メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【SEO対策は意味ない?】集客の経路は「検索エンジン」だけじゃない

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

ウェブ集客において、

「キーワード選定が、大切」

ということは、よく聞くでしょう。

  1. Google検索
  2. YouTube検索
  3. リスティング広告…

これらにおいて、検索キーワードは、大切です。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

ウェブ集客の常識

「検索キーワードを正しく選ぶことができれば、集客できる」

というのが、ウェブ集客の常識といえます。

でも実は、ウェブ集客で大切なのは、検索キーワードだけではありません。

検索キーワードによる、ウェブ集客のノウハウ

というよりも、検索キーワードを気にし過ぎると、集客できなくなる危険があります。

一般的な、「検索キーワードによる、ウェブ集客のノウハウ」では、

  1. 検索に引っかかるようなキーワードで、記事を書くこと
  2. 検索キーワードを組み合わせて、タイトルを決めること
  3. 販売に結びつくような検索キーワードを、設定すること

このようなことが、述べられています。

キーワードを重視し過ぎると、起こる問題

ですからみんな、検索キーワードを重視して、

  1. 記事を書いたり
  2. タイトルを決めたり
  3. 動画を作ったり

します。

そうなると、ある問題が起こります。

不自然な文章、キーワードの繰り返し…

たとえば、ブログ記事でいうと、

  1. 不自然な文章に、なってしまったり
  2. 検索キーワードの繰り返しに、なってしまったり

します。

特に初心者ほど、そうです。

「みんなと同じ」になってしまう

「検索キーワードを意識しながら、自然な文章を書く」

なんて、よっぽど文章力がある人でないと、できません。

それに、「みんなと同じ」になってしまうのも、大きな問題です。

検索キーワードを選定する際には、大抵の場合、キーワードツールを使うことになります。

「どこかで見たことある」記事や動画が乱立する理由

すると、みんなと同じような検索キーワードを、設定するようになります。

だって、誰が使っても同じ結果を、検索キーワードツールは表示するのですから。

結果的に、どこかで見たことのあるような、記事や動画が乱立するわけです。

もちろん、それでも集客できないわけではありません。

「量」を追求する=不毛な争い

ですが、そのような取り組みをしている。

すると、結局のところ、「量」を追求したところが勝つということになります。

「不毛な争い」に、なってしまうわけです。

できることなら、「不毛な争い」など、しないに越したことはありませんね。

では、どうすれば良いのでしょうか?

検索キーワードを、捨てる

勇気を持って、

「検索キーワードを、捨てる」

という選択肢を選ぶ、ということです。

実は現在のウェブ集客においては、必ずしも、

「検索キーワードだけが、大切」

では、なくなってきています。

ソーシャルメディアの台頭

  1. Facebook
  2. Twitter
  3. Instagram

をはじめとしたSNSでは、キーワードよりも、

  1. 「共感」
  2. 「親しみやすさ」
  3. 「個性」

といった部分の方が、大切となります。

それに、そもそもウェブからの集客経路は、「検索エンジン」だけではありません。

ウェブからの集客経路は、「検索エンジン」だけじゃない

検索キーワードを重視し過ぎてしまう思考の危険性は、

  1. 検索エンジン(SEO)一本
  2. 「検索エンジンさまさま」
  3. 「Googleさまさま」

に、してしまうことにあります。

ウェブから集客する手段なんて、他にいくらでもあるのです。

検索エンジンなんて、それらの一つの手段にしか過ぎません。

ブログ記事の役割

ブログ記事だって、そうです。

  1. Facebookで、シェアするため
  2. Twitterで、コミュニケーションを生むため
  3. YouTube動画の、スクリプト代わりにするため
  4. 記事の広告を、出稿するため…

パッと思いつくものを、あげました。

検索エンジン(SEO)以外でも、ブログ記事の活用方法は、たくさんあります。

SEOだけで集客できているところなんて、超少数

というか、実際のところ、検索エンジン(SEO)だけで集客できている。

そんなところなんて、我々の知る限り、超少数です。(ごく、一部)

要するに、再現性が低いのです。

ブログ記事は、コミュニケーションのきっかけです。

検索エンジン(SEO)だけで、役割を発揮するわけではありません。

スモールビジネスにとってありがたい

検索キーワードを捨てても、大した支障は無い。

このような状況は、我々スモールビジネスにとっては、ありがたいと言えます。

「検索キーワードを重視した「量」の勝負(=不毛な争い)」

だと、どうしてもスタッフなどを多く抱えるトコロの方が強い。

社員や外注ライターを総動員されたら、とうてい太刀打ちできません。

「量」の勝負=不毛な争いをしない

ですが、検索キーワードを重視した「量」の勝負(=不毛な争い)ではなく、

  1. 「共感」
  2. 「親しみやすさ」
  3. 「個性」

の勝負であれば、むしろ、スモールビジネスの方に軍配が上がります。

スモールビジネスに軍配が上がる

ここを、上手に利用するわけです。

「弱み」なんてすぐに、「強み」に変わります。

つまり、ソーシャルメディアが台頭する現代の商売において大切なこと。

それは、キーワード選定スキルといった、小手先のテクニックではありません。

  1. 「共感」
  2. 「親しみやすさ」
  3. 「個性」

を伝えることのできる、情報発信力が大切というわけです。

「書く力」と「話す力」

スモールビジネスで、汎用性のある情報発信力といえば、「書く力」と「話す力」。

(もちろん、他にも情報発信手段はあります。)

中でもまずは、「書く力」(≒考える力)が、大切になります。

(話すときは、それをスクリプト代わりにして、話すこともできます。)

「書くこと」

「書く力」を、身に付ける。

その際も、小手先のテクニックを求めないことをオススメします。

では、どうすれば小手先ではない、「書く力」が身に付くのでしょうか?

一番は、実際に「書くこと」です。

書いていきましょう。

書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

検索エンジン(SEO)からの集客で、検索キーワードが大切なことは変わりません。

ですが、

  1. 集客方法は、検索エンジンだけじゃない
  2. ウェブからの集客方法なんて、いくらでもある
  3. SEOだけで集客できているところなんて、超少数
  4. ブログ記事は、コミュニケーションのきっかけ

ということを、頭に入れておくことをおすすめします。

あわせて読みたい
【ブログ記事の最適な文字数とは】リンカーン大統領の演説に学ぼう リンカーン大統領のゲティスバーグ演説を、知っていますか? 「人民の、人民による、人民のための政治」 (government of the people, by the people, for the people)...
あわせて読みたい
【ブログで集客できない?】江戸時代の寺子屋の教科書・教育法に学ぼう 【ブログで集客できない?】江戸時代の寺子屋の教育方法に学ぼう
あわせて読みたい
【アクセス至上主義とは】ブログ集客の重要点は大艦巨砲主義に学ぼう 第二次世界大戦(太平洋戦争)で、最も有名な戦艦といえば、何でしょうか? 間違いなく、「大和」でしょう。 「宇宙戦艦ヤマト」という、アニメもありますね。 年配層だ...

動画

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる