自主セミナー集客のコツ | 見込客リストを集めること1点に尽きる

ウチでは、これまで多くの講師のセミナーをサポートしてきた。

元々は集客を代行したり、撮影を請け負ったりする、セミナー支援業で、年間100〜200のセミナーに携わってきた。たくさんのセミナー講師と会っていると「セミナーに集客できている人と、できていない人」の違いが自然と見えてくる。

結論から言おう。安定的にセミナー集客できている人は、「見込客リスト」を普段から集めている。もちろん、他にも両者の違いはある。だが、最もインパクトの大きいものを1つ挙げるとすれば、この1点に尽きる。

見込客リストとは簡単にいえば、メールアドレスのことである。安定的にセミナー集客できている人は、このメールアドレスリストを普段から集めている。そして、定期的にメールマガジンを配信して、接触頻度を保ちつつ、セミナーを開催するときにはその告知をする。

日々のメルマガで信頼関係を構築しているので、セミナーに集客できないということはなく、むしろキャンセル待ちが発生しているくらいだ。反対に、安定的にセミナー集客できていない人は、メールアドレスを集めていないことが多い。

たいていの場合、セミナーを開催すると決まってから、集客のための活動を始める。たとえば、

  1. セミナーズやこくちーずなどのセミナー告知サイトに登録する
  2. チラシを交流会や懇親会で配る
  3. フェイスブックイベント招待通知を送る

といった活動である。もちろん、これらの集客手段でもセミナーに集客することはできる。だが問題は、「継続できない」ということだ。

セミナー開催の目的を忘れてない?

コンサルタントや士業・講師などの、専門性の高いビジネスをしている人たちがいる。その場合、今のところ最適なビジネスモデルは、フロントセミナーからのバックエンド商品販売である。

  1. フロントセミナーを開催する(低単価)
  2. 1対1の個別コンサルティングを受注する(高単価)
  3. 1対多のグループコンサル・講座を開催する(中単価)

この流れが、最も成果の出やすいビジネスモデルといえる。(もちろん、他にもビジネスモデルはあるが。)成果の出ている多くのコンサルタント型ビジネスは、このモデルをおこなっている。

キモは、フロントセミナーの開催だ。ここに人を集められなければ、商品を販売することができない。コンサルティング契約やグループコンサル、講座、すべての商品はセミナーが起点となる。

だから、フロントセミナーは継続的に開催することが前提なわけだ。ビジネスモデルから逆算して、継続的なフロントセミナーの開催が前提であることが分かった。そしたら、そのセミナーへの集客方法も、継続性のあるものを採用しなければならないのは言うまでもないだろう。

告知サイト登録やチラシ配布、フェイスブックイベント招待といった方法は、継続的に取り組むことができないため、メインの集客方法にはなりえない。ビジネスモデルが成立しないからだ。(生産性を度外視するなら別だが。)

この問題を解決するために必要な活動が、「見込客リスト集め」というわけである。ビジネスモデルはいい感じなのに、セミナーに集客できないばかりにうまく回っていない。その原因は見込客リストの大切さを忘れてしまっているからかもしれない。

日々の小さな活動の積み重ねが、大きな成果の違いとなって表れる。今一度、見込み客リストの大切さを思い出しておこう。

編集後記

見込み客リストを普段から集めることは、とても地味で大変な作業だ。

  1. ブログ記事を更新する
  2. リスティング広告、フェイスブック広告を出稿する
  3. ユーチューブ動画を撮影・アップロードする

などの活動を継続的に行わなければならない。とはいえ、大量のアクセスが必要なわけじゃない。もちろん、交流会や懇親会で名刺交換した人もスキャンするなどして、見込客リスト化しておく必要がある。

でもそのおかげでセミナーに集客することができて、開催を中止せずに済むのであれば、時間を割いてでも取り組む価値があるんじゃないだろうか。毎回告知サイトへの登録やチラシの配布、フェイスブックイベントでの招待といった方法をおこなうよりは、よっぽどいいのではないだろうか。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで