プレゼン時にPowerPointやKeynoteの画面を真っ黒/真っ白にする方法

セミナーやプレゼンでPowerPointやKeynoteを使う方は多いですよね。

とても便利なプレゼンテーションツールです。

セミナーやプレゼンをする際は、主にスライドショーモードで行いますよね。

その時に、ちょっとした技があるんです。

その技とは、

スライドショーの途中で画面をいきなり真っ暗、真っ白にする

というものです。

これが、結構便利なんです。

今回はその方法をお伝えします。

スライドショーの状態で「B」もしくは「W」を押す

この方法は、PowerPoint、Keynote両方に対応しています。

スライドショーの状態で、「B」を押せば画面が急に真っ黒になります。

スライドショーの状態で、「W」を押せば画面が急に真っ白になります。

セミナーやプレゼンでの実際の使い方

この機能はとても便利なのですが、あなたは「どんなときに使うの?」と思っているかもしれません。

スライド資料を見せながら説明していると、参加者はついついスライド資料に目が行ってしまいます。

スライドに書いていない重要なことを話していても、参加者は聞いていない可能性がありますね。

そんな時に、今回の技を使いましょう。

いきなり、画面が真っ黒、真っ白になると、参加者は驚きます。

そして、スライド上にはなんの情報も無くなるわけです。

すると、自ずと「話のみ」に集中してくれるようになります。

こんな使い方が一番効果的かと思います。

編集後記

今回は、「プレゼン時にPowerPointやKeynoteの画面を真っ黒/真っ白にする方法」についてご紹介しました。

ちょっとしたテクニックを知っていると、単純にかっこいいですよね(笑)。

話を聞いてもらう意味でもとても有効なので、ぜひお試しください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで