メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【ペルソナ分析】ターゲット顧客の本当の悩みがわかるツール3選【無料】

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

商売やマーケティングについて学ぶと、十中八九、耳にする言葉があります。

それは、「ペルソナ分析」。

つまり、、

「ターゲット顧客について、とことんリサーチしなさい」

ということ。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

頭ではわかる。でも難しい…

でも正直なところ、なかなか難しいですよね。

そこで今回は、ペルソナ分析が簡単にできる方法をお伝えします。

  • ペルソナ分析をしても、いまいち集客につながらない
  • 本やセミナーで紹介される『ペルソナ分析ワーク』をやっても、ピンとこない
  • 自分に都合の良いペルソナ分析になって、リアリティが出ない

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

すぐにできる方法

ちなみに今回ご紹介する内容は、ビックリするくらい、簡単な方法です。

すぐに始められる方法なので、ぜひ試してください。

売り手の憶測や想像とは、まるで違う、現実的なペルソナリサーチ方法です。

結論、「アンケート」を活用しよう

「誰に何を提供するか」が、商売の基本原則。

正しいペルソナ分析をしなければ、死活問題になりかねません。

ならば、直接見込み客や既存顧客に聞いてみましょう。

自分で頭で考えても、想像の域を超えない

本やセミナーで学ぶと、色々なワークシートに出会います。

  • ペルソナ分析シート
  • ターゲットリサーチシート
  • 顧客分析ワークシート
  • …etc

自分で考えることは、大切です。

しかし、所詮、「想像」です。

大切なものを、「想像」で済ます?

商売の肝である、ペルソナ分析。

これを想像で済ますのは、あまりにも乱暴でしょう。

事実に基づいて、根拠を持って、決めるべきです。

答えは、お客さんの中

どんなに頭のいい人が考えても、最終的な答えは、お客さん(市場)が握っています。

つまり、聞いてみないとわからないんです。

だから、異口同音に、

「マーケティングではテストが大切」

と言われているわけですね。

あわせて読みたい
【ABテストとは】やる意味・やり方・注意点をウェブ広告を事例に解説 【ABテストとは】やる意味・やり方・注意点をウェブ広告を事例に解説

アンケートで、直接聞いてしまえ

そこで重宝するのが、「アンケート」なんです。

アンケートを活用するメリットとしては、

  1. 想像ではなく、実際の「生の声」を聞ける
  2. 求められているものが、すぐに分かる
  3. 自信も持って、商品開発ができる

が、あります。

アンケートを使えば、的をはずさない

本物の声なのですから、信憑性があります。

  • 商品・サービスを作る
  • ヘッドラインを考える
  • 広告の見出しを考える
  • メルマガの件名を考える
  • ブログ記事のタイトルを考える

商売の現場のあらゆるところで、アンケートが活躍します。

どうやってアンケートをとる?

「でも、どうやってアンケートを作ればいいの?」

ここですよね。次に考えるのは。

そこで今回は、無料で使えるアンケート作成ツールを3つ紹介します。

(1)SurveyMonkey

1つ目は、SurveyMonkey

SurveyMonkey
SurveyMonkey: 世界で最も愛される無料のオンラインアンケートツール SurveyMonkeyの無料オンラインアンケートツールを利用して、自分にとって最も大切な人々の声を集めましょう。

知名度もあるので、ご存じの方も多いかもしれませんね。

無料で豊富なテンプレートが使用でき、自由度が高いです。

集計結果を、リアルタイムで把握することができます。

「いますぐ結果がみたい」という方には、オススメです。

(2)Googleフォームアンケート

これまた、超便利なアンケートツールGoogleフォーム

あわせて読みたい
Google Forms: 無料のオンライン フォーム作成ツール | Google Workspace Google Forms を使用して、さまざまな質問形式でオンライン フォームやアンケートを作成しましょう。どのデバイスでもリアルタイムで結果を分析できます。

Googleが提供する、フォーム作成サービスです。

Googleのアカウントがあれば、誰でも作成可能。

特に嬉しい点は、

  • 集計結果をGoogleスプレッドシートに反映できる
  • しかも、リアルタイムで

です。

Googleのサービスを普段から使っている人は、親和性も高くていいですね。

(3)ミルトーク

最後に紹介するのは、ミルトーク

ミルトーク(法人サイト)|無料で...
ミルトーク(法人サイト)|無料でアイディア募集・意見募集・質問できるユーザートークサービス -Macromil... マクロミルが開発した無料の定性調査ツール。リアルタイムでインタビュー調査(グループインタビュー)が10分の1の費用で可能。アイディア募集・意見募集・質問ができる。

100件までの調査が、無料で行えるサービスです。

「トークルーム」や「きょうのひとこと」のようなコンテンツも充実しています。

世の中の需要のヒントが、盛り沢山なサイトになっています。

どうやって、アンケートをとるの?

ここまで、いかがでしょうか。

どれも無料伝えるサービスですので、一度サイトを覗いてみてください。

ここまで読んでいただいて、次なる疑問に直面しているかもしれません。

「そんで、どうやって作ったアンケートを送るの?」

この疑問です。

おすすめの、アンケートのとり方

アンケートは、送って回答してもらわなければ、意味がありません。

どうやって、送ると効果的か。

答えは、「メールマガジン」の活用になります。

メルマガ読者に、一斉に送る

メルマガであれば、一斉に読者のメールボックスに、届けることができます。

読者が1000人いれば、ワンクリックで1000人に情報を届けられるわけです。

このメルマガの特性を、アンケートに生かしましょう。

メルマガ×アンケート

実際私たちも、メルマガでアンケートを活用してきました。

その回答を参考にして、商品を開発するんです。

好評頂いているワークショップも、実はアンケートから生まれました。

あわせて読みたい
【9割が見落とす】メールマガジンを使った、効果抜群の集客方法 三枝 匡さんの著書「V字回復の経営」。 経営者であれば、一度は読んだことがあるかもしれませんね。 ざっくり要約すると、 凄腕コンサルタントが、 業績不振の会社を、 ...

アンケートで聞くこと

読者に対して、

  • 現在、悩んでいること
  • あったら嬉しいサービス
  • 達成したい目標
  • 行動の障害になっているもの

を聞きます。

すると、答えが返ってきます。

そこから着想を得て、商品を作ればいいんですね。

聞いてから、作る

「商品を作ってから、売る」のではなく、

「聞いてから、作る」んですね。

ぜひ、メルマガを使ってアンケートを行ってみてください。

お客さんが求めているものが、面白いようにわかりますよ。

このあたりの考え方は、書籍を参考にしても良いでしょう。

編集後記

アンケート結果の中には、意外な回答もあります。

アンケートを定期的に実施すると、常に新しい発見があるんです。

「自分よがり」な商売ではなく、「ペルソナ中心」の取り組みをしましょう。

あわせて読みたい
ウェブマーケティングを最短で成功させる方法【カンニングしよう】 ウェブ集客の手っ取り早い攻略方法!カンニングすればうまくいく

この記事への反響

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる