Facebookライブ配信で自分の顔を映しながら画面共有する方法

Facebookライブ配信を活用していますか?

Facebookライブ配信では、自分のパソコン画面を共有することもできます。

ですので、スマホ配信もよりかは、パソコン(PC)のほうができることは多いです。

しかし1点問題があります。画面共有を行うと、映る画面がパソコンの画面のみになってしまいます。

せっかくであれば顔も出したいですよね。

実はそれができるんです。しかも簡単に。

そこで今回は、「Facebookライブ配信で自分の顔を映しながら画面共有する方法」をご紹介します。

一度に複数画面を映すにはソフトウェアを使う

まずは、ソフトウェアをインストールしましょう。

Facebook公式ヘルプを確認すると、ライブ配信で使うことのできるソフトウェアが記載されています。

これはアップデート等で随時変更も考えられますので、都度確認しましょう。

今回は、無料で使うことのできる「Open Broadcaster Software」を紹介します。

Open Broadcaster Softwareの初期設定方法

Open Broadcaster Softwareを使うことで、パソコン画面と自分の顔を両方を映すことができます。

まず、以下の手順で準備を行います。

  1. Open Broadcaster Softwareのウェブサイトからソフトをダウンロード
  2. インストール後、ソフトを立ち上げる
  3. 「自動構成ウィザードを実行しますか?」は「いいえ」を選択
  4. 左下の「ソースの」+マークをクリック
  5. リストの中から「画面キャプチャ」を選択し、「OK」と進む
  6. 再びリストの中から「映像キャプチャデバイス」を選択し「内蔵カメラ」を選択
  7. 録画画面が表示されるので、適当にドラッグして画面サイズを調整する

これでおおよその準備は完了です。

いざFacebookライブを配信

先程の準備が整ったら、Facebookを開き、投稿の箇所から「ライブ配信」を選択します。

その後の手順は以下です。

  1. 「カメラ」と「接続する」と表示されるので、「接続する」を選ぶ
  2. 「ストリームキー」をコピーする
  3. 再びOpen Broadcaster Softwareに戻り、メニューの中から「Preference」を選択
  4. 「配信」をクリックし、「サービス」から「Facebook Live」を選ぶ
  5. 先程コピーした「ストリームキー」をペーストし、「OK」をクリック
  6. Open Broadcaster Softwareの右下の「配信開始」をクリック
  7. Facebookライブの画面に戻り、画面が反映されていることを確認
  8. Facebookライブ上の「配信開始」でスタート

これで、Facebookライブ配信を無事に配信することができます。

こういったサービスは、各機能の名称が変わることがあります。

説明通りの名称が出てこない場合は、都度検索してみてくださいね。

編集後記

今回は、「Facebookライブ配信で自分の顔を映しながら画面共有する方法」についてご紹介しました。

これで、パソコン画面と自分の顔の両方を映すことができますね。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで