メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【新たなセミナー開催法】参加者が主役の「反転型セミナー」のススメ

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

セミナー講師は、年々増えています。

  • セミナー講師
  • コンサルタント
  • 士業
  • その他、先生ビジネス

このように、セミナーを軸に商売をされている方は、非常に多い。

いまやセミナーは、「スモールビジネス起業の定番」かもしれませんね。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

セミナーを行う2つの目的

何かしらの専門知識がある人であれば、セミナーはできます。

ただ、セミナーを行う目的を考える必要があります。

セミナーを行う目的は、主に2つあります。

参加費or商品・サービスの販売

以下2つの目的です。

  1. セミナー参加費で、稼ぐ
  2. セミナーで商品・サービスを販売して、稼ぐ

セミナー参加費だけで稼ぐのは、最初は難しいでしょう。

セミナー参加費自体を、ある程度高額にする必要があるためです。

有名な講演家であれば、可能かもしれません、

しかし、これから起業する人にとっては、現実的ではありませんね。

セミナーを使って「営業」するのが、おすすめ

なので、まずは…

  1. セミナーは低価格で開催し、
  2. そこで商品・サービスを紹介し、
  3. 買ってもらう

のように、セミナーを活用しましょう。

話すのが苦手でも平気

セミナー講師というと、

「わたし、話すのが苦手なんだよな…」

と、不安に思うかもしれません。

でも大丈夫。音を上げる必要はありません。

セミナーのハードルは、かなり低いんです。

と、言いますのも、、、

自分で話さなくても、セミナーはできる

「人前で話すのが、得意です」

胸を張って、このように言える人は、そう多くはないでしょう。

でもご安心下さい。セミナーは、自分が話す必要はありません。

「え、何を言ってるの…?」耳を疑うかもしれません。

もう一度言います。あなたが話す必要は、ありません。

ポイントは、「反転学習」

「じゃ、外部講師を呼ぶの?」

と考えるかもれませんが、それも違います。

主催者はあなたで、講師もあなたです。

どういうことか。その答えは、「反転学習」になります。

おすすめは「反転型」のセミナー

反転型というのは、どんな形態か。

結論から言うと、

  1. 参加者に考えさせて、
  2. 発表してもらう

スタイルです。

講師であるあなたは、議題やテーマを設定するだけ。

主役は、参加者側

不安な方は、「事前課題」を出しておくといいでしょう。

もちろん、いきなり発表は難しいので、基本的な解説は必要です。

基本的な説明が終わったら、後は参加者に考えてもらいます。

そして、考えやアイディアを、アウトプットしてもらう。

そんな流れ。

参加者側が、主役となるセミナーになります。

反転のほうが効果が高い

実は、反転型のほうが、知識の定着率はあがります。

「聞くだけ」という受け身な姿勢ではなく、「自分で意見を述べる」という能動的な空気になるからです。

エビングハウスの忘却曲線も有名ですが、人は学んだことを1週間で、77%忘れます。

あわせて読みたい

自分の頭で考えて動かなければ、知識はムダになってしまう。

これを避けるためにも、反転型のセミナーはおすすめなんです。

オンラインセミナーが主流の時代で

今後は、オンラインセミナーが主流になるでしょう。

会場型とは違い、

  • 交通費がかからない
  • 移動の手間がない
  • 自宅でも参加できる

といった、多くのメリットがありますからね。

オンラインセミナーの弱点

しかし、オンラインのセミナーにも、弱点があります。

それは、会場型セミナーと比べて、参加者の集中力が下がること。

会場型であれば、その場の緊張感を感じることができます。

でも、オンラインではそれがありません。

そんなときにこそ、反転スタイルが適しています。

オンラインこそ、反転学習を

「話を聞くだけ」の形式だと、集中力の寿命が短くなってしまいます。

しかし、「自ら考えて、発言する」形式であれば、集中力、緊張感は保たれます。

次に開催するセミナーは、「反転型」を試してみてはいかがでしょうか。

反転学習についての書籍も出版されています。

参考にしても良いかもしれません。

編集後記

反転型のセミナー。

やってみると、たくさんの気づきがあります。

反転にすることで、参加者とのコミュニケーションも生まれやすくなるので、一石二鳥です。

ぜひ、「反転」を取り入れてみて下さい。

場の濃度が、ガラッと変わりますよ。

あわせて読みたい
【スライドのデザイン】セミナー・プレゼン資料作りの参考になる書籍2選 スモールビジネスであれば、セミナーやプレゼンをする機会は多いでしょう。 PowerPointやKeynoteで、資料を用意し、本番に臨む。 資料は、セミナーやプレゼンにおいて、...
あわせて読みたい
【セミナーの作り方】平凡なネタでも面白いコンテンツにする3ステップ セミナーで話すコンテンツの作り方 | 平凡なネタを価値の高いネタにする方法
あわせて読みたい
【オンラインセミナーのやり方】開催の注意事項とツールや機材も紹介 オンラインセミナーとは、「オンライン」上の「セミナー」のことです。 2つを合わせて、「オンラインセミナー」と呼びます。 ウェブセミナー ウェビナー ネットセミナー...

動画

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる