Evernote(エバーノート)のタグの使い方 | おすすめのメモ整理術

Evernoteって便利ですよね。メモツールとしての愛用者も多数いる人気アプリです。

Evernoteには「タグ」という機能があります。

ユーザーの中には、「タグ」と「ノートブック」の違いに疑問を持っている方も多いと思います。

今回は、「Evernote(エバーノート)のタグの使い方 | おすすめのメモ整理術」についてご紹介します。

「タグ」の使い方がいまいちわからない

Evernoteには大きく、

  • ノートブック:ノートを収納するフォルダ
  • ノート:ノートブックに収納するメモ
  • タグ:あとで識別を助けてくれる札のようなもの

という機能があります。

これだけ覚えておけば問題ありません。

中でも、「タグの使い方はいまいちわからない…」という方がいます。

でも、そこまで難しく考える必要はありません。

自分の整理しやすいように使えばいいのです。

例えば、、、

タグで管理すると便利なもの

まずは思いつくままに、ノートブックを作り、ノートのメモしていきましょう。

すると、ノートブックが増えてきます。

情報が増えてくると、煩雑になってきます。そこでタグの出番です。

タグに任意の名前をつけて、複雑化してきた情報を、

  • プロジェクト名
  • 担当者
  • ジャンル
  • 顧客
  • 重要度

などにわけてみましょう。

タグで分けておくことで、あとで参照がラクになります。

タグやその他の機能の詳しい使い方については、Evernoteのブログでも解説されています。
参考にしてみましょう。

または、「Evernote タグ 使い方」と検索してみてもいいですね。

編集後記

今回は、「Evernote(エバーノート)のタグの使い方 | おすすめのメモ整理術」についてご紹介しました。

メモアプリは相性ですよね。人それぞれ仕事方法が違うので、自分なりの情報管理術を探してみましょう。

今回の情報がそのきっかけになれば幸いです。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで