法人の健康診断や人間ドックは会社の必要経費になるのか?科目は?

健康診断、受けていますか?

一人社長や個人事業主などのスモールビジネスオーナーの場合、後回しにしていることも多いかもしれませんね。

今回は、「健康診断や人間ドックは会社の必要経費になるのか?科目は?」をご紹介します。

健康診断や人間ドックは会社の必要経費になるのか?科目は?

健康診断や人間ドックは、会社の必要経費になります。

いわゆる、「福利厚生費」という科目ですね。

ただし、会社の必要経費になるには3つの条件があります。

健康診断や人間ドックが会社の必要経費になる3つの条件

その3つの条件は以下です。

  1. 全従業員が対象であること
  2. 診断内容が常識的な範囲であること
  3. 費用を会社が直接支払うこと

つまり、「役員だけが対象」の人間ドックなどはNGだということですね。

役員だけの場合は経費算入は難しい

役員だけの場合は、経費算入は難しいようです。

つまり、福利厚生費とはみなされず、給与として課税対象となるということですね。

とはいえ、身体が資本ですから、「経費になるかどうか」は健康診断や人間ドック受診の判断基準にはならないでしょう。

編集後記

今回は、「健康診断や人間ドックは会社の必要経費になるのか?科目は?」についてご紹介しました。

「お金」や「信用」よりも、「健康」こそが一番の資本です。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで