メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

【目的重視】ブログの最適な文字数やSEOなんて考えなくて良い理由

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

リンカーンのゲティスバーグ演説は、とても有名です。

「人民の、人民による、人民のための政治」

(government of the people, by the people, for the people)

というフレーズ。

このフレーズは、ゲティスバーグ演説の中の言葉です。

アメリカだけでなく、日本に住む我々も知っていますね。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

有名なのは、フレーズだけじゃない?

ただ、この演説。

「有名なのは、フレーズだけではない」ということを知っているでしょうか?

実は、他の演説に比べて、「短い」ことでも有名なのです。

ちょっと、予想してみてください。

どれくらいの長さだったと思いますか?

  • 1時間?
  • 2時間?
  • 3時間?

実は、、、

ゲティスバーグ演説の時間

たったの、「2分」です。

ちなみに、誤字じゃないですよ。

「2分」です。

  • 1分、2分、3分の「2分」です。
  • 120秒の、「2分」です。
  • カップラーメンが、まだ出来上がらない「2分」です。

「ウソ〜??」と思いますよね。

本当なんです。(ウソだと思うなら、調べてみてください。)

後世の多くの人が参考にした演説

通常の演説は、15分程度。

長いものだと、1時間、2時間に渡ります。

そんな中、リンカーンのゲティスバーグ演説は、わずか「2分」でした。

リンカーンは、この「2分」で、歴史に残る名演説を披露したのです。

大統領や講師など、後世の人間の多くが、リンカーンの演説を参考にしたそうです。

ゲティスバーグ演説には、3つのポイントがあるといいます。

ゲティスバーグ演説のポイント

  1. 短い
  2. わかりやすい
  3. 繰り返す

この3つが、ゲティスバーグ演説のポイントなのだそうです。

(参考:『あの演説はなぜ人を動かしたのか (PHP新書) 川上 徹也著』)

短い

「短い」というのは、2分という演説の時間からも明らかですね。

わかりやすい

「わかりやすい」というのは、難しいラテン系の言葉を使わない。

簡単なアングロサクソン系の言葉を、使ったということらしいです。

繰り返す

「繰り返す」というのは、同じ意味の言葉は、できるだけ、1つの単語を繰り返すこと。

これらの要因によって、演説がひとつの話題に集約された。

そして、シンプルに伝えたい事を伝えることができたというわけです。

この、3つのポイント。

実は、ウェブ集客で文章を書くときも、同じように大切になってくるのです。

ブログ、ランディングページ、メルマガ…

  1. 短い
  2. わかりやすい
  3. 繰り返す

この3つのポイントは、

  • ブログ記事を書くとき
  • ランディングページのライティング
  • メルマガを書くとき
  • …etc

の際にも、活用することができます。

実は近頃、誤った認識が、ウェブ界隈で広まっています。

それは、、、

誤った認識

「コンテンツは長ければ、長いほどいい。」という認識です。

  • ブログ記事であれば、だいたい5,000文字以上
  • ランディングページであれば、ひたすら縦長にする
  • …etc

といった具合です。

あいまいさを残さずに、言い切ってしまいましょう。

これは、間違っています。

目的は、文字数?

ブログ、ランディングページ。

ただ単純に、「文字数が多ければいい」というわけではありません。

「ユーザーの、要望を満たす」。

これこそが、明らかな目的です。

もちろん、結果的に文字数が多くなる場合もあるでしょう。

ですが、あくまでそれは、結果論に過ぎません。

少ない文字数で、ユーザーの要望を満たせる。

であれば、1,000文字程度でも、一向に構わないわけです。

目的は、上位表示?

目的は、文字数を稼ぐことではありません。

検索エンジンで、上位表示されることでもありません。

ユーザーの要望を、満たすことです。

仮に、長い文字数のコンテンツの方が、上位表示されるとしましょう。

でも、そのことに何の意味があるのでしょうか。

我々は、スモールビジネスです。

目的は、検索結果の上位に表示することではありません。

SNSで、シェアされることでもありません。

あくまでも、「ユーザーの要望を、満たすこと」が目的です。

もっといえば、その先の「商品・サービスの購入」が真の目的です。

「手段」と「目的」

ひたすらに文字数を増やして、上位表示ばかりを狙う。

これは、「手段」が「目的」に変わってしまっています。

それに、そんな状況も長くは続かないでしょう。

なぜなら、検索エンジン側も、「ユーザーの要望を、満たす」ものを上位表示したいからです。

(でないと、検索エンジンを利用してもらえなくなってしまいます。)

ただ単純に、文字数が多く、縦に長いだけでは、ユーザーの要望を満たせないでしょう。

つまり、ユーザーの要望を満たすために、

  • 必要な時間が、2分なら、2分で表現する
  • 必要な文字数が、1,000文字なら、1,000文字で表現する

ということです。

スモールビジネスの目的

1,000文字で十分に、伝えることができる。

にも関わらず、上位表示されるからと、無駄に5,000文字以上にする必要なんてありません。

冷静になって考えてみれば、こんなこと、当たり前ですよね。

ブログでも、ランディングページでも、メルマガでも、変わりません。

我々は、スモールビジネスです。

  • あくまでも目的は、ユーザーの要望を満たすこと
  • その上で、商品・サービスを購入してもらうこと

手段と目的を忘れることなく、ウェブ集客に取り組んでいきましょう。

編集後記

リンカーンのゲティスバーグ演説をはじめ、様々な名演説を解説してくれている本があります。

あの演説はなぜ人を動かしたのか (PHP新書) 川上 徹也著

今回の記事の元ネタとなった本ですので、良かったら読んでみてください。

あわせて読みたい
スモールビジネスのウェブ集客に、大量のアクセスなど必要ない ウェブ集客における「最低限」とは、何だろうか。 結論からいうと、 ブログやYouTubeに訪れる メールアドレスを登録する ステップメールで情報が届く 商品・サービス案...
あわせて読みたい
結論。スモールビジネスのウェブ集客は、「最低限」で、十分 結論、ウェブ集客は、「最低限」で十分。 実業をおこなう、スモールビジネスオーナー。 あなたが、ウェブから売上を上げるためには、たいそうなことは必要ない。 「最先...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる