メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

【便利】PDFファイルをKeynoteに変換できるツールを2つ紹介

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

Macユーザーであれば、Keynote(キーノート)は頻繁に利用しますよね。

  • プレゼン
  • セミナー
  • 説明会
  • その他営業の資料

様々な盤面で、活躍してくれます。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

Keynoteから、PDFに変換

Keynoteで資料を作った資料を、PDFに変換する。

これも、Keynoteユーザーであれば、日常茶飯事のことでしょう。

  • 営業資料として、対面で見せる
  • 印刷して、配布
  • 資料のバックアップとして、保存

PDFの出番も、自然と多くなります。

よくあるトラブル

しかし、こんなトラブルありませんか?

「Keynoteの、元のファイルが消えてしまった…」

ちなみに、私は何度もあります(笑)。

資料を修正する場合、Keynoteファイルを編集したほうが、明らかに早い。

ところが、元ファイルが無い。

これでは、またゼロから、作らなければなりません。

そんなときに、便利なツール

今回は、そんな時に知っておくと便利なツールを紹介します。

「PDFからKeynoteファイルに変換する」

こんな、かゆいところに手が届く、サービスがあるんです。

PDF→Keynote変換ツール

では早速、PDFをKeynoteに変換できるツールを2つ紹介します。

  1. CleverPDF
  2. PDF to Keynote

「CleverPDF」は、オンライン上での利用。

「PDF to Keynote」は、アプリをダウンロードして使用します。

「PDF to Keynote」の注意点

便利ですが、注意点があります。

PDF to Keynoteを使用すると、

Keynoteのデータは、すべて画像化してしまいます。

つまり、テキストの新たな編集ができません。

PDFがそのまんま反映されるだけです。

「CleverPDF」の注意点

CleverPDFは、テキストが反映されます。

しかし、テキストは、「まとまって」表示されます。

1行1行のテキストを配置したとしても、テキストは一括りになります。

大きさや、フォントを変えることはできます。

選択の際に少し手間がありますが、時間は大幅に節約できるでしょう。

探せば、ツールは結構ある

このように、便利なツールは、探せばいくらでもあります。

ウェブツールに関する書籍も出版されており、参考になります。

知っていれば得できるので、覚えておきましょう。

編集後記

今回は、『PDFファイルをKeynoteに変換できるツール』をご紹介しました。

まずは、使ってみましょう。

使いづらい部分があったとしても、そこは我慢(笑)。

またゼロから作るよりは、圧倒的に効率は良いです。

あわせて読みたい
【鉄則】売れるセミナーやプレゼンに共通する2つのポイント お客さんを獲得するために、セミナーを開催する。 これは、結構なスモールビジネスが、採用している販促方法です。 それだけ、効果的な、方法なんですね。 ところが、全...
あわせて読みたい
【スモールビジネス対象】お役立ちウェブツール・サービスまとめ 今回は、おすすめのウェブツールやサービスをご紹介します。 記事をつくるにあたって、100個以上リストにあがりました。その中から、厳選してピックアップしました。 選...
あわせて読みたい
スモールビジネスにおすすめの、無料オンライン画像編集ツール 画像編集って、難しいですよね。 でもスモールビジネスなら、そんなに高度な画像編集スキルは、必要ありません。 今回は、「スモールビジネスにおすすめの、無料オンラ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる