コンテンツマーケティングの法則 | 情報の網羅性とピンポイント性について

以前私たちは、映像制作業を行なっていました。と言っても、単なる映像を作るだけでなく、YouTubeチャンネル運用、営業ツールとしてのDVD制作といったマーケティング支援も行っていました。

業務としては、映像を作ることがメインの仕事です。かと言って、映像に関する専門学校やウェブデザインのスクール等には通っていません。普通の大学を卒業し、起業しました。

それでも、なぜ映像に関する仕事ができたかというと、当然勉強したからです。独学でやりました。

ただ、、、習得するのにかなり苦労しました。動画の教材や書籍等で学び、手を動かしてスキルアップしていきましたが、時間は相当かかりました。

インターネットが普及して、無料でも良質な情報が溢れている世の中ですが、それでも自分に必要なスキルを効率良く学ぶことは難しいことです。

だからセミナーや講座、塾にお金を払う人がいるわけですが。

それはさておき、情報を自ら集めて、自分のサイズにあてがって処理するのは骨が折れます。

しかし裏を返せば、普段情報を発信する側にとって、大きなチャンスが眠っているということです。

Google検索の進化

突然ですが、ここ最近Google検索はどんどん進化してます。これは検索結果を見てもらえばわかります。

記事をクリックせずとも検索結果一覧の時点で、ある程度の答えは提示されています。

試しに、アボガドと検索してみて下さい。記事なんか開かなくても、検査結果で答えが表示されていませんか?

より短時間で、答えを手軽に知れる。この流れはますます加速するでしょう。

映像制作を独学していた時に困ったこと

映像制作の独学時代の話に戻します。

当時困っていたのは、ピンポイントな情報がなかったことです。

当時私が知りたかったのは、セミナー映像の編集方法です。セミナーに特化した、テロップの入れ方、BGMの使い方、資料の反映方法などです。

ですが、ほとんどの教材や情報は、

  • CM作りなどの高スペック映像の作り方
  • 丁寧に専門用語から解説する気の遠くなるような専門書
  • 映画のようなとにかくかっこいい映像技術

しかありませんでした。

「違う、俺が作りたいのはセミナー映像だけだ。余計な情報はいらん!」とイライラしていたのを覚えています。

つい先日も、ブログ記事やYouTube動画を調べてみましたが、残念ながら情報に変化はありませんでした。

Googleも、疑問に対する明確で即座な回答を心がけています。私たちの普段発信する情報もそうあるべきだと思うのです。

情報発信は網羅性よりもピンポイント性

コンテンツマーケティングが流行り、ブログや動画で情報発信をする人は増えています。質の高い情報を発信すれば、集客できる、売り上げが上がるという噂を聞きつけ、根気良くブログ記事の更新、動画の撮影などをしている人も多くいます。

これ自体は素晴らしいことです。ですが、1つだけ確認が必要なことがあります。

質の高い情報とはどんな情報でしょうか。以前までは専門的で網羅的な情報が優遇されていました。

「ブログ記事は1万文字書きましょう」というノウハウもありましたね。ところが最近は専門性や網羅性に加えて、ピンポイント性も重視されてきていることが伺えます。

長ったるい記事を読むよりも、短時間でパパッと情報にたどり着きたい、解決策を知りたいというニーズが高まって来ているのでしょう。ユーザー第一主義で考えれば当然の流れです。

今後は、「記事を読む」よりも、「AI搭載スピーカーに話しかけて答えを聞く」というスタイルが主流になるでしょう。即座に的確な答えが求められるということですね。

ピンポイントコンテンツから網羅コンテンツに進んでもらう

しかし、網羅性とピンポイント性は相反するものです。どのように両立すればいいのでしょうか。

どちらも大切ですが、重要なのは順番です。適切な順番はこうです。

  1. ピンポイントコンテンツで興味を持ってもらう
  2. 網羅的コンテンツでしっかり体系的に学んでもらう

懇切丁寧に1から説明してあげることは大切ですが、回りくどい時もありますよね。

「能書きはいいから早く答えを教えろ!」ってこともあるんです。というか大抵のユーザーはそうでしょう。

だから、まずは短いコンテンツでもいいので、ピンポイントに答えを提示するコンテンツを作ってあげましょう。

先述の映像制作の例で言えば、映像制作者としての心得とか、覚えておきたい専門用語、テクニックとかよりも、セミナー映像の作り方だけ教えてあげるのです。

パスタのレシピで言えば、麺の種類とかマニアックなソース作りよりも、カルボナーラの作り方を教えてあげるのです。こういった例を挙げると、簡単そうに思えますが、自分の分野になると案外やりがちなんです。

ピンポイントの情報を更新していけば、目にとまります。「この人の情報はわかりやすくて、毎回参考になるな〜」となり、見込み客が育っていきます。この状態になって初めて、専門的なことや1から教科書的な内容を聞く気になります。

自分でコンテンツを執筆したり撮影すると、ついつい悦に入ります。そんな時には、ユーザーたちは忙しいということを念頭に置いておきましょう。忙しくて急いでいる人には、とりあえず、答えをあげなくてはなりませんね。

順番が大切なんです。これからの情報発信では、ピンポイント性を意識してみてください。

今後もあらゆるメディアで情報が発信されていきます。無料とは思えない質のコンテンツも沢山出てくるでしょう。それは、情報発信を行わないと厳しいという意味でもあります。

情報発信をすることはスタート地点です。そこからうまく商売に繋げるには、対象やテーマが絞り込まれたコンテンツを発信していくことです。

コンテンツをピンポイント化する視点として

  • ターゲットの絞り込み
  • 目的の絞り込み
  • 場面の絞り込み

といったことがヒントになるかと思います。

どんな人向けの情報か、何を達成するための情報か、どんなケースの時に役立つ情報かということを絞り込んで伝えてあげましょう。次の情報発信の際に心がけてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで