メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【インターネット広告を赤字にしない秘訣】商売の「腹巻き」にあり?

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「またお腹出して~、ちゃんとしまいなさい!」

小さい頃から、寝るときに、いつもお腹を出してしまいます。

1年中そうなのですが、特に夏場はヒドイ。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

Tシャツは、どこへ?

気付いたら、「上半身ハダカ」なんて、日常茶飯事です。

寝るときには、ちゃんと着ていたはずのTシャツ。

朝起きた時には、あさっての方向に行ってしまっています。

一体、どんな寝相をしているのでしょうか。

「またお腹出して~、ちゃんとしまいなさい!」

自分でも、気になるところです。

そのおかげで、よく腹を下します。

子供の頃には、よくおかんに、

「またお腹出して~、ちゃんとしまいなさい!」

と、言われたものです。

ひとつだけ、成長したこと

このようにして、小さい頃から培った「お腹の弱さ」は、年を重ねた今でも顕在です。

一緒に多くの時を過ごすトイレは、私の大切な友人です。

ですが、一つだけ成長したことがあります。

それは、「腹巻き」を使っているということです。

自己管理も、仕事のうち

きっかけは、学生時代に読んだ本に、

「プロは、自己管理も仕事のうち」

と、書いてあったから。

それを読んだ次の日に、腹巻きを買ったことは言うまでもありません。

以来、1年中、腹巻きを使っています。

腹巻きの効用

腹巻きの効用の中でも、今回は特に、夏場に限った話をさせてください。

夏場に腹を下す原因は、様々ありますね。

  1. アイスクリームを、たくさん食べてしまう
  2. エアコンを、ギンギンにかけてしまう
  3. 飲み物に氷を、たくさん入れてしまう
  4. …etc

このようなことが原因で、多くの人が、夏場に腹を下します。

私だけは、大丈夫な理由

でも、私だけは大丈夫。

なぜかって?

そう、腹巻きをしているからです。

腹巻きをしていると…

腹巻きさえしていれば、

  1. エアコンが、ギンギンに効いた部屋で、
  2. アイスクリームを、食べながら、
  3. 冷たいメロンソーダを、飲んでいたとしても、

決して、腹を下しません。

腹巻きさえあれば、安心して夏を過ごせる

みんなが、トイレに駆け込む中。

私だけは、リビングでゆっくりと、くつろいでいられる。

腹巻きさえあれば、安心して夏を過ごせる。

トイレと私は、疎遠になってしまったのです。

商売と大いに関係がある

…。

…。

…。

商売と何の関係も無さそうな、この話。

実は、大いに関係があるのです。

広告は、怖い?

「広告は怖くて、出稿できません…」

スモールビジネスオーナーと話していると、このセリフを聞く機会が少なくありません。

スモールビジネスは多くの場合、「関係性」で仕事を獲得しています。

ですので、広告費を掛けないで、無料で集客していることが多い。

このこと自体は、悪いことではありません。

拡大だけが、商売じゃない

無料集客だけで、商売が成り立つ。

であれば、わざわざ広告を掛けて、有料で集客する必要などありません。

ですから、その場合は、広告費を掛けないで良いと思います。

「拡大だけ」が、商売では無いからです。

お金を出して集客するのが、怖い?

ただし、広告費を、掛けられない理由。

それが、

  • 「無料集客だけで、満足しているから」
  • ではなく、
  • 「お金を出して集客するのが、怖いから」

であれば、もったいないので、広告出稿を考えてみることをおすすめします。

広告が、怖い理由は、ひとつだけ

広告を出稿するのが、怖い理由。

それって、たくさんあるようで、実は、1つだけでしょう。

「黒字になるかどうか、わからない」

この、1点だけです。(違いますか?)

黒字になるとしたら…

はじめから黒字になることが、分かっている。

だとしたら、いくらでも広告費を掛けることができます。

でも、それが分からない…。

汗水垂らして稼いだお金が垂れ流しに

だから、心配になるのです。

汗水垂らして稼いだお金が、垂れ流しになる。

確かに、これほど怖いことはありません。

怖いのは、あなただけじゃない

でも、大丈夫。

怖いのは、あなただけではありません。

普通の感覚を持っていれば、広告出稿が怖いのなんて当たり前です。

むしろ、この感覚が欠けていたら、商売に向いてないでしょう。

なぜ、広告出稿できるのか?

では、なぜ広告出稿している人がいるのか。

なぜ彼らは、広告費を掛ける怖さを乗り越えられているのでしょうか?

その理由は、彼らが、「腹巻き」をしているからなのです。

商売の「腹巻き」とは?

…。

…。

…。

どういうことでしょうか?

この場合の、「腹巻き」とは、「バックエンド商品」のことです。

腹巻き=バックエンド商品

おさらいしておきましょう。

  1. バックエンド商品=利益を確保する商品
  2. フロントエンド商品=母数を確保する商品

広告費を掛ける商品というのは、フロントエンド商品です。

ここで母数を集めて、そのお客さんにバックエンド商品を案内します。

バックエンド商品があるから、広告費を掛けられる

フロントエンド商品を、買ってくれたお客さん。

その人は、一定の割合で、バックエンド商品を買ってくれます。

このバックエンド商品があるから、広告費を掛けることができるのです。

腹巻きをお供にしよう

つまり、安心して冷たい飲み物を、飲むことができるわけです。

腹巻きをしないで冷たい飲み物ばかり飲んでいたら、すぐに腹を下してしまいます。

「ダサい」と毛嫌いしないで、「腹巻き」をお供にしてみることをおすすめします。

書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

あなたは、「商売の腹巻き」である、「バックエンド商品」を持っているでしょうか?

もしバックエンド商品をきちんと持っていて、広告出稿に興味がある。

であるなら、まずは出稿してみることをおすすめします。

もしまだ、バックエンド商品を持っていない。

であるなら、一度時間をとって、商品設計を考えてみることをおすすめします。

バックエンド商品がなければ、ウェブ広告を赤字にせずに運用するのは、簡単ではありません。

あわせて読みたい
【無料集客と有料集客】どちらが難しい?起業初期ほど広告が有効な理由 祖父が、事業家です。 会社は、創業40年を超えます。 40年以上続く会社をつくった祖父を、尊敬しています。 【祖父の言葉】 そんな祖父から昔話を聞いている時に、こん...
あわせて読みたい
【インターネット広告のメリット】秋元康さんのインタビューに学ぼう 秋元康さんを、知っているでしょうか? おそらく、あなたも知っていると思います。 AKB48グループのプロデューサーで、企画力が優れていることで有名です。 【秋元康さ...
あわせて読みたい
【フリー戦略とは】スモールビジネスのマーケティングでの活用方法 フリー戦略の、話をしましょう。 フリー戦略とは、「無料」を、有効活用する戦略です。 たとえば、スモールビジネスでいうと、 まずは、無料で資料やPDFを提供すること...

動画

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる