メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【仕事のキャパが大きい・小さいとは】お酒に強い・弱いとの共通点

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「あ〜、飲み過ぎた〜」

飲み会や晩酌をして、たくさん飲んだ次の日は、ものすごく後悔しますね。

朝起きると、頭がガンガンして、身体がダルい。

二日酔いの、典型的な症状です。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

二日酔い

間違いなく、その日の能率は落ちまくり。

何をやっても、うまく進みません。

さて、この二日酔い。

なりやすい人と、なりにくい人

  • なりやすい人
  • なりにくい人

がいます。

「酒に強い」と豪語している人ほど、意外と二日酔いになりやすいもの。

あなたは、どうでしょうか?

「強い」と思っている人と、「弱い」と思っている人

  1. 「酒に強い」と思っている人
  2. → 酒を飲めるので、たくさん飲んでしまって、二日酔いになる。

反対に、

  1. 「酒に弱い」と思っている人
  2. →酒を飲め(飲ま)ないので、あまり飲まずに、二日酔いにはならない。

多いか、少ないか

単純にいえば、酒を飲める量が、

  1. 多いか
  2. 少ないか

だけの、違いともいえます。

酒を飲める量が多い人が、「酒に強い」?

そして一般的には、

  1. 酒を飲める量が多い人が、「酒に強い」
  2. 酒を飲める量が少ない人が、「酒に弱い」

と、言われています。

でも、よく考えてみてください。

この解釈は、間違っているのではないでしょうか。

酒に、負けてる

酒を飲めたとしても、二日酔いになっている。

これじゃ、「酒に強い」とは到底いえません。

だって、酒に負けてるわけですから。

2つの条件

本当に、「酒に強い」人というのは、

  1. たくさん飲める
  2. 二日酔いにならない

この2つの条件を、満たした人のことでしょう。

一方だけでは…

どちらか一方だけを満たしていても、「酒に強い」とは言えません。

  1. 「酒に強い」と思っている人は、たくさん飲むので、二日酔いになる
  2. 「酒に弱い」と思っている人は、飲め(飲ま)ないので、二日酔いにならない

つまり、「酒に強い」と思ってる人、「酒に弱い」と思ってる人。

実はどちらも、「酒に弱い」わけです。

この話は、商売にも結び付きます。

キャパシティ

仕事のキャパ、というものがあります。

「キャパ」というのは、許容量(器)のことです。

このキャパというものも、「酒に強い」と同じで、誤解されているところがあります。

  1. 「キャパが大きい」というと、たくさんの仕事を一度にこなすことができる
  2. 「キャパが少ない」というと、一つの仕事にしか集中することができない

といったように、認識されています。

たくさんこなすだけ?

これ自体は、間違っているわけではありません。

酒でいうと、「たくさん飲める」ということです。

ですが、これだけでは、「キャパが大きい」とはいえません。

なぜか?

視点が、ひとつ抜けている

そう。

「視点が、ひとつ抜けている」からです。

つまり、「二日酔いに、なりにくい」に当たる視点のことです。

「二日酔いに、なりにくい」に当たる視点

今回でいう「二日酔いに、なりにくい」は、「心の余裕」といったところでしょうか。

  • 「二日酔いに、なりにくい」
  • =「心の余裕」

仮に、たくさんの仕事を、一度にこなすことができたとしましょう。

でも、心の余裕がなくて、他人に厳しく当たってしまう。

であるならば、「キャパが大きい」とは、言えません。

「キャパが大きい」人

本当に、「キャパが大きい」人。

その人は、たとえ仕事を抱えていたとしても、自分のことで精一杯になりません。

  • 他人に、気を遣うことができる
  • 人に、優しくすることができる

つまり、「酒に強い」と同じです。

「キャパが大きい」も、2つの条件を満たさなければなりません。

「酒に強い」と「キャパが大きい」の2条件

「酒に強い」の条件は、

  1. たくさん飲める
  2. 二日酔いにならない

「キャパが大きい」の条件は、

  1. たくさん仕事をこなせる
  2. 心の余裕がなくならない

2条件を満たしてこそ

この2つの条件を満たして、はじめて、

  1. 「酒に強い」
  2. 「キャパが大きい」

となるわけです。

たくさんのお客さんと、付き合う必要はない

「ストレスフリーで、できるだけ楽しく働きたい」

と願うなら、お客さんは、自らが決めた条件を満たした人に限定した方が良いでしょう。

そういうお客さんとだけ、付き合っていけば良いのです。

たくさんのお客さんと、付き合う必要は、無いのではないでしょうか。

我々は、スモールビジネスなのですから。

仕事術については、書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

どちらも2の方を、忘れてしまいがちです。

我々も、よく忘れてしまいます。

そんなときはいつも、

「どちらか一方だけじゃ、偽物。両方できて、本物」

と、言い聞かせています。

でないと、すぐに勘違いしてしまいますからね。

あわせて読みたい
【値下げ無しの顧客獲得方法】「ONE PIECE」のルフィの言葉に学ぼう 【値下げ無しの顧客獲得方法】「ONE PIECE」のルフィの言葉に学ぼう
あわせて読みたい
【ペルソナとは】正しい取り扱い方を西野カナさんのトリセツに学ぼう 西野カナさんの、「トリセツ」という曲。 商品に付いてくる、「取扱説明書」のようなフレーズが登場します。 この曲は、女性の、男性に対する気持ちを歌った曲です。 【...
あわせて読みたい
【お客さんとストレスフリーに付き合う方法】毒舌タレントに学ぼう 「おしゃべりクソ野郎」 これは有吉弘行さんが、品川庄司の品川祐さんにつけたアダ名です。 毒舌芸人として、TVで引っ張りだこになるキッカケとなったものです。 【ただ...

動画

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる