キングオブコント2016 松本のコメントから学ぶ情報発信法

「はよ出てこいや〜!」

ゆっくりと登場する審査員の「バナナマン」、「さまぁ〜ず」、「松本人志」への浜ちゃんのツッコミから、2016年のキングオブコントは始まった。

エンタの神様、爆笑レッドカーペットなどの大型お笑い番組が特番化されてから、若手芸人が世に出てくる機会としては、ますますM1とキングオブコントが登竜門になっている。

漫才の「M1」、コントの「キングオブコント」である。中でも2016年のキングオブコントが、個人的には記憶に残っている。優勝したのは、「ライス」というコンビ。

キングオブコントは採点制なので、前述の審査員が得点をつける。もちろん、ライスも含めて、それぞれの芸人のネタはとても面白かったのだが、今回伝えたいのは演者の芸人の方ではない。

審査員のコメントの方だ。各芸人がネタを披露した後、得点を発表する前に審査員がコメントをする。その中で、「ななまがり」という芸人に対しての松本人志のコメントが印象に残った。

ななまがりのネタの詳細については割愛するが、良くも悪くも「普通に」おもしろいというものだった。それに対して、松本人志は「もうひとまがり欲しかったな〜」、「裏切りがなかった」とコメントをしたのだ。

個人的には、「なかなか辛辣なコメントだな〜」と思ったのだが、「確かにその通り」だとも思った。そして、「これはお笑いに限ったことではない」と自らを戒めた。

予定調和は、つまらない

次の展開が簡単に予想できてしまうものは、お笑いに限らず、とても退屈だ。

映画しかり、小説しかり、漫画しかり。(「あえて予想させる」というテクニックもあるが、話がブレるので今回は取り上げない。)実は、ブログ記事しかり、メルマガ文章しかり、ホームページしかりなのである。

我々スモールビジネスが発信する情報も、予定調和になっていないか確認する必要がある。なぜなら、予定調和は圧倒的につまらないからだ。今の世の中は情報が溢れているので、ユーザーはわざわざ何の変哲もない「つまらない」情報などに時間を割いてはくれない。

どれだけ情報の発信量を増やしても、肝心の中身がその他大勢と大差がなければ、ユーザーはなかなか振り向いてはくれないということである。世知辛い。でもきっと、あなたもそうしているはずだ。

じゃあ、どうすればいいのか?そのヒントが、松本人志のななまがりに対してのコメントなのだ。つまり、

  1. ひとまがり加える
  2. 予想を裏切る

ということである。あなたもご存知のように、これからの時代は「情報そのもの自体」の価値はどんどんと下がっていくといわれている。そんな時代に、なんの工夫もせずにただ「情報そのもの」だけを伝えていても、しょうがないのだ。

情報に付加価値を付ける1つの手段として、マンガ形式にする、ビジュアル化する、会話調にするなどの「形式的な工夫」もあるのだが、なかなか難しい場合も多いだろう。

それならば、「実質的な工夫」をしていこう。ひとまがり加えて、予想を裏切っていくのだ。

  • 「節税した方が損をします」
  • 「口下手の方が講師に向いています」
  • 「臆病の人こそ起業後、成功します」

ザッと最近、私が気になったメッセージをあげてみた。いずれも、

  1. ひとまがり加える
  2. 予想を裏切る

という条件を満たしている。我々スモールビジネスは、予定調和・退屈な情報ではなく、”ななまがり”な情報を発信していこう。

編集後記

  1. ひとまがり加える
  2. 予想を裏切る

ためには、そもそも相手が抱えているであろう

  • 予想
  • 先入観
  • 常識

を考えておく必要がある。それがわからなければ、裏切ることはできない。

まずは、裏切る前に「予想・先入観・常識」リストを作っておくことをおすすめする。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで