fbpx

スモールビジネスオーナーが、何よりも大切にしたい情報収集源

  1. 週刊東洋経済
  2. 週刊ダイヤモンド
  3. 日経ビジネス

さて、これらの経済誌。あなたは、購読しているだろうか。

ちなみに私は、購読していない。

サラリーマンの時は購読していた気がするが、今は一つも購読していない。

雑誌や新聞、購読してる?

「他の人は、どうなんだろう?」

と思って、スモールビジネスオーナーの知り合い十数人に聞いてみた。

すると、ビックリ。みんな、購読していなかった。

もちろん、知り合いといっても、10代や20代じゃない。

30代や40代、50代の、スモールビジネスオーナーたちだ。

私や私の知り合いが、「なまけ者」なのだろうか。

判明した事実

みんなサラリーマン時代は、購読していたみたいだ。

でも起業してからは、

「雑誌どころか、新聞すら購読していない人が多数派」

という事実が判明した。

もちろん、声を大にして自慢するようなことじゃない。

なぜ、購読しなくなる?

「雑誌や新聞なんて、購読する必要はない」

なんて、声高に主張したいわけでもない。

雑誌や新聞も、いいものだろう。

ただ、この事実は「おもしろい」と思った。

サラリーマンの時は、雑誌や新聞を購読していた。

にも関わらず、なぜ起業すると、購読しなくなるのだろう?

歯切れよく結論

「そんな暇は、無い」

細かいことを抜きにして、歯切れよく結論をいってしまえば、この一言だろう。

もちろん、まったく読まないというわけじゃない。

「読まない」のではなく、「購読しない」ということだ。

コンビニで立ち読みくらいは、するかもしれない。

どこから情報収集をしてる?

とはいえ、情報収集はスモールビジネスオーナーにとって、大切な仕事の一つでもある。

学習することをやめてしまえば、ゆるやかに衰退していくのは目に見えている。

知り合いのスモールビジネスオーナー達も、情報収集は怠っていない。

ただ、雑誌や新聞からは、情報収集をしていないというだけだ。

じゃあ、どこから情報収集をしているのか?

現場は、宝

それは、「現場」。

  1. 自らのお客さんとの、会話
  2. 事例を共有する、セミナーや勉強会
  3. 飲み会の、スモールビジネス仲間との会話
  4. …etc

などの情報には、現場感が色濃く出る。

そういうところで聞く話こそ、貴重な情報の宝庫なのだ。

地に足

現場は、宝。

  1. 自らのお客さんとの、会話
  2. 事例を共有する、セミナーや勉強会
  3. 飲み会の、スモールビジネス仲間との会話
  4. …etc

をして、丁寧に情報をまとめる。

そうしていたら、雑誌や新聞を読む時間が無くなるのも、うなづける。

現場を大切に

だから、魅力的な人は、

  1. 「フワッとした」話
  2. じゃなくて、
  3. 「地に足付いた」話

が、できるのだろう。

現場を差し置いてまで、必要な情報は、そう多くはない。

あらためて、現場を大切にしていきたいものだ。

編集後記

スモールビジネスオーナーの大半が、新聞や雑誌を購読していないことには驚いた。

(我々の周りだけかもしれないが)

現場の情報をまとめて新しいアイデアを実践すれば、直に販売向上に結びつく。

「せまい世間の情報しか、手に入らない」

と危機感を感じるかもしれないが、それでもいいんじゃないだろうか。

上っ面のひろい情報に触れたところで、頭でっかちになるだけかもしれない。

せまい世間だろうが、

「そこから、どれだけの教訓や知見を得られるか」

も、大切なんじゃないだろうか。

「頭の良い人たちの、思考や意見」も良いが、

「自らが経験してわかった、思考や意見」も、大切にしていきたいものだ。

(参考:お客さんの声の集め方 | 起業1年生でもできる簡単な3つの方法

音声