ブログ集客のこれから | 検索キーワード選定のコツなんて必要ない

  1. 「検索キーワード選定が難しくて、よくわからない・・・」
  2. 「検索キーワードを意識すると、変な文章やタイトルになってしまう・・・」
  3. 「そうなると、検索エンジンから集客できなくなってしまう・・・」

今回は、このような悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けてお送りする。「検索キーワードは選定するな」という話から、「検索キーワードよりも大切な共感ウェブライティング術」について。

ウチもウェブ集客をし始めたころは、検索キーワードを意識して「タイトルを決める」「文章を書く」といったことをやっていた。でも検索キーワードばかりを意識すると、不自然な文章になったり、あざといタイトルになったりする。まさしく、そんな状態だった。

何よりも、検索キーワードを意識すると「つまらない」。なぜか書く文章も、書くこと自体も圧倒的につまらなくなる。義務感でいっぱいになる。

業務で仕方なしにやってるなら別だが、我々スモールビジネスオーナーは「どうせやるなら楽しみたい」。「好きこそものの上手なれ」の体現者である。

つまらないことなんて、無いに越したことはない。安易に「べき論」に逃げなくていいのだ。検索キーワードを捨てることが、その解決の糸口になる。今回は、そんな「検索キーワード選定なしのウェブ集客術」についてお伝えする。

ではさっそく、内容に入っていこう。まずは、「検索キーワードは選定するな」という話から。

検索キーワードは選定するな

ウェブ集客において、「検索キーワード選定が大切」ということはよく聞くだろう。

グーグル検索、ユーチューブ検索、リスティング広告。これらにおいて、検索キーワードはとても大切だ。「検索キーワードを正しく選ぶことができれば、集客できる」というのがウェブ業界の常識といえる。

だが実は、ウェブ集客で大切なのは検索キーワードだけじゃない。というよりも、検索キーワードを気にし過ぎると集客できなくなる危険がある。(何よりも、つまらない)

よく言われている「検索キーワードによる、ウェブ集客のノウハウ」は、検索に引っかかるような検索キーワードで記事を書くこと、検索キーワードを組み合わせて記事や動画のタイトルを設定すること、販売に結びつくような検索キーワードで広告出稿すること。

このようなことがいわれている。だからみんな、検索キーワードを重視して記事を書いたり、動画を作ったり、広告を出稿したりする。すると、ブログ記事でいうと不自然な文章になってしまったり、検索キーワードの繰り返しになってしまったりする。

特に初心者ほど、そうだ。検索キーワードを意識しながら自然な文章を書くなんて、よっぽど文章力がある人でなきゃできない。そして何よりも、「みんなと同じことをやってしまう」のが一番の問題だ。

検索キーワードを選定する際には、大抵の場合検索キーワードツールを使うことになる。すると、みんな同じような検索キーワードを設定するようになるのだ。だって、誰が使っても同じ結果を検索キーワードツールは表示するのだから。

結果的に、どこかで見たことのあるようなタイトルの記事や動画が乱立するわけだ。もちろん集客できないわけではないが、そのような取り組みをしている限り、結局のところ「量」を追求したところが勝つということになる。

不毛な争いになってしまうわけだ。どうしても考えることを放棄して、頭を使いたくないなら別だが、できることなら不毛な争いなんてしたくないだろう。じゃあ、どうすればいいのだろうか?

検索キーワードを捨てる

勇気を持って、「検索キーワードを捨てる」という選択肢を選ぶということである。

実は現在のウェブ集客においては、必ずしも検索キーワードだけが大切ではなくなってきている。一番の要因は「ソーシャルメディアの台頭」だ。フェイスブックやツイッターをはじめとしたソーシャルメディアでは、そもそも検索キーワード検索という概念があまりない。

それよりも、「共感」や「親しみやすさ」、「個性」といった検索キーワード以外の部分が大切となる。あなたもそうだと思うが、ニュースフィードに流れてくる記事を読むかどうか、写真にいいねするかどうかは、検索キーワードでは選ばないだろう。

「なんかおもしろそう。」で読むかどうか、あるいは「いいね」や「シェア」をするかを判断する。わざわざ検索ボックスで検索キーワードを検索して、「いいね」や「シェア」をするコンテンツを探す人なんて超少数派なのだ。

つまり、ソーシャルメディア時代のウェブライティングにおいては、検索キーワードを捨てても支障はない、ということになる。そもそもウェブからの集客経路は、「検索エンジン」だけではない。

検索キーワードを重視し過ぎてしまう思考の危険性は、集客を検索エンジン(SEO)一本、「検索エンジンさまさま」「グーグルさまさま」にしてしまうことにある。ウェブから集客する手段なんて、他にいくらでもあるのに。検索エンジンなんて、それらの一つの手段にしか過ぎない。

フェイスブックでシェアするため、ツイッターでコミュニケーションを生むため、ユーチューブ動画のスクリプト代わりにするため、記事の広告を出稿するため。

パッと思いつくものをあげたが、検索エンジン(SEO)以外でもブログ記事の活用方法はいくらでもある。(というか、実際のところ、検索エンジン(SEO)だけで集客できているトコロなんて超少数派なのだ。)

ブログ記事はコミュニケーションのきっかけなのだから、検索エンジン(SEO)だけで役割を発揮するわけじゃない。繰り返すが、SNS時代のウェブライティングにおいては、検索キーワードを捨てても大した支障はない。

スモールビジネスにとってありがたい

このような状況は、我々のようなスモールビジネスにとっては、とてもありがたい環境になってきているといえる。検索キーワードを重視した「量」の勝負(不毛な争い)だと、どうしてもスタッフなどを多く抱えるトコロの方が強い。社員や外注ライターを総動員されたら、とうてい太刀打ちできない。

だが、検索キーワードを重視した「量」の勝負(不毛な争い)ではなく、「共感」や「親しみやすさ」、「個性」の勝負であれば「量」の勝負(不毛な争い)にはならない。むしろ、スモールビジネスの方に軍配が上がる。ここを上手に利用するわけだ。「弱み」なんてすぐに「強み」に変わる。

つまり、ソーシャルメディアが台頭する現代の商売において大切なのは、検索キーワード選定スキルといった小手先のテクニックじゃない。「共感」や「親しみやすさ」、「個性」を伝えることのできる「本物」の情報発信力が大切なのだ。

情報発信力とは、つまるところ、「書く力」と「話す力」。特にウェブにおいては、「書く力」が大切になる。ブログ、ソーシャルメディア、メルマガ、ランディングページ。すべてはウェブ上において文字で表現される。

その「書く力」を身につけるにあたっても、小手先のテクニックを求めないことをオススメする。小手先のテクニックっていうのは、たとえば「句読点の打ち方」とか「助詞の使い方」とかのことだ。

そんなもんやっても、習字と一緒で「個性のない文章」になるのがオチだ。じゃあ、どうすれば本物の「書く力」が身につくのか?

20歳の自分に受けさせたい文章講義

一番は「書くこと」だが、結論がこれじゃ元も子もないだろう。

そこで、いつもおすすめしている書籍を紹介したいと思う。

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」だ。

この本では、小手先のテクニックではなく、本物の「書く力」が身につく。一読をおすすめする。

編集後記

検索エンジン(SEO)からの集客で、検索キーワードが大切なことは変わらない。だけど集客方法は、検索エンジンだけじゃない、ウェブからの集客方法なんていくらでもある、ブログ記事はコミュニケーションのきっかけということを覚えておくと良い。

(参考:メディアは手段に過ぎない ブログ・メルマガは終わったのか?

今後もSNSやまた違ったウェブサービスやツールが出てくる。大切なのは、今回のことは「SNSが特別」ということじゃないということである。匿名から実名へ、一方向から双方向へ、ノウハウから共感へ。

何よりも「不自然」から「自然」へ。これらの大きな流れを把握することが何よりも大切だ。そもそも人間が検索キーワードを意識しながら文章を書くなんて、不自然極まりないのだ。

個性を感じてもらえる文章を書くためには、小手先のテクニックでは難しい。紹介した書籍を一読することをオススメする。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで