fbpx

今すぐできる!ランディングページの反応を上げる2つのポイント

ランディングページは、集客する上で必須のツールです。

そんな訳で、大半の人が、コピーライティングを学びます。

テンプレートに当てはめて、セールスレターをしたためます。

そして、告知を開始。

あれ、反応がない…

渾身のランディングページをリリースするも、お申込みが入らない。

こんなケースを、よく聞きます。

おかしいですよね。しっかり作ったのに。

申込みが来ない原因は?

原因として多いのが、テンプレートにこだわりすぎている、ということです。

「よし、このテンプレを使えば、きっと私も」

と、期待を胸にランディングページを作る。

ところがその際に、テンプレートを埋めることが目的になってしまう人が多いんです。

ランディングページを読む人の気持ちが、見えにくくなってしまうんですね。

「読む人」のことを第一に

ランディングページを作る目的。

それは、申込みを得ることです。(自己満足ではありませんよね?)

でも、いざ作る側になると、大切なことを忘れがちです。

その時は、「読む人」の側で、考えてみましょう。

選ぶ側、購入者側になった途端、見えてくることがあります。

お客さんに選ばれるには?

ここを考える事例として、美容室の話をします。

「どの美容室がいいかな~」

ランチをした女性友達から、聞かれた質問です。

「自分で決めなさい」

正直、これが私の回答です。

とは言え、私はこういう類の話が好きなので、沢山語り合いました(笑)。

美容室の選び方

その友達の美容室の選び方は、こんな流れでした。

  • スマホで検索する
  • ホットペッパーなどの情報サイトを見る
  • 口コミをチェックする
  • 自分の好みに照らし合わせてお店を選ぶ

まぁ、一般的な探し方ですよね。

どこがいいかわからない…

ところが、彼女は非常に悩んでいました。

引きも切らずに、美容室のウェブページが出てくる。

「結局どこがいいかわからない」という状態になってしまったんです。

そん中、その友達は言います。

「でもね、もう3つには絞ってあるんだ」と。

選ばれし3つの美容室

数多くある美容室の中で、すでに彼女の中では、大方決まっているというのです。

男性の私から見たら、正直どの美容室のページも、同じでした。

頭がこんがらがっている私に、彼女は説明してくれました。

「ほら見て~」と美容室のページを見せながら、自分が選んだ根拠を話し始めました。

選ばれた美容室の共通点

彼女の説明を受けた後、私は3つの美容室のページの共通点に気づきました。

彼女の選んだ美容室のページには、

  • こうなれますよ
  • こんな人におすすめですよ

という要素が、例外なしに含まれていたのです。

これって、私たちの商売でも同じことが言えます。

美容室のページにあたるのが、商品・サービスを販売するランディングページ。

私たちで言えば、こう考えることができます。

2つの判断基準

実際にその友達は、

  • 「こんなイメージになれるんだって」
  • 「私はこのタイプだから、これがいいと思う」

というように、その2つを判断基準を持っていました。

未来像と適性

つまり、ページに書かれていた、

  • 具体的未来像
  • 自分に本当に合っているか

といった部分に、惹かれたということになります。

これは、ランディングページでも、同じように考えられます。

テクニックよりも大切なこと

コピーライティングというと、様々なテクニックがあります。

しかし、そのテクニックを全部使えばいいかというと、そんなことはありません。

極論、お客様に行動してもらえなければ、意味がありません。

あらゆる技を使う前に、最低限の部分は抑えましょう。

自分のランディングページは大丈夫?

ご自身のランディングページには、

  • 具体的未来像
  • 自分に本当に合っているか

の2つは書かれていますか?

簡単なのは、「お客さんの声」を見せること

  • 具体的な未来像として、既存のお客さんの声を集める
  • 適性を理解してもらうために、ターゲットと似た人の推薦の声を集める

こうすることで、お客様が勝手にイメージしてくれるようになります。

2つの要素、お忘れなく。

(参考:ランディングページとは|ホームページとの違いから丁寧に解説

編集後記

女性の意見を取り入れることは、何かの突破口になることもありそうですね。

具体的な未来像を見せるために有効なのは、成功ストーリーや既存客の事例について伝えることです。

「こんなお客さんが、こうなりました」

というストーリーを入れることで、自然とベネフィットを感じてくれます。

何か、ストーリーを思い浮かべてみましょう。

音声

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで