fbpx

オンラインセミナーで参加者の集中力を維持させる3つのアイディア

中学生や高校生の時を思い出してください。

  • 寝る
  • ゲームをする
  • 他の科目の勉強する

授業中、こんな経験ありませんでしたか?

学級委員長や生徒会長でないかぎり、一度はやったことあるはずです。

昼飯後の授業

特に、お昼ごはんを食べた後の授業。

授業なんて聞いていられません。

睡魔が最高潮に達しているのですから。

試験間近の授業

それから、試験が間近に迫った授業。

集中なんてできません。

準備が間に合っていない、他の科目の勉強に専念したいんですから。

今思うと、先生も大変だったなと思います。

一生懸命授業をしているのに、寝ている輩、机の下でコソコソ何かをやっている輩がいるわけですから。

気が抜けない授業

しかし一方で、

  • 寝る
  • ゲームをする
  • 他の科目の勉強する

これらができない授業もありました。

それは、指される授業です。

「この問題分かる人いるか〜」

ことあるごとに指名されて、発表を求められる授業。

「この問題分かる人いるか〜。じゃ、○○君!」

指された瞬間、スポットライト(クラス全員の注目)は、「先生」から「自分」に当たります。

指されるから、ちゃんと聞く

こんな授業は、たまったもんじゃありません。片時も気が抜けない授業です。

このような授業では、普段サボっている生徒でも、集中して聞いていました。

もちろん私も。

ずっと生徒に背を向けて、板書しているだけの「一方通行」の授業とは、生徒の反応が全く異なります。

人間は弱い生き物

人間は弱い生き物です。

サボりたくもなるし、他に何か誘惑があれば、すぐに気が散ります。

今回このような話をしたのは、昔を懐かしむためではありません。

スモールビジネスに思いっきり関係のある話だからです。

オンラインセミナーも同じ

  • 寝る
  • ゲームをする
  • 他の科目の勉強する

この現象に、ピタリと当てはまることがあります。

それは、オンラインセミナーです。

セミナーはオンラインが当たり前

  • どこからでも参加できる
  • 交通費不要
  • 会場の予約不要
  • 人数の心配も不要

会場型のセミナーよりも、圧倒的に効率的であり、自由度も高い。

オンラインセミナーは、あっという間に主流になりました。

オンラインセミナーの問題点

しかしながら、私たちのお客さんから、こんな相談も受けます。

「オンラインセミナーの参加者は集中力がない」とのこと。

実際にリアルで会う、会場型セミナーであれば、最後まで集中して聞いてくれている。

でも、オンラインになった途端…。

このように悩む方が、非常に多いのです。

考えてみれば、当然ですよね。

会場型セミナーなら、集中してくれるけど…

特に自宅から参加している場合なんて、誘惑がたくさんあります。

ここが、会場型セミナーと大きく異なる部分です。

参加者自身に、よほどの自律心がなければ、集中してもらうことは難しいでしょう。

成果をバンバン出す人たち

一方で、オンラインセミナーでも、しっかり成果を出している方もいます。

会場型のセミナーと同じくらい、あるいはそれ以上の成果を出しているケースも耳にします。

実際に私たちも、セミナーはオンラインのみで開催しています。

オンラインのほうがむしろ、結果がいいからです。

何が違うのでしょうか。

経験上、明確に言えることがあります。

会場型セミナーとの違いを理解し、工夫をする

「オンラインセミナーの参加者は集中力がない」

このように嘆く方の多くは、オンラインセミナーの特徴を理解していません。

オンラインセミナーの特徴は、誘惑が多いことです。

誘惑が多い=サボれる環境

これは、看過できないポイントです。

そしてその対策を、なおざりにしてはいけません。

どんなに内容の濃いセミナーを作っても、集中して聞いてくれる人がいなければ、始まりません。

ついついセミナーの中身に目が行きがちですが、環境整備が優先です。

セミナー主催者の大切な仕事

「参加者の態度を変える」ことも、主催者の大切な仕事です。

「参加者の態度を変えるなんて難しい」と思うかもしれません。

でも、案外簡単。

セミナーのルールを作ればいいのです。

ルールを作れば、環境は整備される

セミナーの主役は、あなた。

自分で、ルールを決めていいのです。

招かれるパーティーに、ドレスコードがあるのと同じで、規定を作ってしまいましょう。

ルール作りには、3つのポイントがあります。

3つのポイント

それは、

  • 顔出しを強制にする
  • 積極的に参加者と交流する
  • グループワークを作る

です。

顔出しを強制にする

オンラインセミナーには、ビデオ会議ソフトが使われます。

そうなると、カメラを「オフ」にして、顔を出さない参加者もいます。

顔を出さないということは、他のことができてしまいます。
(セミナーを聞きながら、スマホをいじるなど)

だから、カメラは必ず「オン」にしてもらいます。

会場型のセミナーで、仮面をかぶって受講しませんよね。

大人として(人間として?)当然のことです。

積極的に参加者と交流する

指される授業と同じです。

一方通行では、参加者の集中力は低下します。

ことあるごとに、参加者を名指しして、質問しましょう。

  • 「○○について、どう思いました?」
  • 「〜さんの場合は、どんな感じですか?」

当たり障りのない、気軽な質問でOKです。

質問の内容ではなく、交流することが重要です。

質問をこまめに行えば、参加者は集中せざる負えません。

グループワークを作る

ビデオ会議ソフトによっては、部屋分け機能があります。

2人ペア、3人グループ…のような部屋を作ります。

そこで、ある議題について、意見交換してもらうのです。

他の参加者の目もありますから、集中せざる負えません。

集中しないと、「痛み」が生じる場を作る

以上、3つのポイントをお伝えしました。

オンラインセミナーで大切なことは、集中しないと、「痛み」が生じる場を作ることです。

  • 質問に答えられないと、みんなの前で恥をかく
  • 的を得た事を言わないと、その場の空気が悪くなる
  • 他の参加者もいるし、気の利いた発言をしたい

このような、羞恥心や虚栄心を働かせます。

顔を出して、名前も公開している以上、誠実に振る舞おうとするわけです。

こういった人間心理を理解した上で、オンラインセミナーを組み立てましょう。

「場」があることで、「内容」が機能する

「オンラインセミナーの参加者は集中力がない」のは、参加者のせいではありません。

もちろん、主催者が悪いわけでもありません。

ただ、主催者にできることがあります。

集中しないと、「痛み」が生じる場を作る。

ぜひ、「場作り」を優先させましょう。

(参考:【オンラインセミナー営業のやり方】必ず行うべき4つの準備

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで