スモールビジネスのブランディング手法 | たった1つの欠かせないコツとは?

ブランディングって言葉は耳タコですよね。

しかし、大手企業のブランディングの話を聞いても、スモールビジネスを営んでいる方にとっては無意味です。

それは、やり方が全く異なるからです。

そこで今回は、「スモールビジネスのブランディング手法 | たった1つの欠かせないコツとは?」をご紹介します。

スモールビジネスのブランディングの間違い

スモールビジネスでは、ブランディングの言葉を捉え直さなければいけません。

ブランディングというと、スタバ、マクドナルド、Apple、コカコーラなどの大手企業の豪華なイメージがあるかと思います。

これは、確かにブランディングの結果なのかもしれません。

でもこんな事例を知ったところで、スモールビジネスオーナーにとってはお勉強にしかなりませんね。

では、どうするか?

ブランディングのコツはとにかく「売る」こと

答えは、「売る」ことです。セールスです。

商品・サービスをとにかく売りましょう。

ブランディングについて語るのはそれからです。

  1. これぞと絞り込んだターゲットに対して
  2. 自社の商品を売り
  3. 継続的な関係を築く

この先にブランディングがあります。

ブランドは、それからついてきます。

コミュニティ=ブランド

商品が売れてくれば、お得意さん、優良客が増えてきます。

そうすると、自然とお客さんコミュニティが作られます。

それが、ブランドなんです。

「そのコミュニティの人が、あなたの会社や商品をどう思っているか」

結局は、ここがイメージであり、ブランドということです。

編集後記

今回は、「スモールビジネスのブランディング手法 | たった1つの欠かせないコツとは?」についてご紹介しました。

スモールビジネスには、小難しい理論は必要ありません。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで