スモールビジネスのブログ集客のコツ | 江戸時代の寺子屋に学ぶ

寺子屋といえば、江戸時代の学校だ。「手習い」とも呼ばれた。

現代の子どもは、6歳のころに小学校に通う。江戸時代の子どもは5歳〜8歳のころに、寺子屋に通ったそうだ。寺子屋は学校だから、当然教科書がある。ではこの教科書が、何種類あったと思うだろうか?ちょっと想像してみて欲しい。

5種類?10種類?それとも、20種類?いや違う。なんと、7000種類もあったという。7000だ。とてつもない数だろう。「そんなにいるか?」と思うが、なぜ7000種類もの教科書があったのだろうか?それは、地域や職業、子どものレベルごとに最も適した教育をするためなのだ。

たとえば、江戸下町の商人が多い地域では『商売往来』を使い、職業の知識を教えたという。子どもたちは商売に使う用語や単位、商売の心得などを学んだわけだ。

また学校というと、机を並べて生徒全員が先生の方を向くというイメージがあるだろう。だが、寺子屋ではひとりひとりが、それぞれ違う方向を向いていた。教える内容が画一的じゃなかったので、先生(手習い師匠)はひとりひとりに適した内容を教えていたのだ。

だから、机が同じ方向を向いている必要はなかった。こんな風にして、寺子屋では画一的な教育ではなく、ひとりひとりに適した教育をおこなっていた。ここから、現代の商売が学ぶことがある。

みんなと同じことをしていないか?

商売について、学べば学ぶほど画一的になっていく。要するに、みんなで同じことをするようになる。

たとえば、ブログ集客を例に取ってみよう。スモールビジネスであれば、ブログをやった方が良いとよく言われるだろう。特にブログ集客コンサルタントみたいな人や、ブログ集客代行業者は、ブログの有効性を声高に強調する。

当たり前だ。彼らはそれで、食っているのだから。でもブログを書くのが、得意じゃない人もいる。そんな人は、無理してブログをやらなくてもいいのだ。だって、集客手段は、ブログだけじゃないのだから。他にも手段は、いくらでもある。

  1. ユーチューブ
  2. ツイッター
  3. フェイスブック
  4. メルマガ
  5. リスティング広告
  6. ディスプレイ広告
  7. フェイスブック広告
  8. etc

大切なのは、「みんなと同じことをする」ではなく、「自分に適したことをする」ということだ。なぜ寺子屋には、7000種類もの教科書があったのか。ひとりひとりに適した教育を行なうためだ。現代の商売も、同じこと。

みんながブログをやっているからといって、あなたがブログをやらなきゃいけないわけじゃない。ユーチューブが得意ならユーチューブをやればいいし、フェイスブックが得意なら、フェイスブックをやればいい。

もっといえば、パソコンが苦手ならオフラインで飲み会や交流会に行くなど、人付き合いに力を入れればいい。大切なことは、自分に適したことをするということだ。

自分はどんなことが得意なのか。どんなことが最も適しているのか。じっくり考えてみてから、本腰を入れて取り組むものを見極めていこう。

編集後記

ブログ記事が書けないからといって、「ウェブから集客することができない」なんて考える必要はない。

もしコンサルタント先生に依頼するなら、ブログ”だけ”が正解ですという人ではなく、ブログ”も”おすすめですという人を選ぼう。

「これだけが正解」というノウハウなんてものは無い。(それはノウハウではなく、宗教と呼ぶ。)

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで