Macで解凍済みzipファイルを自動で削除する設定方法

zipファイルってよく使うと思います。ファイルのやり取りにとても便利ですよね。

ところが、Macの標準設定だと、解凍済みのzipファイルは、そのまま残ります。

解凍したほうのファイルにしか用事はないのですが(笑)。

これって、「邪魔だな〜」と思ったことはありませんか?

今回は、「Macで解凍済みzipファイルを自動で削除する設定方法」をご紹介します。

zipファイルを自動で削除する設定の手順

実は、Macで解凍済のzipファイルを消す設定はとても簡単です。

「アーカイブユーティリティ」という設定を行うだけです。

手順に以下になります。

  1. 「control」+「space」キーを同時に押し、Spotlight検索を起動
  2. 「アーカイブユーティリティ」と検索
  3. メニューバーの「アーカイブユーティリティ」をクリック
  4. 「展開後」の項目を「アーカイブを削除」に設定する

これだけで、解凍済のzipファイルを自動で削除することができます。

Macが重いと感じたら不要ファイルの削除

普段仕事をしていると、ついついファイルが増えてきてしまいます。

ファイルが散乱している状態だと、Mac自体の動作も遅くなります。

そして、作業の生産性も下がってしまいます。

定期的に不要ファイルの削除を行いましょう。

編集後記

今回は、「Macで解凍済みzipファイルを自動で削除する設定方法」についてご紹介しました。

これで、ファイルの整理が楽になりますね。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで