メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【給料日は前倒し?後払い?】25日が土日祝日の場合いつ振り込み?

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

給料日は、気分が上がりますね。

場合によっては、給料日が土日祝日になることがあります。

今回は、「給料日は、前倒しか後払いか」をご紹介します。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

給料日は、前倒し?後払い?

給料日は、前倒しか後払いか。

結論、会社によるとのことですが、前営業日にすることが多いようです。

(詳しくは、顧問税理さんに確認してください。)

たとえば、給料日が25日だとします。

25日が日曜で、金曜が祝日の場合

  • 25日が、日曜
  • 金曜が、祝日

の場合の給料日は、いつ振り込みか。

就業規則で、規定されている給料日が前営業日なら、22日(木)となります。

役員報酬は「定期同額給与」が原則

役員報酬は、「定期同額給与」が原則ですね。

でないと、経費にすることができません。

毎年度、役員報酬額を適切に設定していきたいものですね。

経理については、書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

今回は、「給料日は、前倒しか後払いか」についてご紹介しました。

適切に、給料の振り込みをしていきたいですね。

参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【健康診断や人間ドックは経費?】一人社長で役員しかいない場合は? 健康診断や人間ドック、受けていますか? 一人社長や個人事業主などの、スモールビジネスオーナーの場合。 後回しにしていることも、少なくないかもしれませんね。 今回...
あわせて読みたい
【勘定科目・租税公課とは】確定申告で個人事業税は経費になるのか? 確定申告って、大変ですよね。 個人事業主として、自分で申告しているスモールビジネスオーナーも少なくないでしょう。 今回は、「勘定科目・租税公課」をご紹介します...
あわせて読みたい
【クラウド会計とは】インストール型と比較したメリット・デメリット 【クラウド会計とは】インストール型と比較したメリット・デメリット

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる