メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

【フリー戦略とは】ネット広告を具体例にして、集客の活用方法を考える

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

フリー戦略の話をしましょう。

フリー戦略とは、「無料」を有効活用する戦略です。

たとえば、スモールビジネスでいうと、

  1. まずは、無料で資料やPDFを提供することで見込客になってもらう
  2. その後の、本申込みや商品・サービスの購入で売上を立てる
  3. その売上で十分に、最初の販促費用を回収することができる

というものです。

フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略」という本もありますね。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

フリー戦略のメリット

もちろん、この戦略というのは「母数を確保できる」といった側面があります。

ですが、実は本当のメリットは、それだけではありません。

「興味のある人を集めることができる」

これこそ、スモールビジネスにとって、フリー戦略で最も大切なポイントになります。

ネット広告の具体例

ネット広告を例に取ると、分かりやすいでしょう。

リスティング広告やフェイスブック広告を運用している。

そうすると、クリック率やクリック単価が気になると思います。

  1. リスティング広告であれば、「品質スコア」
  2. フェイスブック広告であれば、「関連度スコア」

などに結びついてきますからね。

クリックより重要なのは…

でも誤解をおそれずにいえば、

  1. クリック率
  2. クリック単価
  3. 表示回数

これらの数字は、広告運用において大して重要ではありません。

当たり前の話ですが、それらよりも大切なのは「成約数(コンバージョン)」。

あるいは、「1成約あたりの単価」です。

この単価が、「費用<売上」となっているのであれば良いのです。

あわせて読みたい
広告出稿の目的は、申込獲得であって、クリック獲得ではない 広告出稿の目的は、申込獲得であって、クリック獲得ではない

成約が無ければ、すべて意味無し

言うまでもありませんが、

  1. どれだけクリック率が高くても、
  2. どれだけクリック単価が安くても、
  3. どれだけ表示回数があっても、

成約が無いのだったら、何の意味もありません。

広告はクリックさせるためではなく、成約させるために出稿しているからです。

最も大切なことは、最も大切なものを、最も大切にすることです。

この大前提を確認した上で、どうすれば成約数を上げることができるのか?

楽な営業とは、興味のある人に案内すること

そのヒントこそが、無料資料なりPDFなりの、フリー戦略になります。

この戦略の本質というのは、「興味がある人を集めることができる」ということでした。

営業活動において、興味のある人に案内することほど、楽なことはありません。

説得する必要が、無いからです。ただ、案内をすればいいのです。

ネット広告も、同じです。興味のある人に、集まってもらえばいいのです。

そうすれば、説得する必要もなくなります。

あわせて読みたい
リマーケティング広告を活用して、2ステップの広告運用をしよう リマーケティング広告を活用して、2ステップの広告運用をしよう

クリック率が高い=良いではない?

広告の分野でも、フリー戦略の考え方は大切なのです。

というか、広告の分野こそ、ですね。

その視点から見ると、データの見方や考え方が変わります。

たとえば、クリック率。

クリック率が高いというのは、むしろ広告費を高騰させてしまう可能性があります。

なぜなら、興味のない人まで集まってしまうからです。

クリックは、サブ指標

クリック率や、クリック単価をみる。

そうすると、何となく「運用してる感」があります。

でも、忘れてはいけません。

それらは、所詮サブ指標です。

成約に至るまでの、過程に過ぎません。

成約こそ、メイン指標

大切なのは、

  1. 成約数
  2. コンバージョン
  3. 1成約あたりの単価

です。

広告を出稿・運用する際には、フリー戦略を活用する。

そして、すべてを成約という目的から考えていきましょう。

編集後記

実のところ、クリック率や単価の、

  1. 相場
  2. 平均
  3. 目安

なんて、あまり関係ありません。

大切なのは、

  1. 成約数
  2. コンバージョン
  3. 1成約あたりの単価

です。

1成約1,500円が目標で、1成約あたり1,500円で取れている。

だったら別に、クリック単価は、

  1. 10円でも、
  2. 500円でも、
  3. 1,500円でも、

良いのです。

クリックのために、広告を出しているわけではありません。

成約を獲得するために、広告を出しています。

広告を出稿・運用する際には、フリー戦略を活用する。

そして、すべてを成約という目的から考えていきましょう。

あわせて読みたい
【どっちが難しい?】「無料集客(ブログ)」と「有料集客(広告)」 祖父が、事業家です。 会社は、創業40年を超えます。 40年以上続く会社をつくった祖父を、とても尊敬しています。 【祖父の言葉】 そんな祖父から昔話を聞いている時に...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる