fbpx

「白けるドッキリ番組」と「クレームが発生する原因」の共通点とは?

「テッテレー!ドッキリ大成功!」

ドッキリ番組は、安定して人気がある。

毎週1回くらいは、ドッキリ番組がやっているイメージだ。

あるドッキリ番組の話

YouTube上にも、いろいろなドッキリ動画がある。

こないだも夕食を食べながらテレビを見てると、ドッキリ番組がやっていた。

ある女優が、お笑い芸人を騙す「お色気」ドッキリだ。

開始10秒で、白けた理由

「おもしろそうだな〜」と思って見ていたのだが、開始10秒くらいで白けてしまった。

ドッキリにも関わらず、二人とも、小さなピンマイクがついていたのだ。

さらに、屋外でのドッキリ。

にも関わらず、色々な角度から映像が撮られていて、かつカメラが動いていた。

ヤラセだな〜

「絶対に、演者も気付いてるだろう。これは、ヤラセだな〜」。

純粋に、ドッキリを楽しみたかった。

だが、そんな風に考えてしまって、全然内容が入ってこなかった。

純粋に、楽しみたかったのに

もちろん、別にあら探しをするために、テレビを見ていたわけじゃない。

むしろ、リフレッシュするために、ドッキリを純粋に楽しむ気マンマンだった。

そして、当然テレビ局も、視聴者を騙そうとしていたわけじゃないだろう。

生まれた誤解

「ヤラセなの?」と聞いたとする。

すると、「いえ、これは正真正銘ドッキリです。」と胸を張って答えるに違いない。

つまり、テレビ局と視聴者との間で、誤解が生まれてしまっているわけだ。

商売でも、同じようなことが起こる。

先に言えば説明、後で言えば言い訳

商品やサービスを、販売した。

その後に、お客さんからクレームが発生する原因。

これは、販売側と購入側との認識の違いが主なものだ。

販売側は、「伝えなくてもわかる」と思っている。

でも、購入側に伝わっていなければ、クレームになる。

「先に言えば説明、後で言えば言い訳」なわけである。

先に言わないから、疑ってしまう

ドッキリの例でいえば、

  1. タレント2人が、小さなピンマイクをつけている理由
  2. 屋外にも関わらず、カメラがたくさんあっても大丈夫な理由
  3. どういう仕組みで、カメラが動いているのか

これらを先に説明しないから、視聴者は疑ってしまうわけだ。

ウソに、敏感

現代は、ウソに敏感なのだ。

  1. 視聴者を楽しませるために、大げさな表現をする
  2. お客さんに買ってもらうために、誇大コピーで訴求する

両者は、同じことをしている。

「盛ること」や「ハッタリ」も、時には大切だろう。

だが、ウソにならないように、バランスを取らなくちゃいけない。

等身大で、いくこと

対処法としては、「等身大で、勝負する」と決めてしまうと良い。

効用は、

  1. 無理せずとも、付き合いができる
  2. 「理想的なお客さん」とだけ、仕事ができる
  3. ウソをつかないで、済む

ようになること。

ウソをつかないで、済む。

その上に、自分と合うお客さんとだけ、仕事ができるようになる。

これこそ、一石二鳥だろう。

編集後記

「盛りすぎていないか?」

あらためて、確認してみよう。

(参考:ウソをつくと、「合わないお客さん」と、付き合わなきゃいけなくなる

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで