fbpx

「一般」人と言われる筋合いはないし、「説教」される筋合いもない

「タレントの○○さんが、結婚を報告。お相手は、一般人です」

寝っ転がりながら、本を読んでいたら、テレビのニュースが耳に入ってきた。

「またか…」。この手のニュースを聞くと、いつも違和感を覚える。

「一般人」と「特別人」?

「一般」の反対は、「特殊」「特別」だ。

「お相手は、一般人」なら、○○さんは「特別人」なのか?

百歩ゆずって、○○さんはじめ、芸能人が特別人だとしよう。

それでも、芸能人以外を、「一般人」と呼ぶのは、ちょっと違うだろう。

テレビに出ている人と出ていない人

今の時代は、「テレビに出ている人」と「テレビに出ていない人」。

両者の垣根が、どんどんと取り払われてきている。

AKB48のコンセプトは、知っているだろう。

「会いにいけるアイドル」だ。

一貫性の無さ

最近ではツイッターのつぶやきを、番組に反映させる番組なんかも増えてきてる。

視聴者に迎合してるにも関わらず、「芸能人」以外を「一般人」と呼んで、線を引く。

「一貫性がないな~」と、感じざるを得ない。(あまり、考えていないんだろう。)

同時に、何よりも大切にすべきである視聴者を、小馬鹿にしていると感じてしまうのだ。

「一般」と言われる筋合いは無い

少なくとも、個人的には、極めて不快に感じた。

あるいは、いつも不快に感じている。

悪いが、「一般」人と言われる筋合いはない。

これは、商売でも同じではないか。

「ちょっと、違うんじゃないかな~」

仕事柄、さまざまなメルマガやブログを購読している。

ニュースレターやハガキも、毎週のように届く。

そうすると、「ちょっと、違うんじゃないかな~」

と、感じる情報発信をしているものが、結構ある。

「~~しないから、ダメなんですよ」

  1. 「~~しないから、ダメなんですよ。」
  2. 「~~してないのに、結果が出るわけ無いじゃないですか。」
  3. 「~~という甘い考えなんて、捨てましょう。」

などと、ひたすら読者のことを、ボロクソに言っているのだ。

これって、テレビ局と同じことをしていないだろうか?

「敵」を「お客さん」にしちゃ、ダメ

テレビ局にとって何よりも大切にすべきなのは、お客さんである視聴者だ。

そして、商売人にとって、何よりも大切にすべきなのは、間違いなくお客さんだ。

お客さんに、響くメッセージとする。

そのために「敵」を設定することや、「極端な表現」をするというのは有効ではある。

でも、「敵」を「お客さん」にしちゃ、ダメだろう。

長期的には、どっちにいきそう?

過激な表現に響く人。

そういう人は、「一般人」と呼ばれても何とも感じない、マヒ状態レベルの人だけだ。

「長期的にみた場合、どっちにいきそうか?」

を考えることは、この件に限らず、とても大切だろう。

これからは、先述のような表現では、お客さんを獲得できない時代になる。

というか、すでになっている。(肌感覚で、わかりそうなものだが)

反面教師にしよう

私が「特別」で、あなたが「一般」というメッセージは響かない。

むしろ、嫌悪感を感じるだけだ。

私が「一般」で、あなたが「特別」。

あるいは、私もあなたも「一般」or「特別」。

テレビ局を、反面教師にして、情報発信しよう。

編集後記

「敵」を、「お客さん」にしてしまっていないか?今一度、見直してみよう。

「過激な表現」をそのまま伝えるなんて、誰でもできる。

難しいのは、過激な表現を調整することだ。

表現するメッセージを、自分の頭で考えた上で伝えていこう。

(参考:ウソをつくと、「合わないお客さん」と、付き合わなきゃいけなくなる

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで