fbpx

アクティブラーニング/反転授業をセミナーに活用!【この2つのツールで実践できます】

昨今、セミナーやワークショップでは、反転形式という方法が注目されています。

主催者が主役になるのではなく、参加者が主体的に学ぶスタイルなので、効果が高いということですね。

学校などの教育業界では、「アクティブラーニング」という言葉で広まっています。

一方通行の指導スタイルではなく、参加者同士が

  • ワークをしたり
  • ディスカッションしたり
  • ディベートしたり

というように、参加者が能動的に学べるように工夫されています。

これは、スモールビジネスでも、活用できそうですね。

スモールビジネスであれば、セミナーや勉強会、ワークショップなんかが良さそうです。

「でも、反転形式のセミナーって具体的にどうやればいいの?」

という疑問もありました’。

そこで今回は、「反転形式のセミナーを行うため2つのツール」をご紹介します。

オンラインセミナー×アクティブラーニング

通常、セミナー等を行う場合は、会場を借り、一同に介して行うことが主流です。

しかし、オンラインで行うこともできます。

オンラインで行うメリットとしては、

・場所を問わない
・人数制限も無い

といったところでしょう。まぁ、まずは少人数のほうがやりやすいですが。

  • 皆で集まって
  • ある議題について話し合い
  • 意見を出し合い、発表し
  • まとめる

ということさえできればいいわけです。

人によっては、オンラインのほうが好都合ということもあるでしょう。

どうですか?

スモールビジネスでも、活用できそうおな匂いがプンプンしますよね。

お客さん、クライアントさん、会員さんを集めて、開催できないでしょうか。

ツールはZoom(ズーム)を活用する

オンラインの開催であれば、Zoomをがおすすめです。

月額、1,500円程度で時間無制限のグループビデオ会話が可能です(無料プランの場合、40分まで)。

画面の共有、録画機能もあります。

Zoomで生成したURLを参加者に送るだけで、つながることができます。

非常に簡単に導入できるツールなのでお試し下さい。

参加者のワークはGoogleドキュメントで

ワールドカフェ開催すると、メモする場面があります。

みんなで共通の紙に書き込む場面も出てくると思います。

その時は、Googleドキュメントを使いましょう。

共有設定を使えば、参加者全員で書き込むことができます。

編集後記

今回は、『アクティブラーニング/反転授業をセミナーに活用!【この2つのツールで実践できます】』についてご紹介しました。

一方通行から、双方向、参加型にすることで、場の質が一気に変わりますよ。

反転形式のセミナー、ぜひお試しください。

動画

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで