fbpx

スモールビジネスには、クラウド型の会計ソフトがおすすめな理由

会計ソフトって、どれを選ぶか迷いますよね。

  1. 弥生
  2. マネーフォワードクラウド
  3. freee

今回は、クラウド会計ソフトについてご紹介します。

弥生とマネーフォワードクラウドとfreee

クラウド会計ソフトの御三家といえば、

  1. 弥生
  2. マネーフォワードクラウド
  3. freee

ですね。

他にも会計ソフトはありますが、一般的には、この3つの中から選ぶかと思います。

会計ソフトには、インストール型もあります。

ですが、スモールビジネスの場合は、クラウド型の会計ソフトがおすすめです。

AmazonやPayPalとも連携できる

クラウド会計ソフトは、金融機関のデータはもちろん、

  1. Amazon
  2. 楽天市場
  3. PayPal

などとも、連携できます。

スモールビジネスオーナーのあなたは、

  1. Amazonで売買したり、
  2. 楽天市場で売買したり、
  3. PayPalで売買したり、

しているのではないでしょうか?

であるならば、クラウド会計ソフトがおすすめです。

他にも、様々なサービスと連携できる

クラウド会計ソフトは他にも、様々なサービスと連携できます。

  1. Airレジ
  2. カラーミーショップ
  3. クラウドワークス
  4. Square
  5. STORES.jp
  6. Stripe
  7. スマレジ
  8. BASE
  9. Misoca
  10. ランサーズ

などなど。

スモールビジネスの会計ソフトは、クラウド会計ソフトがおすすめです。

編集後記

今回は「クラウド会計ソフト」についてご紹介しました。

一度、クラウド会計ソフトの「連携サービス一覧」を見てみることをおすすめします。

他にも、あなたが利用できるサービスが、色々とあるかもしれません。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで