戦艦大和から学ぶ ウェブ集客でアクセスアップの前にやるべきこと

「戦艦大和は沈没しない」

第二次世界大戦(太平洋戦争)で、最も有名な戦艦といえば、間違いなく「大和」だろう。

宇宙戦艦ヤマトがヒットしたこともあって、年配層だけでなく、若年層にまでその名が広く知れ渡っている。(といっても、平成世代の若者にはあまりなじみがないかもしれないが。)

この戦艦大和、沈まない船「不沈艦」といわれた。建造期間はおよそ2年10ヶ月。当時のお金で約1億4,000万円もの費用をかけて建造された。

大和が建造されたときの日本の思想は、『大艦巨砲主義』と呼ばれるものだった。とてつもなく簡単にいうと、「より大きく、より強い戦艦があれば戦争に勝てる」といった思想のこと。

この思想は、日露戦争の日本海海戦で、東郷平八郎率いる日本海軍がバルチック艦隊を撃破してから、太平洋戦争までずっと信じられてきた。でも、現実は異なっていたのだ。太平洋戦争の主力戦力は、航空機だったし、大和は戦艦同士の戦いではなく、航空機によって沈没させられている。

大活躍を期待されて就役した大和も、その実力を発揮できず、「大和ホテル」などと揶揄されながら、海に沈んでいった。つまり、『大艦巨砲主義』という「前提」があったからこそ、年月と費用をかけて建造された戦艦も、その「前提」が崩れてしまえば無用の長物となってしまうということだ。

これは、ウェブ集客でも同じことがいえる。

アクセス至上主義とは?

「アクセスがあればうまくいく」

ウェブ集客における大艦巨砲主義が何にあたるかというと、『アクセス至上主義』だ。

この思想の前提は、「より沢山のアクセス、より多くのPVがあればうまくいく」ということ。「より大きく、より強い戦艦があれば戦争に勝てる」と同じだ。

でも例によって、現実は違う。どれだけアクセスが沢山あっても、適切な案内ができなければ、「うまく」はいかない。アクセスアップに取り組む前にやるべきことがあるのだ。(特にスモールビジネスは。)

  1. ブログやYouTubeに訪れる
  2. メールアドレスを登録する
  3. ステップメールで情報が届く
  4. 商品・サービス案内ページをみる
  5. 購入する(or メルマガで別商品購入)

というウェブ導線をキッチリと設計していなければ、せっかくのアクセスも垂れ流しになってしまう。

そもそも沢山のアクセスを集めること自体が難しい。アクセスアップに固執するということは、戦艦で戦うことばかり考えて、新しい選択肢(航空機)が見えていない状況とよく似ている。

「前提」が変われば、「結果」も変わる。アクセスばかりを追い求めるのではなくて、目的から今一度考えてみることをおすすめする。

編集後記

アクセス集めに邁進することが悪いとは思わないし、アクセスを集めているサイトをひがむ訳でもない。

ただ、アクセス集めばかりに頭がいってしまうと、ウェブ集客に取り組むのが嫌になってしまう時がある。

ゴールがあまりにも遠くて、進歩が実感できないと、つまらなくなってしまうからだ。

自分自身もそう感じる時がある。そんなときには、戦艦大和の話を思い出してみよう。

この記事への反響

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで