【Macユーザー向け】スマホの画面(iPhone)をカンタンに表示させる方法

スマホのアプリを解説した動画を撮影したい時、ZOOMでスマホの画面を共有してミーティングをしたい時がありますよね。

実はこれ、一見めんどくさそうな設定やらがありそうですが、PCがMacであればカンタンな操作で実現できます。

有料のアプリも必要ないです。

今回は、「【Macユーザー向け】スマホの画面(iPhone)をカンタンに表示させる方法」をご紹介します。

使用するもの

  • Lightingケーブル(日頃、充電に使っているケーブル)
  • Quicktimeplayer(Macの純正アプリ)

たった、これだけです。

全て標準でついてくるものばかりで、新しいものを導入する必要はないです。お手軽ですね。

スマホの画面(iPhone)をQuicktimeplayerで表示させる方法

やり方は、以下になります。

  • LightingケーブルとMacをつなぐ
  • LightingケーブルにiPhoneをつなぐ(このPCを信頼しますかと表示されるので、信頼するをクリック)
  • ファイル > 新規ムービー収録(自分の顔がPCのカメラを通して表示されます)
  • 録画ボタンの右側にある「▼」のアイコンをクリック
  • 「(自分のユーザー名)のiPhone」を選択
  • iPhoneの画面が表示される

実際にやってみると、とてもカンタンにできますよ。

編集後記

今回は、「【Macユーザー向け】スマホの画面(iPhone)をカンタンに表示させる方法」についてご紹介しました。

これでスマホの画面をMacに表示させることができますね。

スマホユーザーが多い昨今ですから、スマホアプリの解説動画を撮影したい場合に大変便利です。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで