メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【クラウド会計とは】インストール型と比較したメリット・デメリット

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

会計ソフトって、どれを選ぶか迷いますよね。

  1. パッケージ型の会計ソフト
  2. インストール型の会計ソフト
  3. クラウド型の会計ソフト
  4. はたまた、Excel(エクセル)
  5. …etc

今回は、「クラウド会計」についてご紹介します。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

クラウド会計ソフトの御三家

クラウド会計ソフトの御三家といえば、

  1. 弥生
  2. マネーフォワードクラウド
  3. freee

ですね。

クラウド会計ソフトの弥生株式会社
クラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」|1年間無料で使える クラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」は会計初心者の業務の悩みを、一気に、しかも簡単に解決!記帳や経理の煩わしさから解放します。かんたんやさしいクラウド会計...
バックオフィスの業務効率化なら「...
マネーフォワード クラウド会計 - 無料で試せる経理・会計ソフト 「マネーフォワード クラウド会計」は初期費用0円で経営者から経理担当まで使える会計ソフトです。取引入力と仕訳の作業時間を削減、中小企業・法人の帳簿作成や決算書を自...
会計ソフト freee (フリー) | 無料...
無料から使えるクラウド会計ソフト freee | クラウド会計ソフト freee会計 無料から使えるクラウド会計ソフト freee。初めての決算書作成や確定申告も、簡単に行えます。中小企業の経理・会計を自動化し、時間を削減。消費税増税やマイナンバー制度...

弥生・マネーフォワードクラウド・freee

もちろん、他にも会計ソフトはあります。

ですが、一般的には、この3つの中から選ぶかと思います。

会計ソフトには、パッケージ型(インストール型)もありますね。

とはいえ、スモールビジネスの場合は、クラウド型の会計ソフトがおすすめです。

クラウド型の会計ソフトがおすすめ

クラウド会計ソフトは、連携できるサービスが豊富です。

パッケージ型(インストール型)の会計ソフトにも、連携機能があるようです。

とはいえ現状、銀行やクレジットカード、電子マネー等、金融機関との連携が基本。

クラウド会計ソフトは、連携できるサービスが豊富です。

freeeアプリストア
freeeアプリストア | freee株式会社 freee会計、freee人事労務 に様々なアプリを連携し、バックオフィス業務全体をfreeeで効率化しましょう。レジ・決済サービス・EC・勤怠・請求管理などの様々な業務ソフトと...
マネーフォワード クラウドサポー...
連携サービス一覧 | マネーフォワード クラウド経費サポート 概要 金融機関の口座やクレジットカード等と連携して、経費登録をするための設定を行います。 設定することで情報が自動連携され、手入力の手間が大幅に軽減されます。 ※登...
弥生シリーズ - 会計ソフト,販売管...
YAYOI SMART CONNECT|会計ソフトなら弥生株式会社 会計業務を、もっとスマートに。弥生がめざしたのは、ストレスフリーな会計業務。日常のさまざまな「取引データ」を「会計データ」に変換し、弥生シリーズに自動で取り込む...

連携できるサービスが豊富

クラウド会計ソフトは、金融機関のデータはもちろん、

  1. Amazon
  2. 楽天市場
  3. PayPal

などとも、連携できます。

AmazonやPayPalとも連携できる

スモールビジネスオーナーのあなたは、

  1. Amazonで売買したり
  2. 楽天市場で売買したり
  3. PayPalで売買したり

しているのでは、ないでしょうか?

他にも、様々なサービスと連携できる

クラウド会計ソフトは、他にも様々なサービスと連携できます。

  1. Airレジ
  2. カラーミーショップ
  3. クラウドワークス
  4. Square
  5. STORES
  6. Stripe
  7. スマレジ
  8. BASE
  9. Misoca
  10. ランサーズ
  11. …etc

などなど。

スモールビジネスの場合は、上記のようなサービスを利用していることも多いでしょう。

(複数のサービスを利用しているケースも、少なくないでしょう。)

場所やパソコンに依存しない

それに、クラウド会計の場合、場所やパソコンに依存しません。

インターネット環境さえあれば、オフィスに限らず、どこでも操作することができます。

逆に言うと、インターネット環境が無いといけないというのが、デメリットですね。

IT・ICT、テレワーク、DX…

  • IT・ICT活用
  • テレワーク
  • リモートワーク
  • オンライン化
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)

そんな時代に、最適なのではないでしょうか。

どのパソコンからも操作できる

また、特定のパソコンにソフトをインストールするわけではありません。

ですので、どのパソコンでも操作できますし、移行作業なども発生しません。

逆に言うと、その分セキュリティ対策が必要というのが、デメリットかもしれません。

スモールビジネスの会計ソフトは、クラウド会計ソフトがおすすめです。

書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

今回は、「クラウド会計」についてご紹介しました。

一度、クラウド会計ソフトの「連携サービス一覧」を見てみることをおすすめします。

あなたが連携できるサービスが、色々とあるかもしれません。

参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【クラウド労務管理システムとは】メリットやおすすめソフトを紹介 労務管理って、大変ですよね。 入退社手続き、給与計算、社会保険管理、年末調整…etc 今回は、「クラウド労務管理システム」をご紹介します。 【労務管理システムとは】...
あわせて読みたい
【クラウド契約・電子契約とは】おすすめのサービスやテンプレートは? 契約書のやり取りって、大変ですよね。 書類を作成したり、ハンコを押したり、保管したり…。 今回は、「クラウド契約・電子契約」をご紹介します。 【クラウド契約・電...
あわせて読みたい
【インターネットFAXとは】従来FAXとの比較とメリット・デメリット 【インターネットFAXとは】従来FAXとの比較とメリット・デメリット

動画

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる