メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【リマーケティング広告とは】やり方や効果を初心者向けに簡単に解説

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

リマーケティング広告とは、ひとことで言うと

「絞り込んだユーザーに、アプローチできる広告」

のことです。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

絞り込んだユーザーに、アプローチできる広告

  • 一度サイトに、訪れたユーザー
  • 特定のページに、訪れたユーザー
  • 動画を、再生したユーザー

などのように、

「特定の条件を、満たしたユーザー」

だけに、アプローチすることができます。

リマーケティング広告のはじめ方

仕組みは、とても簡単です。

  1. タグやコードを、サイトに設置する
  2. ユーザーが、サイトに訪れる
  3. 広告管理画面で、オーディエンスとする

そして、そのオーディエンスに向けて、広告を出稿します。

かんたんに、始めることができる

たったこれだけで、リマーケティング広告をはじめることができます。

GoogleやYahoo!が提供する広告もそうですし、SNS広告もすべて同じ仕組みです。

細かい設定方法は、本や公式サイト、ブログ記事などを参照してください。

今回は、スモールビジネスが、どのように実際に活用していけば良いのかをご紹介します。

1ステップと2ステップ

あなたは、

  1. 1ステップマーケティング
  2. 2ステップマーケティング

という言葉を、聞いたことがあるでしょうか?

広告も2ステップの考え方で運用することで、費用を抑えることができます。

2ステップマーケティングとは

スモールビジネスにおけるマーケティングの基本は、2ステップマーケティングです。

「まずは、情報提供してから、販売しましょう」

2ステップマーケティングを簡単にいえば、こういうことです。

いわゆるフリー戦略を考えると、分かりやすいでしょう。

あわせて読みたい
【フリー戦略とは】スモールビジネスのマーケティングでの活用方法 フリー戦略の、話をしましょう。 フリー戦略とは、「無料」を、有効活用する戦略です。 たとえば、スモールビジネスでいうと、 まずは、無料で資料やPDFを提供すること...

スモールビジネスのウェブ集客の基本とは

スモールビジネスの、ウェブ集客の基本。

  1. 集客
  2. 育成
  3. 販売
  4. 維持

と、同じです。

集客→育成→販売→維持

具体的にいえば、以下のようなステップになります。

  1. ブログ記事やYouTube動画を更新する
  2. 無料でPDFや動画をプレゼントする
  3. ステップメールや動画で情報提供する
  4. 商品やサービスを販売する
  5. メルマガやニュースレターで関係性を維持する

商売繁盛している人の共通点

セミナーやワークショップを通して、多くのスモールビジネスオーナーを見てきました。

商売がうまく回っていて、業績の良い人のほとんどは、上記のモデルです。

実は、この流れ。

つまり「2ステップマーケティング」は、広告運用にも当てはめることができるのです。

たくさんの種類の広告

広告には、様々な種類があります。

種類が多すぎて、すべてを把握しきれないくらいです。

ですが、我々スモールビジネスは、細かいことを知る必要はありません。

細かいことを、知る必要はない

大まかに、

  1. 単価の、安い広告
  2. 単価の、高い広告

この2つが、把握できていれば、十分です。

単価の安い広告

一般的に、単価の安い広告は、

  1. 母数を確保できる
  2. けれど
  3. 成約率が低い

単価の高い広告

反対に、単価の高い広告は、

  1. 母数を確保できない
  2. けれど
  3. 成約率が高い

この両者の性質を、上手に活かすのです。

2ステップ広告運用

  1. 単価の安い広告で、母数を確保する
  2. ユーザーに、サイトに訪れてもらう
  3. リマーケティング広告で、成約をする

この流れが、2ステップ広告となります。

2ステップマーケティングの活用

要するに、

  1. いきなり、セールスしない
  2. まずは、資料請求やメルマガ登録してもらう

という、「2ステップマーケティング」を、広告でも活用するということです。

2回目以降で、成約を見込む

つまり、

  1. 1回目で、成約を見込まない
  2. 2回目以降で、成約を見込む

ということです。

リマーケティング広告の成約率が高い

どのような広告手法でも、たいてい「リマーケティング広告」の成約率が高くなります。

一度、サイトなり、ページに訪れているからです。

あなたもリマーケティング広告を、活用してみることをおすすめします。

書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

スモールビジネスの、広告出稿。

その活用においては、目下この、

「リマーケティング広告の、配信オーディエンスを増やすこと」

を、目的の一つとすると良いかもしれません。

「リマーケティングユーザー = 見込客の見込客」です。

あわせて読みたい
【動画広告とは】リマケリスト(見込客の見込客)集めに効果的に使う 【動画広告とは】リマケリスト(見込客の見込客)集めに効果的に使う
あわせて読みたい
【クリック < 成約】広告単価の相場や平均いくらかなんて関係無い理由 【クリック < 成約】広告単価の相場や平均いくらかなんて関係無い理由
あわせて読みたい
【インターネット広告を赤字にしない秘訣】商売の「腹巻き」にあり? 【インターネット広告を赤字にしない秘訣】商売の「腹巻き」にあり?

動画

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる