PDFをKeynoteに変換してくれるツール2選

Macユーザーであれば、Keynoteは頻繁に利用しますよね。

プレゼン、営業の資料作成にとても便利です。

Keynoteで作成したスライド資料を印刷したいときは、PDFに変換すると思います。

後から参照する場合はPDFの方が便利ですからね。

しかし、こんなトラブルありませんか?

「元のKeynoteのファイルが消えてしまった…」

私は何度もあります(笑)。

以前作成したKeynoteのファイルを編集したほうが明らかに作業が早くなるのに、消えてしまってはまたゼロから作らなければなりません。

今回は、こんなときに便利なツールを紹介します。

PDFからKeynoteファイルに変換できる方法が実はあるんです。

PDFをKeynoteに戻すことができるツール

では早速、PDFをKeynoteに変換できるツールを2つ紹介します。

  1. CleverPDF
  2. PDF to Keynote

CleverPDFの方は、オンライン上でできます。

PDF to Keynoteは、アプリをダウンロードして使用します。

Keynoteに変換の際はここに注意

ここで注意点があります。

PDF to Keynoteを使用すると、Keynoteのデータはすべて画像化してしまいます。

つまり、テキストの新たな編集ができません。

PDFがそのまんま反映されるだけです。

PDFをKeynote化してプレゼンは行えるので、問題はないかと思います。

CleverPDFは、テキストが反映されます。

しかし、テキストはまとまって表示されます。

要するに、1行1行のテキストを配置したとしても、テキストは一括りになります。

大きさや、フォントを変えることはできますが、選択の際に少し手間がありますね。

編集後記

今回は、『PDFをKeynoteに変換してくれるツール2選』をご紹介しました。

まずは、使ってみましょう。

例え、一部使いづらい部分があったとしても、またゼロから作るよりは圧倒的に効率は良いです。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで