fbpx

「なぜ、大切なのか」を理解してもらわなければ、練習も購入もしない

「ウチは、12球団1の練習量」

落合博満さんが監督をしていたときの、中日ドラゴンズ。

練習量が、12球団で1番だったという。

納得

それが在任期間8年間で、4度のリーグ優勝を果たした原動力だったと語る。

ものすごい単純な理由だが、納得の理由だ。

そんな落合さんが相撲の八角親方に聞かれて、指導者論について語っていた。

「なぜ、大切なのか」

  1. 相撲の基本は、「四股・てっぽう・すり足」
  2. 野球の基本は、「ランニング」

これが一番大切だけど、一番イヤなもの。

だから、「なぜ、これが大切なのか」を理解させないといけない。

と、話していた。

私も野球をやっていたので、「その通りだなぁ〜」と思った。

同時に、商売も同じだと思ったのだ。

商品を、案内する前に

商品やサービスを販売するときに、いきなり案内する。

これは、あまり賢い方法とはいえない。

  1. 「この商品は、こんなに素晴らしいんです!」
  2. 「他とは、こんなに違うんです!」

といきなり言ったところで、お客さんからすれば、何の興味もない。

じゃあ、どうすればいいのか。

「なぜ、 大切なのか」

これこそが、落合さんの話との共通点である。

  1. 指導者として、プレーヤーに、「なぜ、大切なのか」を理解してもらう
  2. 販売者として、お客さんに、「なぜ、大切なのか」を理解してもらう

どちらも、同じく大切ということである。

「嫌だけど、大切な練習」をサボるのは、その大切さを理解できていないから。

指導者も販売者も、似ているところがある。

落合さんに学んで、「なぜ、大切なのか」をきちんとお客さんに伝えていこう。

編集後記

「なぜ、大切なのか」

もちろん、「(お客さんにとって)なぜ、大切なのか」である。

「なぜ、大切なのか」を、きちんとお客さんに伝えていこう。

(参考:高単価商品を販売する秘訣