メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【カウンセラーが集客やるべきこと】売れている「これ」をやっている

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

スモールビジネス起業の中でも、「カウンセラー」は非常に増えています。

  • 夫婦関係
  • 子育て
  • 職場での人間関係
  • 経営
  • マネジメント
  • …etc

多岐にわたる問題に対して、伴走しながら、糸口を見出していく。

尊い仕事です。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

カウンセラーのための集客

私たちの生徒さんや会員さんにも、カウンセラーはたくさんいらっしゃいます。

しかし同時に、集客に悩んでいるカウンセラーの方をたくさん見てきました。

そこで今回は、「カウンセラーのための集客方法」についてご紹介します。

信頼関係

「集客」というのは、一筋縄ではいきません。

特に、初めは難しく感じると思います。

ですが、シンプルにやるべきことをやっていきましょう。

カウンセラーという業種は、お客様との信頼関係が特に大切になってきます。

信頼関係を築くための要素

信頼関係を築くためには、

  1. あなたの人柄
  2. 大切に思っていること

を、お客さんと共有しなければいけません。

考え方とポリシー

その上で信頼してもらい、お客さんとの付き合いが始まります。

まずは、

  • あなたの考え
  • ポリシー

を、情報として発信していきます。

ブログとSNS

そこで役立つのが、

  1. ブログ
  2. SNS

です。

  1. ブログで更新した記事を、
  2. SNSのタイムラインでシェアする

こういったシンプルな実践が、重要です。

大切なのは、「会話」をすること

単に、ブログを書いてSNSをするだけでは、集客はできません。

カウンセラーとしてお客さんを獲得するためには、お客さんとの関係性が大切です。

関係性を構築するためには、あなたの情報を読んでもらうだけでは不十分です。

あなたの情報を介した、「コミュニケーション」が必要です。

積極的に交流する

ブログ記事やSNSに投稿した記事に対して、コメントが来たとします。

そしたら、

  1. そのコメントに返信を行い、
  2. 積極的に交流

をしましょう。

交流の濃さ

大量のアクセスや、フォロワー数が大切なのではなく、

「交流の濃さ」

で、集客の成否が決まります。

交流が濃ければ濃いほど、ファンの数も増えていきます。

まずは、対面でサービス提供する

ウェブでの情報発信を継続していると、ポツポツお客さんが集まるでしょう。

そしたらまず、「顔を合わせて」お話しをしてみましょう。

「対面セッション」というやつですかね。

オンラインでできる

大丈夫。オンラインでできます。

  1. Zoom
  2. Google Meet
  3. Microsoft Teams

このようなツールを使えば、リモートでも対面ができます。

リモートワークに関する書籍もあります。

参考にしてみても良いかもしれませんね。

「どうやったら、対面できるか」を意識

信頼関係を築くのに、対面ほど強力なものはありません。

集客に結びつけるためにも、

「どうやったら、早く対面で話せるか」

を意識して、集客の導線を作っていきましょう。

編集後記

  • 継続的な情報発信
  • 顔を合わせたコミュニケーション

すべて、「当たり前」です。フツーのことです。

でも、そのフツーができていない。

当たり前のことを、コツコツと行っていきましょう。

あわせて読みたい
ブログ継続のコツ|継続するには習慣化(ルーティーン化)しよう! ブログ継続のコツ|継続するには習慣化(ルーティーン化)しよう!
あわせて読みたい
【ブログの書き方】読まれる記事には「抽象」と「具体」が欠かせない 「オンライン集客を始める時に、何からやればいいですか?」 よく、このような質問をされます。 人それぞれ、得手不得手があります. なので、「絶対これ!」というもの...
あわせて読みたい
【ブログ継続の究極のコツ】「優先順位を一番にする」の一言に尽きる 【ブログ継続の究極のコツ】「優先順位を一番にする」の一言に尽きる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる