メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

確定申告で個人事業税は経費になるのか?勘定科目・租税公課とは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

確定申告って、大変ですよね。

個人事業主として、自分で申告しているスモールビジネスオーナーも少なくないでしょう。

今回は、「確定申告で個人事業税は経費になるのか?勘定科目・租税公課とは?」をご紹介します。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

確定申告で個人事業税は経費になるのか?

結論から言って、確定申告で個人事業税は経費になります。

個人事業税以外に、固定資産税や不動産取得税なども経費になります。

これらは、「租税公課」という勘定科目になります。

勘定科目・租税公課とは?

「租税公課」とは、経費にできる税金等のことです。

反対に、経費にできないのが所得税や住民税です。

このあたりについては、毎年出版される「確定申告」関連の本などで抑えておきたいですね。

会計ソフトは「クラウド会計」

スモールビジネスオーナーの会計ソフトには、クラウド会計がおすすめです。

マネーフォワードクラウド」、「freee」などですね。

クラウド会計」についても、何冊か読んでおくと良いでしょうね。

編集後記

今回は、「確定申告で個人事業税は経費になるのか?勘定科目・租税公課とは?」についてご紹介しました。

経理・会計をスピーディーに処理して、事業に活かしていきたいものですね。

参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる