ブログ記事タイトルの決め方 | 自動作成サービスを活用しよう

  1. 「ブログ記事タイトルを上手に付けることができない・・・」
  2. 「できないこともないけど、今の時代に即しているのかわからない・・・」
  3. 「簡単に、時代に即したブログ記事タイトルをつくれないかな・・・」

今回は、このような悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けてお送りする。

ブログ記事タイトルを決めるのはとても苦労する。タイトル次第で成果が出るか出ないか決まってくるので、おろそかにすることはできない。だが、あるツールを使うことで、誰でも簡単に一定レベルのブログ記事タイトルを付けることができるようになる。

今回は、そんな「ブログ記事タイトルの決め方」についてお伝えする。ではさっそく、内容に入っていこう。まずは、「2ちゃんねらーはお笑いセンスがある」という話から。

「2ちゃんねらー」の類まれなるお笑いセンス

  1. リア充
  2. DQN
  3. メシウマ

なにを隠そう、これらの言葉は「2ちゃんねる」の住民「2ちゃんねらー」が使う言葉である。あなたは、2ちゃんねるを見るだろうか?私は、たまに2ちゃんねるを見る。

一般的に、2ちゃんねるというと、オタクや引きこもりが集まっているなどと思われているようだ。あまり良いイメージではないだろう。だが、私が見る限り、2ちゃんねるはそんなに毛嫌いするものでもない。むしろ下手なブログより、よっぽど面白い。

なぜ、2ちゃんねるが面白いのか?それは、「2ちゃんねらーの言葉づかい」にある。冒頭にあげた、3つの言葉。これら自体が、面白いわけではない。彼らは、その言葉の使い方がうまいのだ。絶妙な文脈で、「ポンッ」と言葉を繰り出してくる。

実際に見てみないと、この現場感は伝えにくいのだが、わかるひとにはわかると思う。私など、一人で2ちゃんねるを見てて、吹き出してしまうことすらある。そして、大切なことは2点だ。

  1. この感覚は決して2チャンネル特有のものではない
  2. 私が「熱狂的な2ちゃんねるLOVE」なわけではない

ということである。どういうことだろうか?

ネットの原理原則は「キーワードを抑えること」じゃない

2ちゃんねるは、インターネット黎明期から今までずっとある。

その他のウェブサービスが衰退する中、2ちゃんねるはずっとネット最前線で居続けている。この事実が何を意味するだろうか?それは、「2ちゃんねるは、ネットユーザーの要望を満たし続けている」ということだ。今も昔も、2ちゃんねるはネットの象徴である。

つまり、「2ちゃんねるは「ネットの原理原則」」ということである。驚きだろうか?だが、これは事実だ。ご存知の通り、原理原則を抑えることができれば、トレンドに流されることなく、長く繁栄することができる。

商売もネットも、同じである。そこで、一度あなたに立ち返って欲しい。「キーワードばかり、考えていないだろうか?」。ビックリ仰天するかもしれないが、キーワードは決してネットの原理原則ではない。2ちゃんねるは、キーワードを馬鹿みたいに繰り返していないだろう。

それでも、ネットの最前線に居続けているし、検索エンジンで上位表示され続けている。2ちゃんねるは、決してキーワードを抑えたサイトではない。そして、2ちゃんねらーはキーワードの羅列なんてしない。ただ、「キーワードの使い方」がうまいのだ。そして、それが面白い。

だから、ずっと2ちゃんねるはネットの象徴なのだ。この「2ちゃんねらーの、キーワードの使い方」を手っ取り早くマスターできたらどうだろうか?「そんなうまい話あるわけないだろ!」って?いやいや、あるのだ。それが「記事タイトル自動作成サービス」だ。

「記事タイトル自動作成サービス」を使えば、あなたも2ちゃんねらーと同じレベルの、ブログ記事タイトルを付けることができるようになる。まさしく、メシウマ。試してみることをおすすめする。

編集後記

ブログ記事タイトルに限らず、コピーライティングやキャッチコピーなどは、すでに成果の出ているものを参考にすることが効率的だし正しい。

今回紹介した「記事タイトル自動作成サービス」を使って、少しでもネットの原理原則「2ちゃんねる」の住民、2ちゃんねらーの言葉使いを真似してみることをおすすめする。

まずは、適当なキーワードを入力してみることから始めてみよう。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで