エピソードトークのコツ | セミナーで売れる話し方の極意

人前で話すのって難しいですよね。

セミナーにしろ、講演会にしろ、人の注意を惹きつけることは容易ではありません。

しかし、ある方法を取り入れることで、「平凡な話」が「おもしろい話」に生まれ変わります。

その方法とは、エピソードを話すということです。

今回は、「エピソードトークのコツ | セミナーで売れる話し方の極意」をご紹介します。

個人の意見でなくエピソードを交えて話す

セミナー等で話す時には、

「◯◯が大切なんです」

という意見表明をしますよね。

この部分が、あなたの持つノウハウだったりします。

この意見表明の部分に、エピソードを含ませるだけで、話は一気に面白くなります。

「◯◯が大切なんです」と言った後に、「先日ね、〜なことがあってね」というストーリーを話し始めます。

伝えたいことは同じことでも、エピソードを交えることで、説得力も増すんですね。

エピソードトークのコツは「具体性」×「ストーリー」

エピソードを話す際のポイントは「具体性」と「ストーリー」です。

「先日カフェで、友達と話していて〜」ではあまり情景が浮かびません。

ここに具体性を足します。

「先日、渋谷のスタバで、大学の友人の麻美っていう子と話していた時なんだけど…」

このように、具体的場所や人物名を話しの中に入れます。

必要であれば、時間や季節の情報もいれるといいですね。

ポイントは、話を聞いた相手の頭に、情景が鮮明に浮かび上がるかどうかです。

ストーリーを話す中で、具体的な情報を含ませていきましょう。

1つのエピソードには1つのメッセージ

エピーソードトークの目的はなんでしょう?

もちろん、話を面白くすることでもあります。

しかし、もう1つ大きな役割があります。

それは、「メッセージを残す」ということです。

エピーソードを聞き終わった後に、「あぁ〜◯◯ってだから大切なんだね」と思ってもらうことです。

なんらかの「示唆」をエピソードには含ませておきましょう。

編集後記

今回は、「エピソードトークのコツ | セミナーで売れる話し方の極意」についてご紹介しました。

今回の内容の参考に、エピソードを話してみてください。

雑談でも練習ができます。

セミナー等の人前で話す機会にぜひご活用ください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで