少ないアクセスでもウェブ集客を実現した全手法とは?

  1. 「まずはブログを書いてアクセスを集めましょう」
  2. 「ユーチューブに動画を投稿して再生回数を増やしましょう」

という言葉、頻繁に聞きますよね。

私たちも起業した当初は、血眼になってブログやユーチューブ、SNS等に取り組んでいました。

でも・・・無理でした(笑)ガーン

言うは易く行うは難し

なんなら、今でもアクセス数なんて大したことないです。あなたはどうでしょうか?

「ブログを毎日1記事ずつ書いて、アクセスを集めよう」と張り切り、頑張って取り組んだ経験はないでしょうか?

でも、アクセス集めって言うは易く行うは難しで、簡単では無いですよね。ある程度、キーワード選定をして、タイトルを付けてもなかなかアクセス数なんて伸びません。

結果がなかなか出ないもんだから、モチベーションも下がり継続ができないんですね。でも安心して下さい。

今回の記事では、ウェブからの集客にお悩みのスモールビジネスオーナーに向けて私たちこのは屋が実践してきた、ウェブ集客手法を公開します。

大丈夫です。もう「アクセスをとにかく集めてください」なんて口が裂けても言いませんから。

「少ないアクセスでも確実にウェブから売り上げを上げる仕組み」について今回は解説していきます。

結局ウェブからの集客は難しい?

「ウェブで集客ができる」

という響きは、とても聞こえが良いですね。

異業種交流会や名刺交換会に参加せずとも仕事が受注できるわけですから、どう考えても魅力的です。でも、これが厄介者で一筋縄では行かないんですよね。

一昔前であればホームページがあれば集客できたかもしれません。ホームページを持っている競合は少なかったということもあり、ある程度集客できたんですね。

しかし今はどうでしょう。情報に溢れる時代で、無料で優良なコンテンツが誰でも手に入ります。ある程度のITリテラシーさえあれば、取得不可能な情報の方が少ないです。

情報発信のハードルが低くなって、発信者が増えた

情報が溢れているということは、情報の発信者が増えたということです。今までは、発信者は少なく受信者が多かったため、少しウェブで情報を発信していれば有利な時代でした。

しかし今は違います。ブログやユーチューブの発達で情報発信のハードルが無くなりました。そうなると、単にブログを更新した、動画をアップロードしただけでは人の目に留まることすら難しいのです。

こんな状況だから、多くの人は

  1. ホームページは作ったんだけど、問合せが全然来ない
  2. フェイスブックで毎日投稿しているし、いいねもしているけど効果が全くない
  3. メルマガを発行しているけど、商品・サービスは売ることができない
  4. 有料の商品・サービスをウェブ上で販売できるようになりたい
  5. お金をなるべくかけないでお客さんを集客できるようになりたい
  6. ユーチューブに動画を投稿して再生回数もあるけど、売上には結びついていない
  7. PPC・FB広告のノウハウはわかったけど、肝心の出稿用ページがない
  8. ブログは更新しているけど、LPがないので全然仕事に結びつかない

と悩み、ウェブ集客にうだつが上がらない状況になっています。

情報発信をウェブで懸命に行っても、売り上げには繋がらないというジレンマを抱えているんですね。

多くの人がこぞって行うウェブでの集客方法

それでもやはり、ウェブ集客に関する情報やノウハウは出回っていますから、その時々で注目されている手法を試すわけです。

一番最近学んだノウハウが、一番大切な気がする」というのは、スモールビジネスあるあると言っていいでしょう。

では、実際にこれまで私たちも過去に実践し、ほとんどのスモールビジネスオーナーが行うウェブ集客の方法とは一体どんなものなのでしょうか?

大きく3つあります。

1.
最低3,000文字のブログ記事を1日1本書く

ブログはウェブ集客における肝心要のメディアです。

コンテンツマーケティングの基本も、まずは良質なブログ記事を書くことから始まります。

3,000文字以上の骨太コンテンツを更新していくことで、将来的なロングテールキーワードからのアクセスが見込めます。

2.
ユーチューブで毎日5本以上の動画を投稿する

ユーチューブはグーグルとの関連性が強いため、1つ1つの動画が検索結果に表示されます。

ブログ記事を書くよりも速い速度でキーワードを攻略できます。

短い動画を毎日5本など大量に投稿することで、ユーチューブ内の検索だけでなく、グーグルの検索結果からのアクセスを見込むことができます。

3.
フェイスブックで1日10人以上に「いいね」する

ウェブ集客に限らず、スモールビジネス規模の商売においては「関係性」が最も大切となります。

関係性を構築すれば、「モノ」ではなく「ヒト」で選んでもらうことができるようになるからです。

そうした観点から、フェイスブックで1日10人以上に「いいね」をするという集客方法を実践します。

どれか当てはまるものはありましたか?

私たちこのは屋も、上記3つの手段はもちろん全て実践しました。

その他にもあらゆる手段を試したんですね。しかし、結果は・・・撃沈でした。

いや、無理な話なんですよ。もちろん、上記の方法は全て有効的だとは思います。

しかし、現実的にはそう簡単には行かないんですよ。

一般的なウェブ集客の問題点

  1. ブログを更新する
  2. ユーチューブに動画を投稿する
  3. フェイスブックで「いいね」する

という方法をいくらやっても、ウェブ集客はうまく行きません。

実際に私たちも集客できませんでした。つい2年程前までは、ウェブからの集客なんて皆無だったんです。

ゼロですよゼロ!ウェブ集客数0人。なんとも寂しい結果です。仕事を受注できるのは「紹介」のみでした。

しかし、今ではお陰様で、ウェブからしか集客を行っていません。要するに、ウェブ集客だけで商売が回っているということです。ウェブ集客オンリーということですね。

なぜ、紹介からしか顧客を獲得できなかったのに、今ではウェブから集客できているのか?その答えは・・・

アクセスを集めることを諦めたから

アクセスを集めることを諦めたからです。

「え?パードゥン??」という声が聞こえてきそうです。

先述した

  1. ブログを更新する
  2. ユーチューブに動画を投稿する
  3. フェイスブックで「いいね」する

という手法には、ある問題点があります。

それは、大量のアクセスを集めることが前提ということです。

  1. ブログ:アクセス者
  2. ユーチューブ:動画の視聴者
  3. フェイスブック:友達数

というように、まずは大量の母数を確保して、そこから商品を買ってくれる人を待つというスタイルですね。

確かに、大量のアクセスを集めれば誰かしら商品を買ってくれるかもしれません。しかし、それは超アクティブなユーザーだけです。

超アクティブなユーザーなんて極少数

ブログやユーチューブを見てすぐに問い合わせをする人は、よっぽどあなたに興味があるか必要性に迫られているユーザーですね。

このような超アクティブなユーザーは極少数派です。めったに起こることではありません。一度ウェブ集客を行った方であれば、この話に「うんうん」と頷いてくれるはずです。

そんな稀有なユーザーを相手にしていくのであれば、大量のアクセスが必要かもしれませんね。稀なユーザーをお客に変えるには相当量のアクセスが必然的に必要になってきます。

そもそも、スモールビジネスの場合、大量のアクセスなんて一切必要ないんです。なぜ「アクセスが大量に必要」と言われているかというと、ユーザーが歩む「導線」が構築されていないからです。

ウェブ集客では「アクセス」よりも「導線設計」が大切

突然ですが、あなたに質問です。

次の2つのうち、どちらの商売を作りたいですか?

  1. 3,000アクセスで10人の成約
  2. 300アクセスで10人の成約

言うまでもなく、2ですよね。

私たちのウェブ集客も2の方法を行っています。

ブログを一生懸命書いて、アクセスが集まったとしても、途中のメルマガやランディングページといった導線がなかったらどうでしょうか。

売上には繋がりませんよね。導線がなければ、苦労して集めたアクセスは水の泡になります。アクセスの垂れ流し状態ということです。

何が言いたいかというと、アクセスを集めることに躍起になるよりも、導線を先に構築するべきだということです。

導線をきちんと構築していれば、お客さんはスムーズに動くことができるので、最低限のアクセスで十分売上を上げることができます。

売上に結びつくお客さんだけを集めればいいので、大量のアクセスなんて一切必要ないわけです。

ウェブ集客のための導線設計とは?

難しく考えるよりも、シンプルにお客さんの動きに注目してみましょう。

ウェブ上で情報を見つけたユーザーはどのような動きをするのでしょうか。

そのお客さんの流れは以下のようになります。自身の経験に沿って考えると実感できますよね。

  1. ブログやユーチューブに訪れる
  2. 無料のお役立ち資料やPDFなどを手に入れるためにメールアドレスを登録する
  3. ステップメールが届き、商品・サービスに対する知識が深まる
  4. 商品・サービスの案内ページを見て、申し込む
  5. 定期的にメールマガジンが届き、その中で他の商品を購入する

というように、お客さんは動くわけです。

実際に上記の流れで行動をした経験がありませんか?要はこの流れを作ってあげるのが「導線設計」をするということです。

あ、もし上記の流れで行動をした経験がないという場合は、単純に努力不足です。自らはウェブ集客を体験していないのに、お客さんだけはウェブから集客できるなんて虫のいい話はありません。

さて、この導線を作らずに、アクセスを集めてしまうと『アクセスの垂れ流し』になってしまうんですね。

ウェブ集客の導線設計の実践方法と3つの間違い

「アクセス」よりも「導線設計」が大切なことはわかった。

ご注意下さい。

「よし、じゃまずはブログを書かなきゃ」となっていないでしょうか?

お客さんの導線の流れの始まりは、確かにブログです。しかし、ウェブ導線の作り手の私たちは逆の順番で考える必要があります

なので、構築する際は

  1. ランディングページを作る
  2. 無料プレゼントを作る
  3. ステップメールを作る
  4. 無料プレゼント申し込み用(メールアドレス取得用ページ)を作る
  5. ブログを更新する
  6. メルマガで接触する

という流れです。見ての通り、ブログは後半の5番目です。

商品を申し込む終着点である、ランディングページがなければ、いくらアクセスを集めても無駄ですからね。

そして、そのランディングページへと誘導するステップメールがなければ、うまく顧客教育ができません。

導線を構築する際の3つの注意点

ブログやユーチューブを始める前にやることは沢山あるんですね。なお、導線構築する際の注意点が3つあります。

1つ目の注意点は、いまお伝えした『構築する順番』です。こちらについてはもう大丈夫ですね。

2つ目の注意点は何かというと、『アクセス至上主義を捨てる』ということです。何度も言いますが、スモールビジネスを行う上で大量のアクセスなんて不要です。

アクセス集めに知恵を絞るよりも、アクセスをどのように効率的に成約へと導くかを考える方が遥かに現実的です。

あなたの商品・サービスに興味にある見込み客を集めて、メールで接触を行い、確実に商品を買ってもらえる仕組みを作ることが本物のウェブ集客です。

3つめの注意点。これが意外と重要です。それは、『無料集客手段だけで、集客を行わない』ということです。

”無料で”集客できないだけ

集客できないと悩む人の多くは、「無料」だと集客できないだけなんですね。

でも、「有料」であれば集客できるんです。お金をかければ集客はできるということです。当たり前の話ですよね。

無料手段と有料手段を組み合わせることが、もっとも効果的な手法なんです。有料手段と聞いて浮かぶのが広告ですよね。

中でも、フェイスブック広告は大変効果的です。スモールビジネスオーナーであれば、フェイスブック広告を使わない手はないでしょう。

ターゲットをこれでもかと言うくらい絞りこめるので、費用対効果が非常に高いんですね。

無料集客手段を育てている間に、有料手段で集客を行う

無料集客の実現には、時間がかかります。

その無料集客手段を育てている間に、有料手段で集客を行うんですね。

となると、先程の取り組みの順番としてはこうなりますね。

  1. ランディングページを作る
  2. 無料プレゼントを作る
  3. ステップメールを作る
  4. 無料プレゼント申し込み用(メールアドレス取得用ページ)を作る
  5. フェイスブック広告を配信する
  6. ブログを更新する
  7. メルマガで接触する

ぜひ、この順番で行ってみてください。

ウェブ集客はとても簡単な仕組み

ウェブ集客って意外と、シンプルなんですね。

  1. ブログ
  2. ユーチューブ
  3. ・・・etc

「あれもこれもやらきゃ」となると頭は混乱するものです。

やるべきことがありすぎると結局進まなくなり、本末転倒になってしまいます。よろしいでしょうか?ウェブ集客はとても簡単な仕組みです。

穴の空いたバケツにならないよう、アクセスを見込み客に変え、顧客化する導線さえあれば、うまくウェブマーケティングは回っていくんですね。

今回の記事をここまでお読みいただいたあなたは、「よし、早速やってみよう!」と思って頂けたかと思います。そんな実行力に長けたあなたのためにお伝えしたいことがあります。

自分でこれからウェブ集客の導線構築をやる際に、絶対に、絶対に押さえておいて欲しいポイントです。

1.
まずはツールをすべてそろえて箱を作る

ブログの記事更新、ユーチューブ動画の撮影等の大量行動に出る前に、必ず仕組みを先に作って下さい。

このは屋では、その仕組みのことを”箱”と呼んでいます。

  1. ブログ
  2. ユーチューブ
  3. メルマガ
  4. フェイスブック

といった個々のパーツに取り組む前に、ユーザーにスムーズに進んでもらうための全体の箱を先に用意する必要があります。

この箱が無ければ、どれだけ大量行動しても意味がありません。ブログでどれだけアクセスを集めても、販売するランディングページが無ければ売上に繋がりません。

ですので、ウェブ集客に取り組む前には、必ず必要なツールを事前に揃えましょう。最低限必要なツールとは、

  1. ブログ
  2. メルマガ
  3. ランディングページ
  4. フェイスブック広告

のウェブ集客3種の神器+ウェブ広告(フェイスブック広告がおすすめ)になります。

2.
必ず自社で運用できるようにする

そして2つ目は必ず自社で運用できるようにするということです。

ワードプレスブログやランディングページを外注している人の多くが、業者に作業や管理を丸投げしてしまっているのです。

この状態では、いざ「この部分を修正したい、画像を変更したい」となった際に、自分で手軽に編集できません。

下手をすると、変更に1万円くらいのお金がかかるかもしれません。ワードプレスの管理画面のログイン情報すら把握していない人も中にはいます。

自らの商売の手綱は、自らで握る

スモールビジネスのウェブ集客では、「とりあえず試して、テストを行い改善を繰り返す」という『機動力』が何よりも重要です。

外注業者に丸投げの状態では、細かな修正、改善が容易ではないですよね。自らの商売の手綱は、自らで握りましょうということです。

ウェブ集客の主導権を自らで持つことが、ウェブ集客でいちはやく成果を指す秘訣でもあります。集客を他人に依存せず、自らで実践してください。

繰り返しますが、自らの商売の手綱は、自らで握りましょう。

この記事への反響

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで