fbpx

トップ1%が実践!ネット集客系セミナーでのおすすめの学び方

「ネットから集客できるようになりたい」

これは、ほとんどのスモールビジネスの切実な願いです。

念願のネット集客を実現するために、多くの方は勉強します。

セミナー、塾、講座…あらゆるノウハウを学びます。

しかし、1つ覚えておくべきことがあります。

それは、勉強しすぎると悪影響を及ぼすこともある、ということ。

たとえ話を交えてお伝えします。

コレステロールの体への影響

  • 善玉コレステロール
  • 悪玉コレステロール
  • LDH
  • HDL

健康情報を見ていると、頻繁に耳にする言葉です。

先日、私たちのお客様である、治療家の方の勉強会にお邪魔してきました。

勉強会のテーマは、「コレステロール」。大変興味深い内容でした。

コレステロール=悪いもの?

コレステロールのイメージはどのようにお持ちでしょうか。

多くの人は、「コレステロール=悪」という考えが多いのではないでしょうか。

しかし、コレステロールというのは、栄養素です。

栄養素ですから、完全に悪いものではないんですね。

LDLとHDL

コレステロールで有名なのは、

  • LDL
  • HDL

の2種類があります。

LDLコレステロール

LDLコレステロールが増えると、

  • 体の隅々に運ばれるコレステロールが増える
  • その結果、動脈硬化を促進する

このような結果になります。

HDLコレステロール

HDLコレステロールは、

  • 体の隅々の余分なコレステロールを、肝臓に運ぶ
  • その結果、動脈硬化の防止の働きをする

という役割があります。

以上から、

  • LDLは悪玉
  • HDLは善玉

と言われています。

コレステロールは、栄養素

要するに、コレステロールといっても、悪いものだけではないのです。

そもそも、コレステロールは栄養素ですから。

では、どうしてコレステロールは栄養素なのに、健康に影響をおよぼすのか。

悪いのは、「余分に」あるから

それは、余分なものがあるからです。

余分なコレステロールがあると、LDLは活発になり、動脈硬化を進めてしまいます。

栄養素も余りすぎると、死に至る危険性もあるということですね。

これは、スモールビジネスの「ノウハウ学習」の際にも同じことが言えます。

いくら良いものでも、余ると意味がない

コレステロールは栄養素なので、体に良いはずです。

しかし、動脈硬化を引き起こし、死に至る可能性もある。

この事実は、

「いくら良いものでも余ると意味が無くなる」

ということを示唆しています。

ノウハウ=栄養

私たちスモールビジネスで言えば、知識やノウハウが当てはまります。

書籍やセミナーでたくさん勉強すれば、当然知識は増えていきます。

しかしながら、実践をしなければ、何も変わりません。

知識だけたくさん持っていても、意味がない

コピーライティングを血眼になって習得する。

ところが、ランディングページを作って集客しなければ、意味がありません。

そして、当然売上には繋がりません。

勉強するのは、気持ちが良いけど…

知識やノウハウを集めるのは、自分の成長が感じられるので、気持ちの良いことです。

だからこそ、注意が必要です。

「アウトプットして実践する」というステップまで届かない限り、成果はでませんからね。

知識・ノウハウも、余ると危険

知識も詰め込みすぎると、脳内に余ります。

余ってしまうと、それが足かせとなって、行動ができなくなります。

選択肢が多すぎて、挙句何をするべきかわからなくなるわけです。

ある程度食べたら、適度な運動をする。

知識を学んだら、すぐさま実践する。

その循環が心要なのです。

アウトプット前提のインプット

知識を学んで余らせないためにも、アウトプット前提のインプットをしていきたいですね。

「いつ使うかわからないけど、とりあえず学んでおく」

という学習を避けておけば、長期的に見ると、健康な商売ができそうですね。

学んだら、すぐ作る

ネット集客で言えば、以下のような癖付けをしましょう。

  1. ブログについて学んだら、すぐさまブログを更新してみる
  2. メルマガについて学んだら、すぐさまメルマガを発行してみる
  3. ランディングページについて学んだら、すぐさまランディングページを作る
  4. ステップメールを学んだら、すぐさまステップメールを組んでみる

インプットとアウトプットが、セットになっていることが大切です。

これが、ウェブ集客を成功させる最大のポイントです。

善玉なインプット、学習をしていきましょう。

(参考:ノウハウコレクターのあなたへ | 本やセミナー学習より大切なこと

編集後記

アウトプット前提の情報収集が、一番身になります。

ノウハウを習得したら、「自分のビジネスのどの部分で使うのか」をきっちり確認したいですね。

常に「これは自分の商売のあの部分で活用しよう」という着眼点が必要です。

手法やノウハウを学んだら、きちんと繋げていきましょう。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで