Google Keepの使い方 | Evernoteや純正メモアプリとの使い分けは?

Google Chromeのアプリって、便利なものが多いですよね。

その中の1つに、Google Keepというメモアプリがあります。

これが意外と便利!

ちょっとしたメモや、備忘録代わりに役立つんです。

「Evernoteや純正メモアプリもあるけどどう使い分けるの?」

という疑問にも、後半でお伝えします。

今回は、「Google Keepの使い方 | Evernoteや純正メモアプリとの使い分けは?」をご紹介します。

Google Keepでメモをする

基本的な使い方は、メモ帳代わりに使うということです。

Chromeウェブストアからアプリをインストールすることで、簡単に使用開始できます。

スマホアプリもあります。

  1. Androidで利用する
  2. iPhoneで利用する

パソコンとスマホで両方で利用すると、いつでもどこでもメモできるのでおすすめです。

Google Keepでチェックリストを作る

個人的に気に入っている機能は、チェックリストです。

アイディアや簡単なタスクをチェックリスト化しておくことで、時間が空いたときまとめて確認できます。

図形描画で手書きメモもできる

「図形描画」機能も便利ですね。

タッチペンを使用して、図形や絵を記録することができます。

個人的には、文字で残すよりも、図で書いておいたほうが後で参照しやすいので、これはありがたいです。

Google Keepの使い方はずばり、一時的な備忘録メモ

メモアプリは沢山ありますよね。

Evernoteや純正のメモアプリなど…

あくまでも、Google Keepは一時メモとしての活用がおすすめです。

  • 思いついた時に、サクッとメモ
  • あとで確認、吟味

という使い方がおすすめです。

編集後記

今回は、「Google Keepの使い方 | Evernoteや純正メモアプリとの使い分けは?」についてご紹介しました。

「Evernoteや純正メモアプリもあるけどどう使い分けるの?」

と私自身も思いましたが、Google Keepはあくまでも、「一時的なメモ、備忘録」として使うのがおすすめです。

例えば、iPhoneの純正メモだと、フォルダ分けができなかったりしますよね。

Evernoteも便利ですが、ちょっとしたメモには使い勝手はよくありません。

Google Keepで一時メモをして、清書はEvernoteが良さそうですね。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで