メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。スモールビジネスオーナーに向けて、ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【ブログ記事の最適な文字数とは】リンカーン大統領の演説に学ぼう

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

リンカーン大統領のゲティスバーグ演説を、知っていますか?

「人民の、人民による、人民のための政治」

(government of the people, by the people, for the people)

リンカーン大統領

という、有名なフレーズ。

このフレーズは、ゲティスバーグ演説中の言葉です。

アメリカだけでなく、日本に住む我々も知っていますね。

目次

有名なのは、フレーズだけじゃない?

ただ、この演説。

「有名なのは、フレーズだけではない」ということを、知っているでしょうか?

実は、他の演説に比べて、「短い」ことでも有名なのです。

ちょっと、予想してみてください。

1時間?2時間?3時間?

どれくらいの長さだったと思いますか?

  • 1時間?
  • 2時間?
  • 3時間?

実は、、、

ゲティスバーグ演説の時間

「2分」です。

誤字ではありません。

たったの、「2分」です。

  • 1分、2分、3分の「2分」です
  • 120秒の、「2分」です
  • カップラーメンが、まだ出来上がらない「2分」です

「うそだ〜」と、思いませんか?

日本に住む我々も知っている有名な演説

アメリカだけでなく、日本に住む我々も知っている有名な演説。

その演説の時間は、たったの2分だったのです。

もしも、

  • うそだ〜
  • そんなわけないでしょ〜
  • …etc

と思うなら、調べてみてください。

あわせて読みたい

後世の多くの人が参考にした演説

リンカーン大統領は、この「2分」で、歴史に残る名演説を披露したのです。

大統領や講師など、後世の人間の多くが、リンカーン大統領の演説を参考にしたそうです。

ゲティスバーグ演説には、3つのポイントがあるといいます。

ゲティスバーグ演説のポイント

  1. 短い
  2. わかりやすい
  3. 繰り返す

この3つが、ゲティスバーグ演説のポイントなのだそうです。

(参考:『あの演説はなぜ人を動かしたのか (PHP新書) 川上 徹也著』)

短い

「短い」というのは、2分という演説の時間からも明らかですね。

わかりやすい

「わかりやすい」というのは、難しいラテン系の言葉を使わない。

簡単なアングロサクソン系の言葉を、使ったということだそうです。

繰り返す

「繰り返す」というのは、同じ意味の言葉は、できるだけ、1つの単語を繰り返すこと。

これらの要因によって、演説がひとつの話題に集約された。

そして、シンプルに伝えたい事を伝えることができたというわけです。

この、3つのポイント。

実は、ウェブ集客で文章を書くときも、同じように大切になってくるのです。

ブログ、ランディングページ、メルマガ…

  1. 短い
  2. わかりやすい
  3. 繰り返す

この3つのポイントは、

  • ブログ記事を書くとき
  • ランディングページのライティング
  • メルマガを書くとき
  • …etc

の際にも、活用することができます。

実は近頃、誤った認識が、ウェブ界隈で広まっています。

それは、、、

誤った認識

「コンテンツは長ければ、長いほど良い」といった、認識です。

  • ブログ記事であれば、だいたい5,000文字以上
  • ランディングページであれば、ひたすら縦長にする
  • …etc

といった具合です。

目的は、文字数?

ブログや、ランディングページ。

ただ単純に、「文字数が、多ければ良い」というわけではありません。

「ユーザーの、要望を満たす」ことこそが、目的です。

もちろん、結果的に文字数が多くなる場合もあるでしょう。

ユーザーの要望を満たすこと

ですが、あくまでそれは、結果論に過ぎません。

少ない文字数で、ユーザーの要望を満たせる。

であれば、1,000文字程度でも、一向に構わないわけです。

目的は、上位表示?

目的は、

  • 文字数を稼ぐことでは、ありません
  • 検索エンジンで、上位表示されることでも、ありません

ユーザーの要望を、満たすことです。

上位表示されることに意味があるのか

仮に、長い文字数のコンテンツの方が、上位表示されるとしましょう。

でも、そのことに何の意味があるのでしょうか。

我々は、スモールビジネスです。

ユーザーの要望と商品・サービスの購入

目的は、

  • 検索結果の上位に表示することでは、ありません
  • SNSで、シェアされることでも、ありません。

あくまでも、「ユーザーの要望を、満たすこと」が目的です。

もっといえば、その先の「商品・サービスの購入」が目的ですよね。

「手段」と「目的」

ひたすらに文字数を増やして、上位表示ばかりを狙う。

これは、「手段」が「目的」に変わってしまっています。

それに、そんな状況も長くは続かないでしょう。

検索エンジン側の思惑

なぜなら、検索エンジン側も、

「ユーザーの要望を、満たす」

コンテンツを、上位表示したいからです。

(でないと、検索エンジンを利用してもらえなくなってしまいます。)

2分なら2分。1,000文字なら1,000文字

ただ単純に、文字数が多く、縦に長いだけでは、ユーザーの要望を満たせないでしょう。

つまり、ユーザーの要望を満たすために、

  • 必要な時間が、2分なら、2分で表現する
  • 必要な文字数が、1,000文字なら、1,000文字で表現する

ということです。

無理をしないこと

1,000文字で十分に、伝えることができる。

にも関わらず、上位表示されるからと、無理に5,000文字以上にする。

そんなことをする必要は、ありません。

冷静になって考えてみれば、こんなこと、当たり前ですよね。

スモールビジネスの目的

ブログでも、ランディングページでも、メルマガでも、変わりません。

我々は、スモールビジネスです。

  • あくまでも目的は、ユーザーの要望を満たすこと
  • その上で、商品・サービスを購入してもらうこと

手段と目的を忘れることなく、ウェブ集客に取り組んでいきたいものです。

書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

リンカーン大統領の、ゲティスバーグ演説。

その他、様々な名演説を解説してくれている本があります。

今回の記事の元ネタとなった本ですので、良かったら読んでみてください。

あの演説はなぜ人を動かしたのか (PHP新書) 川上 徹也著

あわせて読みたい
【アクセス至上主義とは】ブログ集客の重要点は大艦巨砲主義に学ぼう 第二次世界大戦(太平洋戦争)で、最も有名な戦艦といえば、何でしょうか? 間違いなく、「大和」でしょう。 「宇宙戦艦ヤマト」という、アニメもありますね。 年配層だ...
あわせて読みたい
【ブログで集客できない?】江戸時代の寺子屋の教科書・教育法に学ぼう 【ブログで集客できない?】江戸時代の寺子屋の教育方法に学ぼう
あわせて読みたい
【Web導線設計とは】遊戯王カードの封印されしエクゾディアに学ぼう あなたは、遊戯王カードを知っているでしょうか? 我々と同じ世代なら、遊戯王カードをプレイしていたでしょう。 上の世代であれば、お子さんがハマっていたかもしれま...
目次