

「成果は出ますか?」

私たちのスクールに興味を持っている人から、稀にこのような質問を受けます。

正直、このような質問を受けると、一瞬困ってしまうんです。

それは、成果を出している人がいない、からではありません。

「成果」の意味が、不明瞭だからです。

そしてこの「成果」の捉え方次第で、その人のネット集客の将来は決まってしまいます。

そうなると、なおさら軽率な回答はできません。

だから私は、間髪入れずに聞き返します。

「ちなみに、〜さんの仰る、成果って何ですか?」と。

すると、3人に1人くらいは、「売上です」と答えます。

この瞬間、心底、残念な気持ちになります。

自分が中学校の数学の先生だとして、授業を始めようと思ったら、

「先生、足し算って何ですか?」と言われたような気持ちです。

気の遠くなるような思いです。

ネット集客で伸び悩む人の共通点

成果=売上

この考え方が、完全に間違っていると言いたいわけではありません。

もちろん食っていくために、売上を作ることは必須です。

ただ、この考え方だと、うまく行く確率はかなり低くなります。

私の知り合いにも、「ネットを使って、すぐに売上を」と意気込んでいる人はいます。

ところが、そんな人に限って、ネット集客に悪戦苦闘します。

結果、途中で諦め、ネット集客への道半ばで倒れます。

ぶっちゃけ、すぐに売り上げあげたいなら…

切羽詰まっていて、売上が今すぐ欲しい。

こんな状況であれば、交流会にでも行ったほうが良いのではないでしょうか。

  • 交流会でチラシを配る
  • 多くの人と名刺交換して、紹介をお願いする

こういった”泥臭い”やり方のほうが、短期的には有効な場合もあります。

しかし問題もあります。

ずっとこれやるの?

泥臭いやり方も良いですが、持続性は低いですよね。

これから毎月、いや永遠にそれをやりたいですか?

むしろ、こういったやり方に限界を感じているから、ネット集客に取り組みたいわけです。

ところが、成果=売上の人は、こんなやり方をネットの世界でもやってしまいます。

  • とにかく広告を出して露出する
  • ブログを書きまくる
  • ソーシャルメディアで告知しまくる

マッチョなやり方ですね。

さらに悪化してくると、

プロダクトローンチで一発当てる。

という発想まで出てきてしまいます。

結果、思うようにならず、疲弊します。

短期的な売上に執着すると、突貫工事になりがちです。

その場凌ぎの方法で頑張っても、残念ながら、報われないんですね。

成果=売上の最大の問題

この話からご理解いただけたでしょうか。

成果を売上だけに絞ってしまうことによる最大の問題は、「積み上げ型」にならないということです。

これは大問題です。

スモールビジネスオーナーにとって、重要な希少資源は、時間です。

その大切な時間を費やしたのにも関わらず、行動が積み上がらない。

やってもやっても、いつまでも楽にならないのです。

プロセスの欠落

売上はあくまでも、結果です。

何もないところに、結果は生まれません。

しっかりとしたプロセスがあって初めて、結果になります。

成果=売上と考える人は、重要なプロセスを作ることを忘れてしまっています。

よってプロセスが抜け落ち、当座凌ぎな行動をしてしまうのです。

集中するべきは、仕組み作り

では、ネット集客における重要なプロセスとは何か。

それは、集客が安定的にできる「仕組み作り」です。

ネット集客がうまくいく人は、

成果=仕組み作り

と考えています。

  1. 見込み客を集める
  2. 見込み客を育成する
  3. 見込み客を新規客に変える
  4. 新規客を優良客に変える

このような仕組みを整えることが、最優先事項です。

(参考:少ないアクセスでもウェブ集客を実現した全手法とは?

成果「物」を用意する

仕組みを作るにあたり、必ず揃えなければいけないものがあります。

それは、ネット集客に必要な成果「物」です。

  • ウェブサイト
  • ブログ記事
  • 商品案内用ランディングページ
  • メールマガジン
  • ステップメール
  • 無料プレゼント
  • 無料プレゼント登録用ランディングページ
  • …etc

これらがなければ、何も始まりません。

いくらノウハウを学んでも机上の空論に終わります。

成果「物」があることで、ようやく実践の準備が整います。

仕組みに集中すれば、「積み上げ型」になる

仕組み作りのプロセスを行えば、行動が資産になります。

「やってもやっても、いつまでも楽にならない」

から、

「やればやるほど、どんどん楽になる。」

と状況が一変します。

要するに、積み上げ型になるのです。

ネット集客では、

「ひと月の爆発的な売上」よりも、「毎月徐々に増えていく売上」のほうが、圧倒的に価値があります。

  • 「来月以降はどうなるかわからないこと」に時間と労力を割く
  • 「来月以降どんどん楽になること」に時間と労力を割く

どちらの働き方がしたいですか。

無形ではなく、有形なものに集中する

売上は、形がないものです。仕組みは、形があります。

形がないものを目標とするより、形があるものに的を絞ったほうが、明らかに簡単です。

そうすれば、結果は自ずと付いてきます。

ことさら強調はしませんが、売上だって上がります。

「月の売上が、200万円アップしました」

このような報告も、お客さんから頻繁にいただきます。

もちろん嬉しいですし、心から讃えます。

でも同時に、「当たり前ですよね」とも伝えます。

プロセスが先、結果は後、ですから。

「売上が上がった」よりも、「ランディングページが作れるようになった」のほうが、よっぽど将来性を感じます。

姑息な行動ではなく、積み上げ型の行動

我々スモールビジネスは、資源が限られています。

その使い道には、熟考の価値があります。

  • 積み上げらないことは、やらない
  • その場凌ぎのことは、やらない
  • 無理しないと継続できないことは、やらない

毎月のように集客に苛まれないためにも、資源の使い道を制限することをオススメします。

私も含め、人間はせっかちです。

できるだけ早く、売上を手にしたい。

これは、誰もが思うことです。

しかし一息入れて、こう考えましょう。

  • どんなプロセスが必要か
  • 必要な成果「物」は何か

そして、そのプロセス作りに集中する。

そうすることで、その場凌ぎの手法や行動を避けることができます。

急がば回れ。