メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【セミナーセールスのコツ】この2つを意識すれば、売り込まずに売れる

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

お客さんを獲得するために、セミナーを開催する。

これは、多くのスモールビジネスが、採用している販促方法です。

それだけ、効果的な、方法なんですね。

ところが、全員がうまくいくわけではありません。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

売れる講師と売れない講師

セミナーを開催して、

  • 商品・サービスが自然と売れる講師
  • 一生懸命話しても、売れない講師

両者違いは、どこにあるのでしょうか。

セミナーの研究

それを知るために、

それはもう、山ほどのセミナーを研究しました、

  1. 話し方
  2. スライド
  3. レジュメ
  4. 席順
  5. 机の並べ方
  6. 所要時間
  7. 開始時間
  8. 自己紹介
  9. 事例
  10. アンケート
  11. …etc

セミナーの内容や、進行方向など、多角的に調べました。

わかったこと

そして、研究の結果分かったことがあります。

それは…モノが売れるセミナーには、「鉄則」があるということ。

その鉄則とは…

うまくいくセミナーの「構造」

結論、モノが売れるセミナーには、「売れる構造」があったんです。

商品・サービスが高確率売れる人は、例外なくこの「構造」を持っていました。

  1. 最初に何を話して、
  2. 中盤ではこの話をして、
  3. 最後の案内はこうする!

このような構造が、徹頭徹尾、練られているんです。

気持ち悪いくらい、練られています(笑)。

売れるセミナーに共通する2つの要素

そして、うまくいくセミナーの構造の中には、

ある2つの要素が、含まれているんです。

それは、

  1. 関係性の構築
  2. 顧客育成

です。

自然と売れちゃう

セミナーを通して、この2つが行われていると、自然と売れます。

「売れる」というより、「売れちゃう」が正しいかもしれません。

決まった構成に沿って話しているだけで、勝手に売れていく。

まさに、理想的な状況ですよね。

「関係性の構築」と「顧客育成」

とは言え、まだ抽象的ですよね。

2つのポイントについて、もうちょっと具体的に話します。

また、これらの考え方は、書籍でも、触れられています。

関係性の構築

「営業マンと顧客」の関係から、「先生と生徒」に変えられば、OK。

参加者から、「先生」として、認識してもらえればいいんですね。

「先生」となれば、話を聞いてもらいやすくなります。

顧客育成

次に、顧客育成。

顧客育成の目的は、

セミナーの中で、「その商品が必要だ」と思ってもらうことです。

「必要性」を感じないと、人は動かないので、そこを教育します。

「先生」と「必要性」

つまり、

  1. 先生になる
  2. 必要だと思ってもらう

ということです。

これが満たせれば、営業のストレスがグッと減ります。

参加者の方から、自然と「欲しいです」という反応が来るようになります。

編集後記

今回は、セミナーで商品を売る際の、2つのポイントについてお伝えしました。

  1. 関係性の構築
  2. 顧客育成

この2つは、いくら意識しても、やりすぎることはありません。

セミナーをするときは、忘れずにいてください。

あわせて読みたい
【セミナー営業2つのポイント】高額な商品・サービスを売るための心得 セミナーを開催して、そこで商品を売る。 このような、営業を行っている人は、多いでしょう。 セミナーから、個別面談に誘導 セミナーで、塾や講座を販売 セミナーを「...
あわせて読みたい
【オンラインイベント営業】売り込むのが苦手でも商品が売れる方法 商品・サービスが、思うように売れない。 これは、商売人にとって、一大事です。 理由は、様々あるでしょう。 営業が苦手 売り込みが嫌い 価格で判断されてしまう 適切...
あわせて読みたい
【セミナーの作り方】平凡なネタでも面白いコンテンツにする3ステップ セミナーで話すコンテンツの作り方 | 平凡なネタを価値の高いネタにする方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる