fbpx

ウェブサイトを単体で作成しただけでは集客できない理由【肝は仕組み化】

「ウェブサイトだけでもなんとか作成してほしいんですけど、、、。」

過去に制作サポートを行っていた時に、こんなお客さんがいました。

もちろん、このご要望は丁重にお断りさせていただきました。

なぜなら、、、。

今の時代、ウェブサイトだけでは集客に繋がりにくい

例えば、すごくおしゃれなデザインのウェブサイトを作ったとして、そのサイトからお客さんを獲得するとしたら、お問い合わせでしょうか。

ウェブサイトに訪れたユーザーがお問い合わせフォームから、商品・サービスのお問い合わせをしてくる。

こんなことは、SNSなどの他のメディアでの影響力がない限りは、可能性がほぼ0だと思って下さい。

お問い合わせは割とハードルが高い

お問い合わせは文章を考えないといけないので、割とハードルが高いです。

それに、先程の触れたようにSNSなどの影響力といった信頼性がないと、そこまでのアクションをする方はかなり少ないです。

やはり、ここにお願いしようという確信がないと、人は行動しません。

ブログを更新して専門性をアピールも難易度高め

そもそも、仮にすごくおしゃれで高デザインのウェブサイトを作ったとして、そのサイトをお客さんに見てもらう必要があります。

SNSなどの他のメディアを運営していなかった場合、多くの方がSEOを思い浮かべると思います。

そうなると、トップページのみのサイトでは無理がある為、ブログ記事を更新しますね。

ですが、現在SEOはかなり難易度が高いです。

  • サイト設計
  • 内部リンクの配置
  • 被リンクの獲得
  • SNSとの連携…etc

これらが、ちゃんと戦略立てられて実践出来ていないと、思うような効果はないです。

また、Googleのアルゴリズム変更もありますし、他のサイトも同じように戦略立てて運営しているので、難易度が高いという訳です。

肝は見込み客を集めをする事

じゃあ、どうしたらいいのかというと、

  • 無料の商品を作成
  • 無料の商品案内ページ(オプトインページ)を作成
  • 無料の商品と引き換えにアクセスをリスト化する

といった仕組みが必要になってきます。

ウェブサイトといった単体手法ではかなり厳しいです。

なので、ウェブサイトだけ作成してほしいというお客さんご要望をお断りした訳です。

では、これについて深掘りしていきます。

見込み客をリスト化

皆さんは、Facebookを閲覧していて、無料でコンテンツを配布している広告を見たことがないですか?

実際にクリックをして、無料のコンテンツを受け取った経験があるはずです。

ウェブから集客したいと考えているのなら、怪しいからとか、売り込まれるだろうからとかは思わずに、必ずは登録してみるべきです。

上記で何を行っているのかというと、自分の商売に対して少しでも興味がある見込み客を集めているという訳です。

多くの方は、一番安心(プラットフォームに依存しない為)なメールアドレス、他にもLINE@の友達登録があります。

そして、そのメールアドレス、LINE@のユーザーなどのリストに対して、情報提供や価値提供をしていく必要があります。

サイト×メール配信サービス

見込み客のリストを集める仕組み化を実践するには、当然ウェブサイトのみでは実現出来ません。

他にも「メール配信サービス」が必要になってきます。

この、メール配信サービスとウェブサイトを組み合わせる必要があります。

そして、無料のコンテンツを作成する為にもツールは必要になります。

テキストコンテンツを作成する場合は、以下のようなツールが必要になります。

無料オファー作成の際に使える!PDF作成ソフト3選

動画コンテンツの場合は、撮影ソフトが必要で、場合によっては動画編集ソフトも必要です。

ハードルがあるという場合は、スマホで撮影するなどの工夫して実践して下さい。

編集は、もちろんした方が望ましいですが、そこでハードルを感じて実践が止まってしまうくらいなら、ホワイトボードを用意して図解するなどの工夫をすればいいと思います。

商品を販売する為のページ作成ツールも必要

今回は、話をシンプルにする為に、集客の入り口の部分に集中して解説しています。

これは始まりに過ぎず、メールアドレス登録後はメールを随時配信(ステップメール)して、販売をしないと商品・サービスは売れません。

なので、「ランディングページ」を用意する必要があります。

サイト、メール配信サービスの他に、ランディングページ作成ツールも必要という事です。

仕組み化の流れをまとめると、、、

仕組み化の流れをまとめると、

  • 無料のコンテンツを案内するページにアクセスを集める
  • 興味を持ったユーザーはメールアドレスを登録する
  • そのメールアドレスにメールを送って情報提供する
  • ランディングページで商品を販売する

といった流れです。

上記を実践する為に、必要なツールを漏れなく組み合わせる必要があります。

私たちは、仕組み化の事を「導線設計」ともいいます。

エレキギターの音は複数のエフェクターの組み合わせ

このツール同士を組み合わせを、例えるならエレキギターの音に似ています。

エレキギターの音の幅を広げたい考えた際に、エフェクター(音の幅を増やす機材)が必要になってきます。

このエフェクター、種類がかなり豊富で奏でる音の種類が増え、本格的にエレキギターで音質を追求していく上で、必須となってくる機器です。

バンドのギター演奏では、このエフェクターが複雑に組み合って、聞こえてきます。

この事から何が言いたいのかと言うと、この世の中では1つだけで完結することなんてなくて、複数の何かの組み合わせてであることが大半だということです。

ギターのように、個人差はあれど、その分野を追求したくなった時には、必ず何かを組み合わせる必要があります。

これはウェブ集客でも同じなんです。

ウェブ集客は例外なく仕組み化するべき

今回、ウェブ集客の仕組み化をかなり簡略化して解説しています。

これを難しそうで実践出来ないとか、自分の商売には関係ないという方います。

しかし、仕組み化しないと、自分の商品が説明不要で売れるような物、またはすでに一般的に知られているブランド力がある物でないと物が売れないです。

部分的な実践は、逆にウェブ集客の難易度を高めているという事をお伝えしないです。

仕組み化して始めてスタートラインに立った状態

この仕組み化する事が目的になっている人もいます。

しかし、これは最低限の状態であって、スタートラインに立った状態です。

ウェブマーケティングで上手くいっている方は、間違いなく仕組み化しています。

そこから色々と分析したり、見込み客の傾向を読んで無料のコンテンツを用意してリスト化、販売につなげています。

これを土台にしていないと、きっと皆さんが思い描く成果は得られないです。

編集後記

今回ご紹介した事を意識して取り組めば、ウェブ上の情報に惑わされる事がなくなりますよ。

LINE@がアツいとか、YouTubeを今やるべきといった情報です。

また今回はかなり簡略化しているので、しっかりと学びたい場合は、オリジナルで実践するよりも、誰かに教わることをオススメします。

オジリナルで実践するのは、かなり時間がかかる上に、しかも成果が確定できないので、オススメしません。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで