【初心者向け】導入必須の解析ツールSearchConsoleの使い方

サイト解析ツールSearchConsoleの導入は、ウェブサイトを運営していく上でもはや常識ですね。

導入が面倒くさかったり、導入したけど使い方がわからない、なんて状態だともったいないです。

今回は、そんなSearchConsoleの基本的なところをご紹介します。

SearchConsoleから解析できること

SearchConsoleを使うと、自分が作成したコンテンツの

  • 検索キーワード
  • 検索順位
  • クリック数
  • 表示回数

がわかります。

検索キーワードは、検索された時の反応をキーワード別でチェックできます。

そこから、検索順位やクリック数、表示回数といったデータを数値で判断できます。

例えば、検索順位が高いのにクリック率が悪いページを発見した場合、検索者の目には映っているのにクリックされていないかもしれない。といった判断ができる訳です。

そうなると、「タイトルとディスクリプションに問題があるのかもしれない」となり、「タイトルとディスクリプションが検索者の求めていることを表していないのかもしれない」といった今後の対策がわかってきます。

簡単にまとめる、更新したブログ記事がウェブ上でどんな反応をされているのかが、わかりますね。

これがわかっていないと、記事の良し悪しがわからないままブログ記事を更新していくことになりますから、非常にもったいないです。

Googleアナリティクスとの違い

同じような解析ツールでGoogleアナリティクスというツールも存在しますね。

この違いを上手く認識していないウェブ初心者の方が結構多いです。

違いは、ザックリと言うと

  • Googleアナリティクス → ウェブサイト内での行動
  • SearchConsole → 検索結果表示での行動

といった感じです。

こう比較してみると、同じようでまったく違う役割があるのがわかると思います。

解析したい目的によって使い分けていきましょう。

SearchConsoleの導入方法 オススメ記事3選

導入は以下の記事を参考にしてみてください。

参考にしてみてください。

編集後記

今回は、そんなSearchConsoleの基本的なところをご紹介しました。

これでSearchConsoleの使い方と役割が少しでもわかっていただけたと思います。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで