fbpx

売る商品はライバルと同じでいい!頭を使うのは「演出」の部分

ここ最近は、スモールビジネスオーナーだけでなく、「これから起業します」という方とも、話す機会が増えました。

起業志願者の悩みでよくあるのが、

  • 提供するものが、ほか(競合)と似通っている
  • これじゃ、差別化が難しい
  • だから不安で、起業に踏み込めない

というものです。

自分の商品・サービスに自信が持てない気持ちはわかります。

まだ、市場で売れていないわけですから、当然です。

しかし私たちは、こういった話を聞くと、「もったいないなあ」と思うのです。

起業するかしないかの判断は、各人の自由ですから、とやかく言うつもりはありません。

ただ、心にしこりが残ります。

「競合と似たような商品になってしまうから、ダメだ」

こんな理由で、自分の夢を諦めてしまうのは、どうなのでしょか。

せめて、「競合と似たような商品になってしまうから、ダメだ」を、少し違った観点から考えてみてはどうでしょう。

スモールビジネスオーナーも同じ

これは、既にスモールビジネスを行っている方も、ぜひ再考してみましょう。

  • 現在、販売中の商品・サービス
  • これから売ろうとしている、商品・サービス
  • 企画真っ只中のアイディア

これらを考える時に、ついつい「ほかも似たようなことやってるし…」と逃げ腰になっていませんか。

実際お客さんと話をすると、「○○という会社がやってるから、ウチがやってもな…」と、控えめな方が多いことに驚きます。

周りがどうかは関係ない

例え、ほかの競合が同じような商品を販売していても、関係ありません。

お客さんに届けたい気持ちがあるのなら、提供するべきです。

むしろ、それを責務とも考えていいでしょう。

競合が提供していて、うまくいっている。

ということは、あなたにもチャンスがあります。

ほかと同じでいい

要するに、「競合と同じ商品でいい」ということです。

  • スマートフォン
  • カメラ
  • ワイヤレスイヤホン
  • ラーメン
  • タピオカ

世を賑わす大手の企業でさえ、そうです。

  • 同じような機能
  • 同じようなデザイン
  • 同じような味

大ヒットしている商品でさえ、似通ってるものが多いですよね。

ある商品がヒットすれば、ほかの企業やメーカーが真似します。

そして、類似商品を発売します。

ほかと同じでいいんです。

そもそも、みんな似ている

いわんや、スモールビジネスなら、なおさら真似しましょう。

真似するといより、自然とそうなりませんか?

  • カウンセラー
  • コーチ
  • コンサルタント
  • 治療院
  • ネイルサロン
  • パーソナルトレーナー
  • 料理教室
  • …etc

みんな同じようなものを扱っていませんか?

少なくとも素人目線から見れば、そう見えてしまいます。

(もちろん各々、希少な専門性があることは、言わずもがな)

でもぱっと見、似たようなものを提供している。

だから、同じでいいんです。

(参考:キングオブコントのどぶろっくに学ぶ商売人のネット情報発信の心得

古典落語と新作落語

ここでちょっと落語の話を。

伝統芸能として愛されている落語ですが、落語には大きく、

  • 古典落語
  • 新作落語

の2種類があります。

私たちに馴染みがあるのは、古典落語ですね。

『寿限無』『芝浜』『死神』といった演目を聞けば、ご存知の方も多いはずです。

古典落語は、ずっと演じられ、ファンからも愛されているベストセラー作品です。

過去の傑作をどう演じるか

同じ噺(はなし)を何度も聞く。

一見すれば、「何が楽しいの?」と思うかもしれません。

しかし、それが落語の醍醐味です。

落語家が、「過去の傑作をどう演じるか」を楽しむ芸。

これが、落語です。

同じ『芝浜』という噺でも、「〜さんのやる芝浜は好き」という人がいる。

同じ噺を何回やっても飽きません。

むしろ、世代を超えて愛されていくのです。

新しいものを生み出す必要はない

この古典落語の話、スモールビジネスでも同じです。

商品を提供するとなると、ついつい「真新しいものを」と考えてしまいます。

シリコンバレーの最先端企業なら、わかります。

しかし我々は、しがないスモールビジネスです。

真新しいものなんて、作れません。

作れればいいですよ?でも実際問題、難しいですよね。

でも大丈夫です。既存のものに取り組みましょう。

競合がやっていることを、真似すればいいんです。

ネタは、もう目の前にあります。

落語家の古典落語と同じです。

ほぼネタは決まっている。

後は、それを演じればいいんです。

既存ものをどう演じるか

斬新なものを提供するのには、無理があります。

であれば、既にある傑作(広まっている商品)を提供すればいいんです。

  • どうしたら斬新な商品が作れるか
  • 既にあるネタをどう見せるか(演じるか)

頭を使うのは、後者の部分です。

私たちの知り合いでも、うまく行っている人は、「見せ方」がピカイチです。
(見せ方=演じ方)

残念ながら、初期段階では「商品の質」は理解されません。

肝心の集客が’難航しないためにも必要なのは、「見せ方」なんですね。

すぐに実践できる「見せ方」

ここで、「見せ方」のヒントをお伝えします。

「見せ方」といっても、心配無用です。

落語家のように、長年稽古が必要なものではありません。

ちょっとした工夫が劇的な変化に繋がります。

競合の似たような商品を見た時に、以下を考えてみましょう。

  1. 対象(ターゲット)を変える
  2. +αの付加価値を付ける
  3. デザイン変える
  4. 世界観を変える
  5. キャラクターを立てる

こういった工夫で、見え方はガラッと変わります。

  • ほかが「初心者向け」なら、ウチは「上級者向け」
  • ほかが「キラキラ系」なら、ウチは「ありのまま」
  • ほかが「スパルタ系」なら、ウチは「優しい系」
  • ほかが「3回までの相談」なら、ウチは「無制限の相談」

少しズラして、アイディアを考えてみましょう。

一部違うけど、ほかは同じ

同じような商品だけど、一部が変われば、その分市場も変わります。

  • 競合が取りこぼしていた層
  • 競合の雰囲気に違和感を感じていた層

こういった人たちに届くようになります。

変えるのは一部だけ。

ほかと同じでいいんです。

古典落語をやっていこう

必要なのは、「商品開発力」ではありません。

必要なのは、「演出力、見せ方」です。

起業は、師匠からの許可は必要ありません。

あなたが主人です。

謙虚なことは素晴らしいことですが、ここは、攻めてみましょう。

誰かの傑作は、実践するうちに、あなたの傑作に変わりますから。

インフォグラフィック

インフォグラフィック

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで