メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

情報を発信するときに、「敵」を「お客さん」に、しちゃっていませんか?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「タレントの○○さんが、結婚を報告。お相手は、一般人です」

寝っ転がりながら、本を読んでいたら、テレビのニュースが耳に入ってきました。

「またか…」。この手のニュースを聞くと、いつも違和感を覚えます。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

「一般人」と「特別人」?

「一般」の反対は、「特殊」「特別」です。

「お相手は、一般人」なら、○○さんは「特別人」なのでしょうか?

百歩、千歩、万歩、ゆずって、○○さんはじめ、芸能人が特別人だとしましょう。

それでも、芸能人以外を、「一般人」と呼ぶのは、ちょっと違うでしょう。

テレビに出ている人と出ていない人

今の時代は、「テレビに出ている人」と「テレビに出ていない人」。

両者の垣根が、どんどんと取り払われてきています。

AKB48のコンセプトは、知っているでしょう。

「会いにいけるアイドル」です。

一貫性の無さ

最近ではツイッターのつぶやきを、番組に反映させる番組なんかも増えてきています。

視聴者に歩み寄ってるにも関わらず、「芸能人」以外を「一般人」と呼んで、線を引く。

「一貫性がないな~」と、感じざるを得ません。

同時に、大切にすべきである視聴者を、小馬鹿にしていると感じてしまうのです。

「一般」と言われる筋合いは無い

少なくとも、個人的には、極めて不快に感じました。

あるいは、いつも不快に感じています。

「一般」人などと、言われる筋合いはありません。

これは、商売でも同じではないでしょうか。

「ちょっと、違うんじゃないかな~」

仕事柄、さまざまなメルマガやブログを購読しています。

ニュースレターやハガキも、毎週のように届きます。

そうすると、「ちょっと、違うんじゃないかな~」

と、感じる情報発信をしているものが、結構あるのです。

「~~しないから、ダメなんですよ」

  1. 「~~しないから、ダメなんですよ。」
  2. 「~~してないのに、結果が出るわけ無いじゃないですか。」
  3. 「~~という甘い考えなんて、捨てましょう。」

などと、ひたすら読者のことを、ボロクソに言っているのですね。

これって、テレビ局と同じことをしていないでしょうか?

「敵」を「お客さん」にしちゃ、ダメ

テレビ局にとって大切にすべきなのは、視聴者です。

(視聴者がいるから、スポンサーは広告を出したいと考えます。)

そして、商売人にとって、大切にすべきなのは、お客さんです。

お客さんに、響くメッセージにする。

そのために「敵」を設定することや、「極端な表現」をするというのは有効ではあります。

ですが、「敵」を「お客さん」にしちゃ、ダメでしょう。

長期的には、どっちにいきそう?

過激な表現に響く人。

そういう人は、「一般人」と呼ばれても何も感じない、ある種マヒ状態の人だけです。

「長期的にみた場合、どっちにいきそうか?」

を考えることは、この件に限らず、とても大切でしょう。

これからは、先述のような表現では、お客さんを獲得できない時代になります。

というか、すでになっています。

反面教師にしよう

私が「特別」で、あなたが「一般」

というメッセージは響きません。

むしろ、嫌悪感を感じるだけです。

私が「一般」で、あなたが「特別」。

あるいは、私もあなたも「一般」or「特別」。

テレビ局を、反面教師にして、情報発信していきましょう。

編集後記

「敵」を、「お客さん」にしてしまっていないか?

今一度、見直してみましょう。

「過激な表現」をそのまま伝えるなんて、誰でもできます。

難しいのは、過激な表現を調整することです。

表現するメッセージを、自分の頭で考えた上で伝えていきましょう。

(参考:スモールビジネスやフリーランスは、自分と合うお客さんとだけ付き合おう

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる