メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【オンラインセミナーのやり方】開催の注意事項とツールや機材も紹介

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

オンラインセミナーとは、「オンライン」上の「セミナー」のことです。

2つを合わせて、「オンラインセミナー」と呼びます。

  • ウェブセミナー
  • ウェビナー
  • ネットセミナー

も、ほとんど同じような意味です。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

スモールビジネスにおすすめ

この、オンラインセミナー。

スモールビジネスに、おすすめです。

  1. YouTubeなどの録画した動画
  2. オフラインで開催されるセミナー

両者と比較することで、オンラインセミナーをよく理解することができます。

(1)YouTubeなどの録画した動画との比較

YouTubeなどの録画した動画は、好きなときに見れます。

反面、まとまった時間を取って見るという場合には向いていません。

強制力が、働かないからです。

オンラインセミナーは「生配信」

その点、オンラインセミナーは「生配信」となります。

ですので、1時間以上など、まとまった動画視聴に向いています。

より理解できるように、動画視聴の背景から、確認していきましょう。

動画視聴の背景

あなたも、ご存知かと思います。

2011年頃から、YouTubeを活用した動画マーケティングが盛んになってきました。

きっかけは、広告収入を得ることのできる「パートナープログラム」。

これが、2011年4月から、一般公開されたことです。

そこから加速度的に、YouTubeに動画を投稿するユーザーが増えました。

Youtuberの登場

そして、「Youtuber」と呼ばれる人が、現れてきました。

この流れは、現在も続いていますね。

一般視聴者向けの、エンタメコンテンツの動画投稿者だけではありません。

ビジネス向けの、実業コンテンツの動画投稿者も増えてきています。

多くは、5~15分程度の短い時間の動画となります。

動画の良いところ

YouTubeの良いところは、

  1. 好きな時間に
  2. 好きな場所で
  3. 好きなだけ

動画を見ることが、できるところです。

その反面、1時間を超える、まとまった時間の動画視聴には向いていません。

動画とオンラインセミナー

オンラインセミナーは、オンライン上のセミナーです。

セミナーですので、ある程度の時間を取って配信されます。

  • 視聴者にとっては、まとまった時間で参加できる
  • 配信者にとっては、離脱されることなく参加してもらえる

というメリットが、あります。

特に、「離脱されることなく」という点がポイントになります。

オンラインセミナーの良いところ

YouTubeにも、セミナー動画をアップロードすることができます。

ですが、多くは途中で再生を停止されてしまいます。

「YouTube視聴者の利用意図」と「長い動画」は、そもそもミスマッチなのです。

ですので、1時間を超える、まとまった時間の動画視聴。

その実践には、オンラインセミナーが向いているわけです。

(2)オフラインで開催されるセミナーとの比較

つづいて、オフラインセミナーとの比較です。

オフラインセミナーの弱み

オフラインで開催されるセミナーの弱点は、「参加者が限られる」ということです。

これは、「集客が難しい」などといった理由からではありません。

単純に、「会場の席が限られる」という理由からです。

また、その場にいなければ、話を聞けないということもあります。

オンラインセミナーの強み

その点、オンラインセミナーは、オンライン上での映像配信となります。

原則、参加者に上限は、ありません。

席を用意する必要が無ければ、わざわざそこまで足を運ぶ必要もありません。

視聴者は、家やオフィスに居ながらにして、セミナーを受けることができます。

開催者にとっての大きなメリット

また開催者は、会場を取る必要がありません。

これは、とても大きなメリットです。

セミナーを開催にするにあたっては、会場を取るというのは大きなハードルになるからです。

そのことが原因で、セミナーを開催できなかったりするのが現実です。

会場を取る必要が無ければ、会場のキャンセル料も発生しません。

ですので、グッと開催ハードルが下がります。

オンラインセミナーの実践

このように、オンラインセミナーは、

  1. まとまった時間を取ってもらえる
  2. 参加者の上限がない

という、大きく2つのメリットがあります。

さて、オンラインセミナーの有効性は、理解できたかと思います。

問題は、「どうやって実践するか?」でしょう。

オンラインセミナー実践ツール

それでは、オンラインセミナーを実践できるツールをご紹介していきましょう。

  1. Zoom
  2. Microsoft Teams
  3. Google Meet
  4. YouTubeライブ
  5. Facebook Live

難しく考える必要は、ありません。

メジャーなツールで、十分にオンラインセミナーを実践することができます。

Zoom Video Communications
Video Conferencing, Cloud Phone, Webinars, Chat, Virtual Events | Zoom Zoom's secure, reliable video platform powers all of your communication needs, including meetings, chat, phone, webinars, and online events.
あわせて読みたい
ビデオ会議、ミーティング、通話 | Microsoft Teams 一緒に仕事をすることが、Microsoft Teams ならさらに簡単に。ツールとファイルにいつでも 1 つの場所からアクセスできます。ここで自然につながり、常に情報を整理し、ア...
あわせて読みたい
Google Meet - オンラインのビデオ会議とビデオ通話(Duo の機能) Google Workspace に含まれている Google Meet を利用し、ビデオ会議とビデオ通話(Google Duo の機能)でいつでもコミュニケーションが図れます。
https://www.facebook.com/formedia/tools/facebook-live

ツールの使い方

ツールについては、書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

機材は、どうすれば良いの?

さて、おそらく、

「ツールは分かったけど、カメラとかマイクとか機材は、どうすれば良いの?」

と思ったのではないでしょうか?

大丈夫。

オンラインセミナーの実践機材

パソコンやスマホがあれば、オンラインセミナーを実践できます。

  1. ソフトやアプリをインストールする
  2. アカウントなどを準備する
  3. セミナーを配信する

手順は、たったこれだけです。

オンラインセミナーは、たったこれだけの手順で、実践することができます。

驚くほど、簡単ですね。

開催の注意事項

オンラインセミナー開催の注意事項は、以下になります。

  1. 事前に、参加方法を伝えておく
  2. 安定したネット回線(光回線)を利用する
  3. 参加者にも、安定したネット回線(光回線)で参加してもらう
  4. ツールの使い方を共有しておく(マイクのミュート方法など)
  5. グループワークや質問をするなど、集中力を維持してもらう
  6. …etc

他にも、注意する点はあります。

ですが、難しく考えると、いつまで経っても実践できないでしょう。

まずは、開催しよう

まずは、テストで良いので、1回オンラインセミナーを開催してみましょう。

スモールビジネスの利点は、機動力の高さ。

1度やってしまえば、あとは「修正」していけば良いだけです。

書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

オンラインセミナーの実践は、難しくありません。

まずは、ソフトやアプリをインストールしてみては、どうでしょうか。

オンラインセミナー、おすすめです。

あわせて読みたい
【自主セミナーとは】Zoomオンライン開催がオススメな理由とやり方 【自主セミナーとは】Zoomオンライン開催がオススメな理由とやり方
あわせて読みたい
【格安&おしゃれな貸会議室3選】講師におすすめのセミナー開催会場 「もし、集まらなかったらどうしよう?」 セミナーを開催するコンサルタントや士業などの講師にとって、一番の不安は集客でしょう。 良いコンテンツを作り 入念にリハー...
あわせて読みたい
【自主セミナー集客のコツ】見込客リストを集めること1点に尽きる 【自主セミナー集客のコツ】見込客リストを集めること1点に尽きる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる