ブログ文字数論 | SEOに最適・少ない・多い・最低など関係ない

「人民の、人民による、人民のための政治」。リンカーンのゲティスバーグ演説はとても有名だ。「人民の、人民による、人民のための政治」というフレーズは、アメリカだけでなく、日本に住む我々ですら知っている。

ただこの演説、有名なのはフレーズだけではないということを知っているだろうか?実は、他の演説に比べて、圧倒的に「短い」ことでも有名なのだ。どれくらいだろう?2時間?1時間?それとも、30分?

いや、たったの「2分」だ。誤字じゃない。「2分」だ。ウソだと思うなら調べてみると良い。通常の演説が、15分から、長いものだと2時間に渡る中、ゲティスバーグ演説はわずか「2分」という短さだった。

繰り返そう。「2分」だ。リンカーンはこの「2分」だけで、歴史に残る名演説を披露したのだ。大統領や講師など、後世の人間の多くがリンカーンの演説を参考にしたそうだが、ポイントは3つに絞られるという。

  1. 短い
  2. わかりやすい
  3. 繰り返す

この3つがゲティスバーグ演説が秀逸な理由なのだそうだ。「短い」というのは、2分という演説の時間からも明らかだろう。「わかりやすい」というのは、難しいラテン系の言葉を使わないで、簡単なアングロサクソン系の言葉を使ったということらしい。

「繰り返す」というのは、同じ意味の言葉を言い換えないで、できるだけ1つの単語を繰り返すということだ。これらの要因によって、演説がひとつの話題に集約されて、シンプルに伝えたい事を伝えることができたというわけである。

その結果、ゲティスバーグ演説はアメリカの歴史に残る名演説となった。この3つのポイント。実は、ウェブ集客におけるブログやランディングページの文章でも同じように大切となってくる。

ブログもランディングページもゲティスバーグ演説と同じ

「短い、わかりやすい、繰り返す」。この3つのポイントは、ブログ記事を書くときも、ランディングページのライティングの際にも活用することができる。実は近頃、コンテンツSEO、コンテンツマーケティングの流行の結果、誤った認識がウェブ界隈で広まっているのだ。

それは、「コンテンツは長ければ、長いほどいい。」という認識である。ブログ記事であれば、だいたい5,000文字以上、ランディングページであれば、ひたすら縦長にする、といった感じだ。曖昧さを残さずに一刀両断してしまえば、これは完全に間違っている。

短期的にみた場合は、異なる場合もあるだろう。だが長期的にみた場合、大切なのは圧倒的に「量」ではなく「質」だ。ブログもランディングページも、ただ単純に「文字数が多ければいい」というわけではない。「ユーザーの要望を満たす」。これこそが明らかな目的だ。

もちろん、結果的に文字数が多くなる場合もあるだろうが、あくまでもそれは結果論に過ぎない。少ない文字数で、ユーザーの要望を満たせるのであれば、1,000文字程度でも一向に構わない。というか、その方が利便性が高いだろう。

仮に、長い文字数のコンテンツのほうが「上位表示」されるとしよう。でも、そのことに何の意味があるのだろう?目的は、検索結果の上位に表示することでもなければ、ソーシャルメディアでシェアされることでもない。

あくまでも、「ユーザーの要望を満たすこと」が目的であって、スモールビジネスであれば、その先の「商品・サービスの購入」が真の目的だろう。ひたすらに文字数を増やして、上位表示ばかりを狙っている人は、「手段」が「目的」に変わってしまっているわけだ。

(それでは、ゲティスバーグ演説でリンカーンの前に2時間もの演説をしたが、まったく後世に伝えられることのなかったエヴァレットの基調演説と同じになってしまう。要するに、退屈な校長先生の演説と同じということだ。)

それに、早晩グーグルが検索順位のアルゴリズムを変更するだろう。なぜなら、グーグルは「ユーザーの要望を満たす」コンテンツを上位表示したいからだ。ただ長ったらしいだけの記事なんて、ユーザーの要望を満たさないだろう。

つまり、ユーザーの要望を満たすために、必要な時間が2分なら2分で表現する。必要な文字数が1,000文字なら1,000文字で表現する。ということだ。1,000文字で十分なのに、上位表示されるからと、無駄に5,000文字以上にする必要なんてない。こんなこと、当たり前だろう。

ブログ記事でもランディングページでも、変わることはない。あくまでも目的は、ユーザーの要望を満たすこと。その上で、商品・サービスを購入してもらうこと。当たり前を忘れることなく、ウェブ集客に取り組んでいこう。

編集後記

リンカーンのゲティスバーグ演説をはじめ、様々な名演説を解説してくれている本がある。

あの演説はなぜ人を動かしたのか (PHP新書) 川上 徹也著

今回の記事の元ネタとなった本なので、良かったら。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで