確定申告で個人事業税は経費になるのか?勘定科目・租税公課とは?

確定申告って、大変ですよね。

個人事業主として、自分で申告しているスモールビジネスオーナーも少なくないでしょう。

今回は、「確定申告で個人事業税は経費になるのか?勘定科目・租税公課とは?」をご紹介します。

確定申告で個人事業税は経費になるのか?

結論から言って、確定申告で個人事業税は経費になります。

個人事業税以外に、固定資産税や不動産取得税なども経費になります。

これらは、「租税公課」という勘定科目になります。

勘定科目・租税公課とは?

「租税公課」とは、経費にできる税金等のことです。

反対に、経費にできないのが所得税や住民税です。

このあたりについては、毎年出版される「確定申告」関連の本などで抑えておきたいですね。

会計ソフトは「クラウド会計」

スモールビジネスオーナーの会計ソフトには、クラウド会計がおすすめです。

マネーフォワードクラウド」、「freee」などですね。

クラウド会計」についても、何冊か読んでおくと良いでしょうね。

編集後記

今回は、「確定申告で個人事業税は経費になるのか?勘定科目・租税公課とは?」についてご紹介しました。

経理・会計をスピーディーに処理して、事業に活かしていきたいものですね。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで